デュラララチャット(仮)総合掲示板

デュラチャ(仮)の掲示板です。雑談、イラスト、小説投稿、待ち合わせ、悩み相談等に利用してください。基本的なルールやマナーを守れない方はご利用できませんのでご了承ください。

  • 長い詩ならこちらで(雑談、イラストも載せたり)

    フェンリル
    No.637211
    [編集/削除]

    短い詩の方のスレにも載せたりしてるのですが、
    ちょっと長くなるので、新たに立ててみました。
    長詩のものでも構いませんよ。
    タイトルとかも付けたりしてます。
    皆さんの気持ちも載せてみて。
    誹謗中傷。荒らす行為は、やめてください!

    ↓替え歌も載せてます。こちらもよかったらご覧ください!
    https://general-bbs.drrrkari.com/#/topics/16139
    合言葉…替歌

  • No.637213
    [編集/削除]

    【聖なる弓を射よ】

    思い出に邪悪な剣(つるぎ)を突き立て
    怨嗟(えんさ)の墓標を作り上げた
    優しさは棺(ひつぎ)で眠る
    幸せも一緒に葬られ
    レクイエムは鳴りやまない

    悲しみが絶えないならば
    彼方へ飛ばしてあげよう
    狙いを定めて聖なる弓を射よ
    君のそばで祈りの矢が突き刺さる
    邪悪な剣は聖剣へと進化をとげ
    怨嗟の墓標は慈しみの碑(いしぶみ)に生まれ変わる
    棺から優しさが飛びだす
    君にも鳴り響くよ
    幸せの鐘の音(ね)

  • 深海の人
    No.637261
    [編集/削除]

    【隠している本音】
    僕が我慢し続ければ何か変わる気がして
    そうすれば周りも変わるような気がして
    そしたら少しは楽になるのかな
    我慢は昔からしてきていた
    だから慣れているはずなのに何故か
    胸が苦しくて涙が出てきそうになる
    本当は「我慢しなくていいよ」や
    「我慢ばかりしてると辛くなるから、頼っていいんだよ」
    その言葉が欲しいだけなのに
    今日も僕は我慢をして仮面をつけて
    自分の本音を隠して仕舞うんだ
    誰かでいいから………

    (長くなるようなものはこちらに乗せてみようかなと思います、助かりますねこれは…それと気をつけないとですね)

  • No.643903
    [編集/削除]

    ↓画像【Heart Maker】で作成。
    https://picrew.me/share?cd=LLgKeHRjL6

    投稿ありがとう! いえいえこちらこそ! 俺も気をつけなきゃ(苦笑)
    これからも気軽に投稿どうぞ。

    ちょっと以上に長い詩になっちゃいました…
    ―――――――――

    【天使の真相部屋】

    キラキラと輝く
    片翼だけを持つ天使のkey
    真相の階段を駆け下(お)りる
    途中 見つけた扉は
    どれもこれも 天使の刻印の部屋
    このカギに相応しい
    でもどうしてか 開(ひら)くことはない
    唯一 開(あ)けた扉があったのだけど…
    予想だにしない 地獄の有り様

    壁一面に書かれた血文字
    「シネしね死ね」の羅列が絶え間ない
    死の香りも埋め尽くされて
    部屋中に飛び交ってる殺意
    壁に貼られた写真は 顔が黒く塗りつぶされ
    赤くバッテン印にされてる
    追い詰められて こうするしかなかったのかな…
    確信できるだろう この部屋は
    「何か」に縛り付けられてる
    君は目を伏せ 胸を痛める

    カギを今一度確かめなよ
    天使の腕に抱かれてるのは
    ひび割たハートだ
    そのハートを撫でてくれてる
    亀裂を癒やすようにさ

    部屋とカギもちゃんと見比べなよ
    この部屋に訪れた瞬間 なぜだろう
    恐怖よりも 切ないさに苛まれなかったか?
    ひび割れたハートと地獄の有様
    不思議と一致して納得できてしまう

    もう取り返しがつかないのかな…
    そんなことはないはずだ
    死で満たされて 生気なんて感じられないけど
    希望なんて欠片も 見当たらないように思えるが…
    どうしてか この部屋には
    わずかな光が遺されている
    きっと血文字が「SOS」サインなんだ
    「死が救いを求めてる」
    「誰かの救いを待っている」
    だからかな
    わずかな光が遺されているのは…
    ハートはひび割れてしまっているが
    天使がハートを護ってくれていたから
    真っ二つに別れずにすんだんだ
    ハートはいまでも一つのまま

    このカギでは「天使の刻印」の扉は
    開(ひら)かなかったはず
    この天使は純血種ではなく
    悪魔よりのハーフなんだ
    だから片翼しかなく
    天使から迫害を受けてしまって…
    でも この天使はそんなものは
    どうでもよかった

    それよりも気になったのは
    道端に捨てられていた
    「ひび割れたハート」だ
    それと通じるのが この地獄のような部屋だったんだ
    どうしても この部屋の
    空気を浄化させたかったんだよ

    カギと部屋はきちんと一致しただろ
    ひび割れたハートを抱えている
    片翼のハーフの天使のカギだからこそ
    この部屋に入ることができるんだよ
    君に「大切なモノ」を 思い出してほしかったからだ

    この天使はどんな天使よりも
    ずっと慈悲深くとても優しいじゃないか
    この部屋は地獄なんかじゃないはずだよ

    階段はなぜ 天よりも遠いのか
    部屋はなぜ 地獄の有様なのか
    カギはなぜ 天使なのか
    部屋とカギはなぜ 一致するのか
    そして君はなぜ 目を伏せる
    胸が痛むのは 悔(く)やんでいるからだろ
    その答えにたどり着ければ
    すぐに解るはずなんだ
    お願いだ 忘れないでくれ
    この部屋の正体

  • 深海の人
    No.643993
    [編集/削除]

    (時々ですがここに投稿しようと思います!)

    【無能はイラナイ子?】
    カミサマは不公平だ、全てにおいて不公平だ
    一生懸命頑張っても誰も見てくれない
    いい子にしていても悪い子だと怒られる
    何しても怒られる、時には暴力の雨も降る
    嗚呼、カミサマは意地悪だ
    こんな無能なやつは消えても皆悲しまない
    見向きもしない、気づきやしない
    それなのにカミサマはなぜ僕を残すの?
    皆長けている子ばかり見ているのに
    誰かは見てくれる人がいる
    何も長けていないイラナイ子を見てくれる
    何故?疑問に思っても聞けないや
    聞くのが怖いだけなんだ、臆病者なんだ
    いつしかイラナイ子も皆も大きくなる
    でも結局は比べられてしまう
    僻んでしまう、羨ましく思ってしまう
    イラナイ子は皆と比べていけないのに
    僻んでも、手を伸ばしても届かないのに
    届くかもという淡い希望を持たせてくる
    カミサマは意地悪だ、カミサマは不公平だ

    いつしかイラナイ子には大切な人が出来た
    その人は似ているけれどどこか違う
    イラナイ子のことを見てくれる
    心配してくれる、光のような存在だ
    いつしかイラナイ子の周りには人がいる
    昔の頃より多い人がいる
    それでも、見てくれるだけで
    求めてくれるだけで、いてくれるだけで
    ココロというものが、暖かくなる
    ありがとう、イラナイ子から卒業するね
    さようなら、イラナイ子
    おかえり、新しい自分

  • 深海の人
    No.645277
    [編集/削除]

    (もう一個思いついたので載せまする)
    【深海の底へ】
    ずぶずぶと、ぶくぶくと沈んでいく
    暗く深い深い海の底へと
    誰にも見つけて欲しくなくて
    闇の中に閉じこもっていたくて
    自らの意思で沈んでいく
    手を伸ばされても届かないくらいに
    光さえも届かないくらいに沈んでいく
    でも、どこかひっそりと誰かに救って欲しい
    なんて思いながら沈んでいく
    怖さからの逃亡から来るもの
    誰だって怖いものはあるものだ
    ただ、対象が違うだけであるのに
    人が怖いから離れて、閉じこもる
    いつか、来るのだろうか…
    深い海の底から地上へ行くことが

  • No.645792
    [編集/削除]

    @深海の人さん
    素敵な詩をありがとう。
    全部読ませてもらいました。

    _________________________
    ↓画像は【ぐずりだんし】で作成
    https://picrew.me/image_maker/3011

    【天使の真相部屋】の続編です。
    部屋を地獄にした人が主人公。

    【悪魔の追憶箱】

    まがまがしい漆黒
    左右に赤黒い羽が付いた悪魔のkey
    追憶の階段を駆け上(あ)がる
    途中 見つけた扉は
    どれもこれも 悪魔の刻印の部屋
    このカギにお似合いだ
    でもどうしてか 開(ひら)くことはない
    唯一 一致したカギ穴があったのだけど…
    いくどにも絡められた がんじがらめの鎖
    触れてはならぬような 封印されし箱
    パンドラの箱なのか…
    それとも宝箱なのか…
    善悪が定まらず 迷いが生まれる
    開(ひら)くのにはとても勇気が必要
    そんな箱に見えてしまうが…
    きっと何か特別なものが
    入っているに違いない
    君は胸を抑え 開くのをためらう

    カギを今一度確かめなよ
    悪魔の腕に抱かれてるのは ハートの箱だ
    そのハートの箱に向け 優しく微笑んでる
    見守るように まるで天使みたいだ

    箱とカギもちゃんと見比べなよ
    繊細なのかも オルゴールみたいにさ…
    だからがんじがらめに巻かれてる
    ハートの箱とがんじがらめの鎖の箱
    似ても似つかないのに なぜだろう
    既視感を感じないか?
    こう シャボン玉よりも丈夫で…
    そう ガラス細工よりも柔な…
    いつもすぐ側にあるモノで
    うまく言えないけど
    そんなモノを常に抱えてるはずだ
    だからかな 既視感を感じたのは…

    本来なら 悪魔は邪悪な存在だ
    なのになぜこうも 大事そうに
    ハートの箱なんて抱えているのか
    しかも 優しい笑みで…
    この悪魔の背後には
    「大きな影」が見え隠れしている
    そんな気配を感じ取れないか?

    このカギでは「悪魔の刻印」の扉は
    開(ひら)かなかったはず
    だからこそ
    本当はキレイな天使の姿をしてたはずなんだよ
    【じゃあなぜ 悪魔になっちゃったんだよ!】
    それは…

    元は天使だったこの悪魔は
    この箱だけを護り続けてたんだ
    一度たりとも見捨てたことなどなかった
    傷つけちゃいけない
    「大事なモノ」が入っていたからだ
    この箱を奪い 傷つけようとする敵がたくさん現れた
    そのたびにこの元天使は抗い続けてきたんだ
    そのせいで堕天してしまって
    変わり果てた姿になってしまったのさ…
    これでわかっただろう?
    「大きな影」の理由…
    そうまでして護り抜きたかったんだよ

    カギと箱はきちんと一致しただろ
    ハートの箱を抱えた
    変わり果てた姿になってしまった
    悪魔のカギだからこそ
    その箱を開けることができるんだよ
    君に「取り戻してほしいモノ」があるからだ

    この悪魔はどんな天使よりも
    ずっと天使らしくキレイなままじゃないか
    その箱はパンドラなんかじゃないはずだよ

    階段はなぜ 天に近いのか
    箱はなぜ がんじがらめなのか
    カギはなぜ 悪魔なのか
    箱とカギはなぜ 一致するのか
    そして君はなぜ 胸を抑える
    ためらわずに 箱を開けてよ
    その答えにたどり着ければ
    すぐに解るはずなんだ
    お願いだ 気づいてくれ
    この箱の正体

  • 深海の人
    No.645835
    [編集/削除]

    @ふ様
    素敵だなんて、恐れ多いです。
    貴方の詩の方が素敵ですよ

    【道化師(ピエロ)なんかじゃない】
    普段通りに行動しているはずなのに
    自分らしくしているはずなのに
    周りから指を指されて嗤われる
    見世物なんかじゃないんだ
    サーカスの道化師(ピエロ)じゃないのに
    笑われるためにしているんじゃないのに
    何故皆は嗤っているの?
    何を見て嗤っているの?
    その指の先には誰がいるの?
    分からない、周りを見渡しても自分を指していた
    見て欲しくなくて、嗤って欲しくなくて
    視界から消えようと踠いても
    周りには沢山いるから消えれない
    嗚呼、消えれないのならお望み通り
    道化師(ピエロ)になってやろう
    笑顔の仮面を被って、笑い泣きの仮面を被って
    嗤われるために、それで皆が楽しめるのなら
    演じ続けて見せよう、例え心が壊れても

  • No.647821
    [編集/削除]

    @深海の人さん
    いつもありがとうございます!
    上の詩みたいなの好きです。
    ネガティブな詩の方が何故が魅かれます。

    いろんな歌を聴いてたら思いつきました。
    ――――――――――

    【それでいいんだよ】

    疲れたら立ち止まってよ
    手を繋げばまた歩いていけるからさ。
    辛ければ頼ってよ
    こらえる事だけが勇気じゃないからさ。
    ぎこちない言葉でいいんだ
    心はそんなに綺麗じゃないからさ。
    つまづいても気にしないで
    心はそんなに弱くはないはずだよ。
    泣きたければ止めずに泣いて
    涙は癒すためにあるんだ。
    失くしたものを探そうとしないで
    本物はちゃんとその手に残るから。

    だから 無理して変わろうとしなくていい
    ありのままの君でいいんだ。
    だってずっと その体で生きてきたんでしょう。

  • アリス
    No.647846
    [編集/削除]

    こんばんわ。興味深いスレッドですね、私も久々に詩を綴ってみようかと思います!

    【私】
    この世界に生まれたその時から
    私という体はできている
    学生時代を過ごし
    私という性格は少しずつ形成される
    時折私が分からなくなる
    人に紛れて生きていくうちに
    私自身が埃をかぶっていく
    見失うとなりたい私が顔を出す
    なりたい私は輝いて
    その輝きを追ってなりたい私は私自身となる
    また見失うとなりたい私が現れる
    そうやって人は知らず知らずのうちに輝いている
    人々に紛れていても
    今は違っても
    それはなりたい私がまだ生まれてないだけ
    産まれれば人は輝ける
    死ぬまでなんどだって

  • 深海の人
    No.647867
    [編集/削除]

    @ふ様
    いえいえ!
    そうなのですね、少し驚きです
    _______________

    【感情】
    生きているもの全てに感情がある
    喜びや悲しみ、怒りや憎しみ…
    様々な感情が宿って、状況に応じて変わる
    それはまるで、色のように変わる
    単色もあれば混ざって別の色に変わることも
    ただ、感情がない人も中にはいるのだ
    何かしらのきっかけでなくなってしまった
    キャンバスから色が抜けてしまったように
    何も無い、色がないモノクロになってしまった
    だが、モノクロでさえも素敵に思える時もある
    それはキャンバスに描かれているもの限定だ
    生きているものというキャンバスに
    言葉という筆に
    情景、心情という絵の具を付けて
    キャンバスを彩ることが出来れば
    今はモノクロなキャンバスも
    たくさんの鮮やかなキャンバスになる
    だから、いつかは戻るのだから
    絶望という闇に堕ちないで

  • No.649567
    [編集/削除]

    @アリスさん
    ありがとうございます。
    その詩も素敵です。

    @深海の人さん
    そういえば、絵を載せてましたよね。
    拝見しました。色塗りすごいうまいですね。
    絵もすごい可愛いですし。
    どなたかのスレにも色塗りされてましたよね。

    ――――――――――

    【価値観の相違と人権蹂躙(じゅうりん)】

    仲間外れにされている子に対して
    『生きる価値はない』と
    おかしなことを言っていたんだ
    だから僕はこう言った…

    『君はその子に生きる価値はない』と言ったけどさ…
    それは『君が抱いているその子への価値』だろ?
    つまり、『君が勝手に
    その子の価値を決めてしまってる』

    それらの意味を踏まえて
    君風に解説するとだ…
    『俺はお前が嫌いだ!』
    そう思ってしまっているから
    『お前に生きる価値はない!』っと言ったんだろ?

    けどさぁ、それは…
    『君からすればその子の価値はない』ってことだろ?

    だったら逆に考えてみてよ
    『客観的に見たらその子にだって
    十分「価値」があるかもしれない』じゃないか
    そうだろ?

    それに、逆もしかりだ!
    『その子からしたら君の価値も
    どう思われているかわからない』だろ?

    こう言うのを、
    『価値観の相違』と言うんだよ
    まぁ、要するに…
    『価値観なんて人それぞれ』

    【だったらべつに
    お前に生きる価値はない、と
    言ってたっていいだろ!?
    なにも問題はないはずだ!!】

    いいや、それもおかしいよ!
    そんなの大問題だ!!

    だってそれは
    『人権蹂躙(じゅうりん)』になる
    端的に言うと
    『その子が生まれながらに持っている
    人間性を踏みにじり、傷つける』ことになるんだよ
    そんなのは『ただのいじめ』でしかないよね?

    解りやすく説明したつもりだけど、
    ちゃんと納得してくれたかな?

  • 深海の人
    No.649666
    [編集/削除]

    @ふ様
    そうですね、イラスト向上と見てもらいたくて作りましたね。いえいえ…僕の色塗りはまだまだな所がありますよ。はい、知り合いの方の掲示板の塗り絵のイラストあったので、塗り絵ある時に塗ったりしてますね
    ____________________
    深海の底へと似てるのを載せます
    【絶望の中の闇へ堕ちていく】
    暗く、冷たい深い底なしへ堕ちていく
    嗚呼、戻れることは可能な範囲にいるのに
    どんどんと沈んでいく、深く深く
    希望の光が差し込むけれど
    手を伸ばしても、いくら伸ばしてもがいても
    闇が、絶望が奥へと誘って沈めていく
    だからもう、このまま沈んでいくことにした
    「逃げている」や「目を背けるな」なんて言葉
    聞き飽きたんだよ、もう既に
    いくら頑張ったって
    いくら笑顔で繕って
    いくら周りの空気に合わせたって
    どうしても、傷ついてしまうんだ
    弱いから?努力が足りないから?
    周りがおかしいから?自分がおかしいから?
    気づいていないだけで傷ついているんだよ
    あなたの言葉や行動が
    誰かの心を傷つけているんだ
    それに気づかないままでいるつもり?
    そんな言葉さえも届かない、何も届かない
    いつか、誰かが助けてくれると思って
    微かな消えそうな希望の灯火を胸に抱いて
    今日も沈んでいく、暗く深い絶望の底なしへ

  • No.657524
    [編集/削除]

    @深海の人さん
    俺もあんま絵は、得意じゃないですね(汗)
    何かしら描き忘れるんですよ、はい。
    色塗り、本当上手いと思います。うらやましいですよ

    ――――――
    なぜかポルノグラフィティのヴィンテージを聴いてたら思いつきました。

    【ファイブスターメモリー】

    そんなに確かめ合わないで
    答え合わせは思い出とやろう
    ハートが泣いちゃう
    あの濃厚な日々を洋菓子にして
    あなたらしく作ろう

    焦がれるまで見つめないで
    温度調節は思い出とやろう
    セッ氏100度に熱した瞳では
    ハートに穴が空いちゃう
    あの濃厚なミルフィーユのように
    あなたらしく重ね合わせよう

    上手に出来ました
    デリシャスエブリデイ
    それではいただきましょう
    ファイブスターメモリー

  • No.657551
    [編集/削除]

    【そうでなく、こうでなければ】

    「さよなら」は 言わずにしよう
    その瞬間 最後が訪れて
    もう二度と逢えなくなりそうで…
    「ありがとう」は 言わずにしよう
    その瞬間 笑顔が崩れ 憎しみを向けてしまいそうで…
    「ごめんなさい」は 言わずにしよう
    その瞬間 嘘に変わり
    思い出が 全てなくなりそうだからだ

    でも、そうじゃなく きっとこうだった
    わからぬまま 引きずり込まれた
    強烈なフラッシュバックに…

    そう、きっと掛け違えた
    「さよなら」は
    「また逢い、思い出を語り合うための約束」だった

    そう、きっとこうであった
    「ありがとう」は
    「救われたことの感謝」だった

    嗚呼、きっとそうだった
    「ごめんなさい」は
    「やり直すための仲直り」だったね

    どうして忘れてしまっていたんだろうか
    どうして履き違えてしまっていたんだろうか
    もう一度 思い出すためにも
    振り返って 拾い集めてみてはどうだろう

    そうさ 幸(こう)でなくっちゃ
    嗚呼、きっと壮(そう)である
    どうか幸(こう)でありますように

  • 深海の人
    No.657732
    [編集/削除]

    @ふ様
    いえいえ…僕なんかより他の人の方が上手いですよ( ´ᾥ` )

    ________________
    【堕天した天使は】
    あの時はまだ、思ってもなかった
    私が堕天して白から黒へ染まるなんて
    昔の私は純粋で真っ白で綺麗だった
    他と同じか他より長けていたことがあった
    何もかも、全て輝いて救えると思った
    でも現実は甘くなかった
    天界から下界へ降り立った時に
    1人の鬱くしい少年に出会ってしまった
    彼と話しているうちに惹かれていった
    天使と人間との恋なんて、許されてない
    私は禁忌を犯してしまった
    嗚呼、救えるのもなんてないと気づいた
    この気持ちに、彼と出会わなかったら
    私は白のままでいただろう
    もう後悔しても遅いんだ
    真っ黒に染まってしまった今はもう遅い
    白の時も素敵だけれど、黒も素敵
    ねぇ、そう思うでしょ?
    このまま永遠に彼と居れるならそれでいい
    彼と居れるなら私はそれでいい
    ねぇ、あの時私が惚れた表情(かお)を見せてよ
    今の彼も、あの時の彼も好き
    お互い壊れてしまった、求めすぎて
    それでも幸せならいいじゃない?
    でも何故か満たされないの
    心のどこかで「こんなのは望んでない」と
    いつから、狂ってしまったの…?
    誰か、教えて欲しいけれどそんな人はいない

  • フェンリル
    No.659422
    [編集/削除]

    名前変えました。元「ふ」です。
    ふ、だと味気ないですから。
    お鍋とかに入れる麩も単品だと料理にしずらいですしねw

    @深海の人さん
    どうも、元「ふ」です。
    今後、この名前で行くのでよろしくです($・・)/~~~
    _________________

    これは即興で考えました。
    いつもは推敲してから載せてます。暇人だなw
    布袋寅泰のNOCTURNE No.9をちょっと参考に。
    この歌カッコいいです。イントロのギターが好きです。

    【インフィニティ】

    ブリザードフラワーは永久に咲く
    なんだか理想の愛みたいだね
    そのくせ心と身体はラビリンス
    なんだか恋みたいだね
    永久の愛を求め、果てしなく続くメビウスの環
    なんだか愚かな人間みたいだね

  • フェンリル
    No.659503
    [編集/削除]

    【シンボルマーク】

    親指を下に向けて「Very bad!」
    憎しみが生まれちゃう
    間違わないで その指上に向けて
    グッドサインで笑い合おう

    中指を立てて「Go to hell!」
    争いが生まれちゃう
    忘れてるよ 人差し指
    ピースサインで笑顔を見せて

    このシンボルマークで
    平和を掲げよう

  • 深海の人
    No.659596
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    了解です!素敵な名前ですね〜

    ________________
    【白銀の中の黒色】
    冬になると、雪が降って白銀の世界になる
    何もかも全てを白銀に染める
    とても綺麗で、木に雪が積もると雪の桜に見える
    そんな綺麗な世界にぽつりと、1つの黒色
    雪が降っても積もっても白銀にはならない
    いくら白く染めたって黒色に染まる
    ずっと、ずっとずっと湧き出ているからだ
    憎しみ、哀しみ、怒り、嫉妬、羨望…
    負の感情が湧き出ているから染まらないのだ
    湧き出るのが止んでも結構また湧き出してしまう
    根元から変わらない限りは変わらない
    ずっと黒色のままでいる
    誰か、色を変えて欲しいな…
    なんて、届くはずもないのだから

  • フェンリル
    No.662643
    [編集/削除]

    @深海の人さん
    名前って、結構こだわったりするんですよね
    最初、ふでしたけどw
    深海さんは、その名前、どのように決めました?

    __________________

    【鏡の真実】

    鏡が反転しているのには、理由がある。
    曇り止めてクリアになるのにも理由がある。

    反転していても、それは偽りじゃない。
    試しに暴言でも吐いてみろ。
    映し出されたものに跳ね返るだろう。
    今の真実だけを映し出す。

    曇るからこそ、クリアに見せる。
    偽った化けの皮をはがすためだ。

    きっとそういうことなんだろう。
    それが 鏡の真実。

  • フェンリル
    No.662740
    [編集/削除]

    天使の真相部屋に登場した、
    カギの天使が抱えていたハートです。
    メーカー様で作ってみました。

    ↓【Heart Maker】
    https://picrew.me/share?cd=LLgKeHRjL6

  • フェンリル
    No.662783
    [編集/削除]

    天使の真相部屋に登場した、カギの天使。
    ほんとは片翼だけ。
    メーカー様で作ってみました。

    ↓【ぐずりだんし】
    https://picrew.me/image_maker/3011

  • 深海の人
    No.662871
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    そうなのですね、僕の場合はそんなにこだわりはなく、思いつきが多いですね。メーカーのやつ見ました!凄いですね、こんな感じかと納得できましたし…

    僕の名前は、単に深海が好きだからですねw海も好きなので、でも臭いが…(汗)

    ______________
    悪ノ王国シリーズの「悪食娘コンチータ」参考

    【暴食】
    いくら食べても食べても
    いくら作っても作っても
    満たされる気がしないんだ
    他の人なら満足する量でも
    僕はすぐお腹が減ってしまう
    おかしいな、なんでだろう?
    僕が生まれた時から、親の時から
    赤い綺麗なグラスはあったらしい
    原因はこれなのかな?でも分からない
    今日の料理は特別メニューらしい
    気のせいかな、人が少ない気がする…
    知らないことがあってもいいらしい

    今日も満たされない、人も食材も何もかも
    食べ尽くしてしまった、全部僕が
    嗚呼…お腹が空いた、何かないかな…
    いや、あるじゃないか……此処に
    最後は色んな食材を食べた僕だ
    どんな味なのかな…嗚呼、早く食べなきゃ
    僕自身の味なんて誰も知るよしもない

  • フェンリル
    No.663455
    [編集/削除]

    @深海の人さん
    こんばんは。珍しく夜に登場ですw
    なんか思いついたんで、作ってみただけです。
    このメーカー様のおかげですね。

    俺も深海とか好きです。泳げないですけど、魚介類は割と好きですw

    ___________________

    今度は、悪魔の追憶箱に登場した、カギの悪魔です。
    気まぐれですが、ハートの箱と鎖の箱も描こうかと思います。
    きっと描かないと思いますが……(苦笑)

    ↓画像は【ぐずりだんし】で作成。
    https://picrew.me/share?cd=GzdOa180qg

  • 深海の海月の人
    No.663539
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    こんばんは、もうひとつ思いついたので載せますw
    メーカー様いいのあったりして楽しいですよね、そうなのですね…僕は一応泳げます、海では泳がないですが…
    名前、深海の海月の人と変えました、理由は詩にありまする。海の月と書いてクラゲです、一応読み載せました

    _______________
    【クラゲの少女】
    フワフワ、フワフワと身を任せて浮遊する
    海の月と書いてクラゲ、英語はjellyfish
    とても素敵、色んな姿があって個性的
    海の中をフワフワと浮遊する
    自分でも動くけれど、結構は流れに任せる
    僕もクラゲのようにフワフワと浮遊する
    世間や環境という海の中を漂う
    地面に足がつくことなんてない
    流れに身を任せながら意思は持つ
    そうしても結局は流されていく
    フワフワ、フワフワと浮遊する
    生まれつきか、はたまたいつからそうなったか
    なんて知らないし分からない
    分からないままでもいいんじゃないかな?
    今日も僕はフワフワと浮遊する
    海月のようにフワフワと浮遊する
    僕はクラゲ少女、クラゲの様に浮遊する

  • フェンリル
    No.665303
    [編集/削除]

    @深海の海月の人さん
    名前変えたんですね。とてもいいと思います。
    俺も海月好きですよ。食べたことないですけど(;^_^A
    水族館で観たりするの好きです。
    海月は、自分ではほとんど泳げないらしいですよ。
    水族館では、海月さんが沈まないように、
    水槽の中がぐるぐると回ってるみたいです…。
    なんて、どうでもいい情報でしたねw

    _____________________
    別スレのところにも載せました。
    それの長詩です。

    【井戸】

    何気なく覗きこんだ井戸に 居た… 君が居た
    「落ちた」のではなく 「堕とされた」
    意味は理解している
    ここにいるのも当然

    井戸と地上との間には 途方もない 隔たりがある
    闇が口を開いて 2人の距離は 呑みこまれた
    2人の関係も もう呑みこまれてる
    2人の時間なんて もうどこにもない

    見上げた君の瞳と 私の瞳とが交差
    光を一切受けつけなくなった 黒々とした うつろな瞳に
    確かな憎悪が込められていた
    確実に人を刺す瞳(め)だ
    こんな状態で 手を伸ばしでもしてみろ
    間違いなく 魂を削りとられる

    この手では 君の元まで届くわけない…
    言うまでもなく 君の心まで届く自信も…
    届かす自信も…
    ましてや権利なんて
    到底 あるわけないだろう

  • フェンリル
    No.665612
    [編集/削除]

    井戸の続編というわけではないですが、
    それにつながりそうなものです。
    井戸を覗き込んだ側の人の視点です。

    【天資の粉雪】

    瞳を閉じて よく聴いて
    でも 心は閉ざさずに
    いつもそばに 感じてほしい
    奏でて セレナーデ

    舞い踊る 天使の化身の結晶
    ふわり ふわりと ふわふわり
    あなたのもとに 舞い降りた
    天使の粉雪 舞い落ちる

    季節は冬を迎えるのに
    未だに溶けずにいるようで
    ハンパなままにされた わずかな熱
    これが名残雪 なんてね

    時間と距離との間にも
    ハンパなままにされた 心もとない糸
    乱れ もつれ 仕舞に絡み合う
    解けず 解かれず そのままにしていた
    切ってしまえば いいのかも知れないが

    それさえも 恋しくて…
    それ以上に 苦しくて…
    それもまた 愛おしい…
    それはもう 狂おしいほど…

    もう少し この熱を 感じていたかったけど
    このままだと 凍結して ハートが壊死してしまう…
    それもまた素敵だね
    そう思えるほど 焦がれてる
    もう 想うのは止めにしよう
    ぼく自身が粉雪になりそう
    それでも 天使に抱かれる夢を見たい
    その天使は きっと…
    この先は言わないでおくよ
    答えは見つかったから

    今は この天使のような白だけを 抱きしめていたい
    加護もついてきそうで ハートにも熱がこもって
    白いままでいられそうなんだ
    こちらの方が ずっと魅力的で素敵だ

    耳をすまして よく聴いて
    だけと自分なりすまさずに
    心は汚(けが)れていていいの
    閉ざさなければ それでいい
    いつもそばに 感じていてほしい
    いつも奏でていてほしいの
    もう聴こえてますよね?
    それは あなたにしか奏でられない ラプソディー

    舞い降りた 天資の粉雪
    ふわり ふわりと
    降り立ったのは 天使だったのに…
    落ちる間に 穢れてしまって…
    ふわふわりと 次の瞬間
    記憶ごと抜け落ちて 堕天使に…
    それでも 素敵だと言ってくれたね
    そんなあなたも 魅力的
    そんなあなたで 思い出す
    大切なものを 思い出す
    そんなあなたに 届けたい
    感謝の舞いの 贈り物
    あなたのそばで よみがえる
    天資の記憶 舞い戻り
    天使の粉雪 舞い落ちる

  • 深海の海月の人
    No.665902
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    海月…そうなんですね!初耳ですw
    ________________
    何も題名は思いつかなったのでこれで…w
    【無題】
    何もかもドロドロにとかしてしまえ
    熱で溶かされるチョコのように
    ドロドロと焦りや不安に駆られる前に
    何もかも全て、無に等しくなるように
    黒に全て染って堕ちてゆくように
    コンプレックスの見た目も
    嫌いな自分の短所も声も
    ドロドロにとかしてしまえ
    そうすれば楽にはなるでしょう?
    自分を傷つけるよりましでしょう
    望んだことなら貫き通せばいい
    例え、それが自分を苦しめるとしても
    それでもいいのなら貫き通せばいい
    あなたは何を貫き通す?
    正義?信頼?愛?人それぞれ
    でも誰かは「声を失うこと」を貫き通したい
    コンプレックスだった声、滑舌がなければ
    馬鹿にも嗤われることも無くなる
    いくら頑張っても、治そうとしても治らない
    ならドロドロにとかしてしまえ
    耳が聞こえるならそれでいいじゃない
    ペンと紙さえあれば、言葉は紡げるのだから
    間違ってるなんて言われたって
    自分で決めたことが
    苦しめる材料になるとしても
    苦く辛いこの世の中にドロドロに溶けるのだから

  • フェンリル
    No.681700
    [編集/削除]

    @深海の海月の人さん
    お久しぶりです。色々とあって来れませんでした。
    詩のタイトル、無理してつけなくてもいいですよ。
    俺が好きでやってるだけなので。
    俺がいない間も、好きに使ってくださって構いませんよ。
    ____________________________

    タイトル通り、続編です。
    これで完結です。詩というよりも、ちょっとした小説に近いかもです。
    今まで載せた、いろんな詩がミックスされてます。

    【真相部屋と追憶箱の正体】

    壊れて閉まらなくなった 開きっぱなしの箱のフタ
    もう二度と壊されぬようにと 厳重に鎖が巻かれた
    この箱の正体は 純真無垢な魂
    自ずと鎖の理由もわかるでしょう?
    この鎖は 護るためではなく
    他者を寄せ付けぬためのもの
    本当に壊れやすいのは 箱に入れられた魂の方

    厚い雲に 覆われた月はおぼろげ
    光はいずこ 陰る姿は照らされず
    闇ばかりを満たし続ける 追憶箱
    カギの悪魔により護られた箱は 乖離(かいり)寸前
    悪魔の腕に抱かれてる箱とは 非対称で印象的

    地獄な有様の部屋の正体は 本当は神聖な教会で
    部屋に結界が張られ 導いたのはカギの天使
    結界を張ったのもそう
    だからなのか
    箱の魂が 乖離せずにすんだのは…

    いつかの怨嗟の墓標が
    本当の意味で報われる時が訪れたら
    カギの悪魔も 追憶箱も
    カギの天使も 真相部屋も…きっと…

    SOSサインによりもたらされた
    わずかな光は電光石火の如く
    進化した聖剣へと呼応
    あらゆる悲しみは解き放たれ
    張り付いた闇は祓われる

    鐘の音(ね)は すでに聴こえただろう?
    それは 未来を祝したもの
    諦めてはならぬと 待ちわびているのだ
    解放の時まで あとわずか
    全てはつながっている
    この時のために

  • 深海の海月の人
    No.682089
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    お久しぶりですね、大丈夫ですよ、忙しいのかなとは思ってましたし…
    はい、分かりました!ありがとうございます
    ____________________
    【言の葉の呪縛】
    昔から言葉には魂が宿ると言われている
    昔の人はそう信じてきていた
    僕はたまにそう思うことがある
    今の人達は容易く他者に傷つける言葉を言う
    何気ない発言はもう、取り消すのことが出来ない
    それなのに当たり前のように、はたまた息を吸うように
    傷つけそして関係を壊していくのだ
    僕も傷つけてきていた、今もずっと
    自分が我慢すれば何か変わると信じて
    ずっと言いたいこともSOSも出さず
    頑張ってこらえてきていたが限界だった
    限界のあまり壊れてしまった
    幾ら苦しくても辛くても
    声が出なくなっても書いて助けを求めることも
    優しさという光が差しても掴もうとはしなかった
    恐れたのだ、迷惑優しさを取ってしまったら
    優しさを掴んだら浮かれすぎると言われるのではないか
    そう考えてしまって結局は我慢してしまうのだ
    誰かに気づいて欲しくても言えなくて
    優しさが欲しいのにそれを拒んでしまう
    誰でもいいから言葉の呪縛を
    自己犠牲の心の沼から出して欲しい
    なんて願っても届かない
    言いたいことも、して欲しいことも全て
    奥底に隠してしまおう

  • フェンリル
    No.685012
    [編集/削除]

    なんか、めっちゃ荒らされてますね(;^_^A

    @深海の海月の人さん
    言の葉の呪縛。その詩、深いですね。
    確かに、言葉には、言霊ってのがありますよね。

    ______________________

    【秘めたる宝石】

    哀愁(あいしゅう)だけ帯びる
    永久(とわ)に奏でるオルゴール
    剥がれ落ちた塗装とともに
    止まることを忘れてしまった
    悲しき性に 蓋(ふた)をしてあげて
    哀愁を帯びてた
    永久の悲しみのオルゴールには蓋が閉められ
    剥がれ落ちた塗装に 豊かな色彩が塗られた
    ぜんまいを巻けば
    ほら、心地よい音色(ねいろ)が奏でる

    少し手を加えるだけで こんなにも変わる
    色かたち違えど 誰しもが秘めてる宝石
    くすんで輝き失っても まだ、手放さないで
    輝き取り戻すまで そう、捨てちゃならない
    落とさぬよう しかとその手で握りしめてて
    引き返し振り返っても
    そこには加工前の原石しか残されておらず
    君の手の中にあるものは
    「原石」でなく「宝石」だから
    また美しく輝きだすさ
    くすんで輝き見えないのは
    暗闇にいるせいで 磨き忘れてるだけ
    本当は煌めいてること忘れてないかい?
    暗い場所から抜け出そう
    一歩前へ踏み出そう
    日が射す場所へ向かおう

    「もう無理だ。疲れたよ…」
    なら 少し休憩しよう
    君にも訪れるから
    さあ、立ち上がって
    色落ちた寂しい回廊を渡りきろう
    その先には待っている
    今はまだ見えず 不安を抱(いだ)くけど
    必ず君を待っている
    立ち止まっても構わないけど
    ここまで歩んできたことを 胸張って誇るためにも
    悔やむことだけはしないでよ
    くじけそうになる心に信念込めて
    その手にした宝石に誓おう
    前だけを見据えていて

    出口はすぐそこ
    重い扉開いてみせて
    これが最後の難所だ
    出迎える歓迎をしてくれてる
    諦めないで
    内側から君を応援してくれてる
    頑張って
    ようやく開いたね 扉の向こうへ行こう
    それじゃ 最後の仕上げに取りかかろうか
    君の手で くすんだ宝石 磨いてあげて
    その手を目一杯 掲げてごらん
    ほら、訪れたでしょ
    君だけの光
    もう透けて見えてるんじゃない
    確かな朝焼け

  • フェンリル
    No.688787
    [編集/削除]

    【キレイ】

    ひび割れ 黒みを帯びても キレイだよ
    歪曲してしまっても キレイだよ
    元は キレイだったんだろう
    だから 何度でも言うよ
    隙間からあふれた その思いは
    とても キレイだよ
    キレイなままだよ

  • 深海の海月の人
    No.689489
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    確かに昔から言霊ってありますからねぇ…
    ___________________
    【秘める想い】
    自分があの人を好きでいても
    不安になってしまう、自分なんかでいいの?
    自分より、あの人が恋焦がれていた彼女の方が似合う気が、たまにしてくる
    そんなこと本人になんて言えない
    だから、想いを押し殺して隠し続ける
    それしか出来ない
    弱さ故に臆病だからだ
    いつもと変わらぬように普通を装う
    バレてしまわぬように

  • 深海の海月の人
    No.699592
    [編集/削除]

    思いつきですが書きまする
    _____________

    【恋とは狂気でもあり凶器】
    生きているもの、必ずとは言えないけれど
    「恋」という現象を起こす
    よく聞く言葉「恋は盲目」
    確かにそう思う時があるけれど
    きっかけさえあれば恋は狂気と凶器に変わる
    世間で言うヤンデレとがそういうのが当てはまる
    愛し方なんて人それぞれ
    それぞれのやり方があるのだから
    それを受け止めるか拒絶するかは己が決めること
    恋も愛もきっかけさえあれば誰もが
    狂気に染まり凶器を持つ
    そのうちの一人に僕もいつの間にか入っていた
    あの人は受け止めてくれた、向き合ってくれた
    何より嬉しかった、求めてくれるだけで
    見てくれていると分かってることが
    だから、自分なりの愛し方で人を愛す
    例えそれが歪んでいても
    周りからの愛なんて受けてこなかったとしても
    誰かを傷つけて2人だけの世界になったとしても
    受け止める、自分を見てくれる、求めてくれる
    それがあれば満たされるんだよ
    満たされ方なんてそれぞれでしょう?
    周りが兎や角言う資格なんてないのだから
    今日も自分の愛という凶器を持って
    自分なりの愛し方という教科書を参考に
    僕の大切な人を愛していく

    (イラスト描いたんでこちらにも載せます)

  • フェンリル
    No.700431
    [編集/削除]

    @深海の海月の人さん
    最近思いつかなくて全載せてません。
    そして、返信おくれてすみません( ノД`)シクシク…
    恋なんてトラウマでしかないです(苦笑)
    なぜか、自分から別れるのが多いです。
    たしかに、恋は狂気で凶器ですね。旨い事言いますね。
    なるほどです( *´艸`)
    ____________________________

    【カルマ-それは運命-】

    真上にある群青
    掴みたくて 限りある腕を
    限りなく伸ばしたというのに
    やはり 儚いか…
    この上なく届かぬと知る 空

    近づいては離れ 求めては消えゆく
    限りなく満たすものと覚える
    身体、頭脳、心、本能
    それは限りなく脆いというのに
    やはり 求めずにはいられぬか…
    この上なく恋しいと知る 愛情

    捕食されては食い殺され
    朽ちてはまた新たに生まれる
    限りなく尊いひとつの生体
    そこに定義などないというのに…
    やはり 量らねばならぬか…
    この上なく繰り返されると知る 食物連鎖

    大いなる存在と心得ている
    疲れてしまう時だってある
    限りある時間を
    限りなく止めたいというのに
    やはり 歩まねばならぬか…
    この上なく逆らえぬと知る 人生

    限りない夢幻(むげん)を抱きしめては
    この上ない 無限に嘆く
    限りある幽玄(ゆうげん)を抱(いだ)いては
    この上ない 有限にとらわれる

    「それは _運命」

    甚だしいほど一致した
    この法則から外れる者はいない
    創造主の神と、世界の理(ことわり)に
    挑み続けねばらない

    人は、知らぬまま、
    業(カルマ)を背負う

  • 深海の海月の人
    No.707496
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    大丈夫ですよ、自分のペースで載せていけばいいと思うので
    あと返信遅れてしまってすみません…前に書いた恋とは狂気でもあり凶器の詩にイラスト追加してみました( 'ω')
    ____________________
    【入り交じる感情】
    羨望の念なんていらない
    自己嫌悪に陥る上に不安定になる
    僕なんかが届くような、近づくことさえ不可能
    そんな存在に見えるようなあの人に
    叶うはずも近づくことさえ出来ないのに
    羨望の念を抱く僕が嫌いだ
    グルグル、ドロドロと黒く渦巻く
    己を苦しめるだけなのに
    醜い僕を見て欲しくなくて
    自己満足に過ぎなくて
    嫉妬する僕も見て欲しくなくて
    色んな気持ちが渦巻いて沈める
    僕を苦しめていく
    嗚呼、黒く深い闇へと消えていくのかな
    誰にも助けなんて言えないまま

  • 深海の海月の人
    No.707543
    [編集/削除]

    もうひとつ思いついたんで載せます
    _________________
    【箱庭世界】
    自分なりの箱庭世界を作りたい
    なんて、いつからか思うようになった
    絵や自分の世界で表現できればそれでいい
    でも時々、本当に作れたらなんて思ったりする
    叶うはずもないのだけれどね
    笑われようが、馬鹿にされようが
    自己満足でもいいじゃないか
    それで満たされているのなら
    周りに何も迷惑をかけていないのなら
    それでいいじゃないか
    どんな箱庭を作ろうか
    海の底?花畑?もしくは暗闇?
    自分の理想を、叶わないものを詰め込んで
    自己満足で浸っていればいいの
    それの代償として虚しさ、寂しさが
    誰にも言えない孤独が襲う
    それでもいいのなら
    いつか共感してくれる人が
    来てくれると信じて
    覚悟がある人だけ
    自分の理想を詰め込んだ箱庭世界を
    作って、眺めてみるのもいいかもね
    今の社会には息抜きが、柔軟かつ広い
    器や時間が必要なんだ
    たまには空想も必要なんだよ
    忙しいこの現代には
    ゆったりとした時間が必要なんだ
    たまにはいいじゃないか、ゆっくりしても
    自分だけの箱庭世界にひたっても

  • No.709305
    [編集/削除]

    「プロポーズの愛言葉」

    んだからまだチェリーなんだよ
    自分で言っといて赤くなんなよ
    可愛いなんか思ってねーよ?
    むしろ笑ってやってんだ
    捻くれてて悪かったな
    何笑ってんだよ、気持ち悪い
    あーあ、二人で微笑み合ってまるで幸せそのもの
    馬鹿らしくて息を吐き出せば
    見透かされてるんだ、あーあ気にくわない
    伝えてない気持ちでさえお前にはお見通し
    気に入らない
    あぁ、気に入らない
    気に入らないからそっぽ向くんだ
    期待なんてしてねーから
    でも、もう一回言ってくれんなら
    伝えてやってもいいか
    返してやってもいいか
    だって、
    いえねーけど
    やっぱ好きだし

    言ってしまえば
    また笑われるんだろうな、
    いや違ーよ、笑われるんじゃねーんだ
    微笑まれるんだ、目の縁に涙を溜めて
    だってお前は俺が好きなんだから
    だって俺もお前が好きだから

  • 深海の海月の人
    No.710016
    [編集/削除]

    【虚しさ】
    なぜだが虚しくて
    なぜだが寂しくて
    理由なんて分かってるはずなのに
    分からないふりをしている
    理由がわかりたくなくて
    目を背けるための言い訳で
    逃げてばっかりの弱虫で
    虚しさが、苦しさが
    静かに僕を蝕んでいく
    依存してるのだって
    僕の当たり前が当たり前じゃないのだって
    分かってたんだ
    いつもあるとは限らないって
    それなのに虚しくて
    哀しくて悲しくて
    どうしようもなくて
    息ができて底なしの海へと
    沈んでいけたら楽か
    考えるだけは楽で
    でもそんなこと叶うはずもない
    それが更に虚しさが襲う
    誰でもいいから助けて欲しいな

  • フェンリル
    No.730327
    [編集/削除]

    皆さんに年賀状です。
    今年は、ねずみ年なので、ピカチュウw
    折り紙で折りました。
    _______________________
    @深海の海月の人さん
    @幸さん

    返信大分遅れました。すみません。
    そして、あけましておめでとうございます。
    素敵な詩の投稿、ありがとうございました。
    来てない間に沢山投稿してくださってありがとうございます($・・)/
    後でじっくり読ませてもらいます。

  • フェンリル
    No.730395
    [編集/削除]

    あけましておめでとうございます🎍
    詩とは関係ないですが、画像載せます。
    京都の嵐山に行った時に撮った和傘です。
    _______________________

    【無自由力】

    地上を走り回る
    臨場感に乗る君は華麗
    だけど 両サイドの翼(はね)が邪魔で加速度が落ちてる

    本来は 飛べるはずなんだけど
    飛べなくなってしまって
    邪魔なんかじゃないよ
    その翼は あの空を目指すもの
    地上なんかよりも似合う場所が もっとあるのに…

    走り続ける方が 簡単?
    地を蹴ることで その身で感じられる
    季節 雨 風 雪 匂い 気持ちいい
    地上の方がずっと自由だと思う
    そうでもないさ
    呼吸が続かなくなり 休憩しなくちゃいけない
    いつしか 壁だって現れてるし
    乗り越えなくてはならない
    そびえ立つ壁を見上げると 空が眩しく感じられて
    だから 僕は思うのだ
    地上の方がずっと自由だと…
    どうしてなのかな?
    君には 偉大に見えた?
    私には 空の方がずっと 偉大に見えるけどな…

    飛び続ける方が 簡単?
    空の方が果てなく広いし
    遮るものなどなにもない
    風を切って飛ぶのは気持ちいい?
    どんな絶景が見えてるの?
    天を舞う方が ずっと自由だと思う
    そうでもないさ
    見上げた空は 眩しく感じたはず
    地の方が楽に見えたのかな…?
    僕は 地上に憧れた
    自由に見えた空だって 実は不自由
    僕は覚えてる
    地から跳んで来たのは 矢だということを…
    地を這うしかなくなった
    それでも私は 空の方が
    ずっと自由だと思うのは どうしてなのかな?
    君のような 翼がないからか?
    私には 飛ぶことができないからか?
    結局は どちらも困難だ

    地上と 上空との間(あいだ)が
    もっとも 自由なのかもしれない
    そこは 無自由力だ

  • フェンリル
    No.735360
    [編集/削除]

    【未明の此方(こなた)】

    泡沫(うたかた)の夢にいるみたい
    ずっと残ってて…
    抜け出せない まるで迷宮だ

    今にも消え入りそうな
    モヤがかかって見えない…
    それでも消えてはくれないのさ
    壊れてくれたらいいのにさ
    私の記憶にだけは
    あの頃の笑顔のままで微笑みかけてる

    あなたを想うと 頬に伝う
    それは 苦いお酒みたい
    タバコにも似てるね
    むせかえり煙たいのに
    香りだけは甘い誘惑を漂わせて
    この身体の中核を 容赦なくズキズキと蝕んでゆく
    嫌だね どちらも苦手なもの
    君の気持ちに感化されてるだけだ

    「苦しくなんてないよ」と
    偽りの涙は言うけど
    それでもこの涙は甘くなんてない
    しょっぱくて 苦いな…

    「痛くなんてないよ」と
    偽りの涙は言うけど
    それでもやっぱり 心は偽れない
    ズキズキして 痛いよ…

    強がりでも なんでもいいから
    感情は押し殺し 笑顔だけを見せるべきだった
    最後まで 涙はいらない
    君には笑顔でいてほしい

    かすかに声がする
    沈ませてはいけない 「太陽」みたいな朗らかな声
    その声は…聞こえなかった
    嗚咽(おえつ)で聞こえなかったのだ
    どちらの涙なのかもわからないほど
    互いに傷だらけ…

    未明の領域で ずっと影を潜めてました
    待っていたのかもしれません
    この未明の領域で ずっと息を潜めていました

    ようやく届いた思い
    分かり合えたはずなのに…
    もう…なにも…わからない…
    君への信号、見失った
    赤いままで、青になんかなりゃしない
    色もよくわらないセピアに変わった

    光のそばには 常に 闇が潜む
    白熱灯に飛び交う羽虫は 光を求めるが
    闇に絡めとられておしまい
    後は 暗がりに落ちるだけで
    光りには 到底 届かないのさ

    それでも 確かに感じた
    君への温もり 今も残ったまま
    熱い気持ち ずっと伝わってたよ
    見逃してたね あなたの発光(シグナル)

  • 深海の海月の人
    No.735779
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    今年もよろしくお願いします( ๑•̀ω•́๑)
    __________________
    【共感】
    自分の好きなものに関して共感なんて
    されないことが多い、それが現実だ
    好みなんて人それぞれだし、自己満足でも
    自分が満足してるのならいいのに
    でも本当は共感して欲しい自分がいる
    自分の好きなものは少し変わっている
    周りからの影響もあるものもある
    人に言えないものも好き
    だから、余計に言えなくて自分で満足してる
    「共感なんていらない」
    なんて思っていても本心は見え隠れする
    やめてよ、求めてしまうから
    どうしようもないこの気持ち
    本心を奥底に押し込めて今日を過ごす

  • フェンリル
    No.737503
    [編集/削除]

    @深海の海月の人さん
    上の詩、すごいわかります。
    まさに俺のこと言ってんじゃないかと、思いました(;^_^A
    ____________________________

    この詩は二つあります。
    別バージョンも次に載せておきます。
    あんまり変わらないです。推敲しただけです。

    【ゴスペルソング(福音賛美歌)~オリジナル~】

    この海だけを照らし続ける月がある。

    それはとても青くて美しい光景。
    だけど、とても暗く寂しい色してる。
    この海は悲しみで出来てるんだってさ。
    だからとても切なく映る。

    そういえば、ここに来るまで
    こんなものを拾ったよ。
    チャームだけのハートのネックレス。
    誰かが落とした遺失品かな?
    なぜだが判らないけれど、
    触れた瞬間、痛みが生じて…
    誰かの姿がちらついた。
    多分、チェーンも、持ち主も
    この海底に居るはずなんだ。
    そんな気がしてさ。
    だから私はここにいる。


    月とともに願おう
    悲しみに暮ぬように。

    海面に花びらを浮かべよう
    悲しみに沈まぬように。

    喜びを分け与えよう
    悲しみに負けぬように
    福音賛美歌を歌い続けよう。

    この願い この香り
    この喜び この歌
    そして、すべてよ
    あなたの元まで届け。

  • 深海の海月の人
    No.737632
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    なんとなくで書いたんですが、まさかの反応でする()
    でも共感されることってなかなかないですよね…HAHAHA……
    ____________________
    【美しいより鬱くしいを】
    宝石や綺麗な景色を見て皆は「美しい」と言う
    絵を見ても「美しい」や「綺麗」を言う
    けれど、たまに「美しい」より
    「鬱くしい」と似合うものがある
    儚いけれどどこか幻想的で
    「美」の方より「鬱」の方が似合う時がある
    私は、いつから「美しい」よりも
    「鬱くしい」自分になりたいと思ったのか
    何が影響しているのかは分からない
    でも、ふと思ったのだ
    自分が憧れでもあり嫌いなあの人は
    儚く優しい脆い蝶のような人を
    対抗、に近いような気持ちが芽生えた
    蝶のような人に近づけないのなら
    自分の憂い、闇、病みを生かせるもの
    それは少なからず「鬱くしい」だと思った
    でも、「美しい」ものには努力すれば出来る
    だが、問題なのはなりたい「鬱くしい」ものに
    どうしたらなれるのか、それが分かればいい
    だけれど、言葉では表しきれない「鬱くしさ」を
    求めても人の価値観は違うから難しい
    だけれど、誰かでいいから「鬱くしい」と
    『言われてみたい』
    そう思うのはダメですか?
    私は、僕は求める「鬱くしさ」をもっている
    「鬱くしい」何かをみて、観察して
    再現できたらいいな
    例え間違っていると言われても
    「美しい」あの儚く優しい脆い蝶のように
    「鬱くしい」幻想的ななにかに例えられる
    蝶でも、花でもなんでもいいのだ
    褒めてくれる人がいるのなら
    見てく求めてくれる人がいるのなら
    私はそれでいいのだ
    いつかでいいから、言われてみたい
    「鬱くしい、〇〇のようだ」と
    叶わなくてもいいから再現してみたいな
    どうか、こんな僕を、私を
    見捨てないで、突き放さないで

  • 深海の海月の人
    No.738716
    [編集/削除]

    【後悔したって遅い】
    何かしらのことが起きて、嫌になる時がある
    それはいつも事が過ぎてしまってから
    幾ら悔やんだって、恨んだって後悔したって
    遅いことなんて、事実で変わるはずないのに
    藻掻いても藻掻いても変わりやしない
    過去は、変えられるはずはないのだから
    それを受け止めるしかないのだ
    そしてそれを糧に未来を変えるしかない
    恋に関しては後悔してばかり
    僕は、誰かに恋なんてしてはいけないのかな
    なんて思っててもそんなことないと言われるだけ

    本当にそうなのかな?
    事実は分からないのに言えるのだろうか?
    この世には絶対はないのだから
    今だって、後悔に蝕まれている
    好きになってよかったのか
    僕はあの人を好きでいていいのかな
    好きでいたいのに、不安にさせてしまってる
    ごめんね、こんな僕が好きになって…
    後悔したって遅いのに、分かってるのに
    でも本当はずっと貴方のそばにいたくて
    好きでいたくて、愛し続けたくて
    それをしようとすると後悔がついてくる
    何事においてもリスクは伴うもの
    だから、受け止めて後悔しても
    もう引きずることなんてしない方がいい
    それは自分自身のためになるのだから

  • 深海の海月の人
    No.743617
    [編集/削除]

    【嫌い】
    普段は感情はそんなに表すことは無い
    いつも孤立して一人でいる
    時々、私を馬鹿にする奴はいる
    馬鹿にされる度、言葉だけの怒りが出てくる
    空の容器のように中身は何も無い
    心からの、何かが何も無い空の感情
    いつから、心も中身もなくなってしまったのか

    なんて考えたって過去を振り返っても
    原因なんて分かりやしない

    夜になって、いつも通り過ごしても
    不安の波が不安定な私を襲う
    そのせいで眠るのが嫌いになる
    薬を飲まないと安定しないのはわかってる
    でも嫌いだから飲みたくないんだ
    不安定になりすぎると飲む
    いくら苦しくても辛くても
    SOSなんて出せずに抱え込んで
    一人で悩んで苦しんで
    闇の中へと堕ちていく、それが当たり前
    呼吸ができる底なしの水中がある世界に
    「沈んで閉じこもりたい」なんて何度思ったか
    いくら願ったって
    いくら思ったって
    叶うはずないのだから、理想は理想
    なんとも言えない気持ちが支配する

    私は嫌いなのだ
    大勢の中の一人も
    周りの人間も
    汚い人間も
    醜い汚れた欲も
    嫉妬や病みの負の感情も
    吐き出すことも出来ない
    助けも呼ぶことも出来ずに
    一人で悩んで苦しんで抱えて
    爆発するまで溜め込んで
    自分を傷つけて満足して嫌悪に陥って
    欲しいものがあると今今欲しくなって
    集めてそんなに使わないくせに
    フワフワと地に足がついてなくて
    周りに流されて尚且つコロコロ変わる
    闇が嫌いなくせに求めて
    孤独が嫌いなくせに求めて
    不安になりやすくて
    依存心、独占欲、自己否定、ネガティブ
    不安になりやすい面倒臭がり屋
    臆病で弱虫ですぐ泣きそうになる
    卑屈で周りの視線に対して敏感で
    僻みやすくて羨望の念をすぐに抱く
    長所もなくて短所しかなくて
    変わろうとしても意思は弱くて
    特に長けていることもなく
    無関心で怒られてばかりで
    逃げて目を背けて変われない
    自己嫌悪に陥りやすくて
    何もいいところもない
    罪の十字架を背負って
    消えてしまってもいいと思ってても
    勇気はないから消えれなくて
    消えたくても消えれない理由があって
    わがままで自分勝手で
    言葉や思いを書くだけはかけて
    行動しても長くは続かなくて
    空っぽでしかなくて
    ハマったものはトコトンハマって
    冷めて別のものに対してハマって
    またトコトンハマってたものに対しては
    冷め切っていて
    1度やっていたものをやめてまた始めても
    またやめてしまっての繰り返し
    自分が存在してもいいのかなんて
    分からないのに求めてしまっている

    そんな自分が一番嫌いなのだ

    今日も自分を嫌いながら生きていく
    明日も明後日もずっと生きているあいだ
    嫌いながら生きながら死ぬのだ

  • フェンリル
    No.747830
    [編集/削除]

    @深海の海月の人さん
    すみません(;^_^A
    こっち全然見てませんでした。
    すごいわかります。共感されても、ああーそう? みたいな(苦笑)

    【嫌い】って詩、なんかわかります。
    俺は、自分が嫌いです…。自分が好きな人はもすごいですよね。
    ___________________________

    前回の詩を、ちょこっと推敲しただけです。
    本当にちょっとしか変わってません。

    【ゴスペルソング(福音賛美歌)~推敲~】

    この海だけを照らし続ける月がある。

    それはとても青くて美しい光景。
    だけど、とても暗く寂しい色してる。
    この海は悲しみで出来てるんだってさ。
    だからこんなにも切なく映る。

    ここに来るまでに こんなものを拾ったよ。
    チャームだけのハートのネックレス。
    それは不思議なもので
    触れた瞬間、痛みが生じて…
    忘れちゃいけない そんな痛みだ。
    この手で返さなきゃ
    この海底にその人がいるのかも
    そんな気がしてさ。
    だから俺はここにいる。


    月とともに願おう
    悲しみに暮れぬように。

    海面に花びらを浮かべよう
    悲しみに溺れぬように。

    喜びを分け与えよう
    悲しみに負けぬように
    福音賛美歌を歌い続けよう。

    この願い この香り
    この喜び この歌
    さあ、すべてよ
    あなたの元まで届け。

  • フェンリル
    No.755702
    [編集/削除]

    ゲーム、ファタモルガーナの館をモチーフにしました。
    このゲーム素晴らしいです!
    ちょっと本作とは、結末変えています。
    _________________________

    【姿、形に囚われるな!!
    ~ゲーム・ファタモルガーナの館・第二章(ベステア編)~】

    醜い姿の彼はこう 呼ばれていました。
    「べステア」 そう ケモノです。

    人間は「自分」とは違うモノを「恐れる」
    畏怖(いふ)するんです。

    「おれが一体なにをしたという?
    おれはただ……。
    喉の渇きを潤したかっただけなのに……。
    それなの人間達は おれを恐れた……」

    人間達はやがて その恐怖に負けてしまい、
    彼を襲う殺意へと変ってしまいます……。
    「異端」の彼は誰にも受け入れられなかった…。

    だから彼はその者達を蹂躙(じゅうりん)し、
    恐怖を植え付け虐殺(ぎゃくさつ)しました。
    二度と自分をバカにされないように…。

    でも、目の見えない彼女だけは違いました。
    彼を恐れなかったのです。
    それどころか、彼を「人」だと言ったのです。

    彼は疑問をぶつけました。彼女に……。
    「どうしてお前は怖がらない?」

    彼女は言いました━━。
    「私は確かに、あなたの姿を見ることは出来ない……。
    けれど触れることも出来るし、
    気配を、声を、そして想いを━━知ることができます。

    あなたは悩み、怯え、考えている。
    そして……私のことを、心配してくれたじゃないですか。

    それが、あなたが人である証拠……。」


    彼はその言葉で安心して、
    同時に、「人」にさせてくれる存在でもありました。

    そして、やがて━━
    ケモノと彼女は二人で幸せに暮らしました。


    そう、目に映る物全てはきっと、
    その映るモノ全てに惑わされ、
    真実を見失ってしまっているのでしょう。

    見えないモノに触れることが出来る時がきたら、
    そのものの、本当の心との対話。
    どうか 忘れないで……。
    あなたのその心で、手で触れて、
    感じ取って真実を見抜いてください。

  • きのこ
    No.763047
    [編集/削除]

    きっと 夜は暗くて寂しいだろう
    でも あなたがいてくれるなら 私の心は明るく鮮やかな彩に染まるでしょう

    誰かが居なくなれば 心細いだろう
    でも あなたが手を握ってくれるなら 私の心に空いた穴は埋まるでしょう

    もし あなたが悲しみに暮れ 泣いているのならば
    私はそっとあなたの涙を拭うでしょう

    もし あなたが愛を伝えてくれたなら
    私は 必ず あなたの愛に答えるでしょう

    独りの寂しい夜も あなたが 慰め 笑わせてくれるでしょう
    誰かが欠ければ あなたがきっと 寂しさの穴を埋めてくれるでしょう

    私もあなたのような人になれていたなら________
    きっと 誰かの力になれたでしょう

  • フェンリル
    No.765576
    [編集/削除]

    @きのこさん
    素敵な詩を、ありがとうございます。
    ____________________

    「それでいいんだよ」と最後の言葉が同じです。
    こちらがオリジナルになります。

    【残光(ざんこう)】

    色あせた瞳
    見当たらない感情
    隠されたSOS

    その先に在った自分 どこへといった

    きっと今もあなたの中に残されてるはず
    きっと今もあなたの中で眠りについてる
    きっと今もあなたの中で葛藤しているのでしょう

    押し殺した心を解き放って
    消えかかった灯火(ともしび)を諦めないで

    胸の奥に残った光が消えそうならば
    僕がかき集めて照らす

    自分を思い出せないのならば
    僕が名前を呼ぶ

    暗闇で前が見えないのならば
    僕の中の光を使ってほしい

    あなたが否定されるのならば
    僕だけは肯定します

    息の仕方を忘れたのならば
    僕と一緒に深呼吸しよう

    居場所が見つからないのならば
    この場所にいつでも来てください
    ずっとここで待ってます
    そこにはあなたの鼓動が存在する

    僕にできることは所詮 こんなものだ

    だけど この手を伸ばしても
    あなたからは掴んでくれないのだろう…

    ならば
    人間らしく振る舞えなくてもいい
    自分を取り戻せなくてもいい
    あの日のように笑えなくてもいい

    でも 許されるなら
    せめて抱きしめさせてくれませんか

    だって ずっと その体で生きてきたんでしょ!?

  • 深海の海月の人
    No.767084
    [編集/削除]

    【やり場のない感情】
    辛い、やり場もないこの気持ち
    誰にもうちあけることなんて出来ない
    嫉妬深いのは知っていた
    独占欲が強いのも知っていた
    依存心が強いのも知っていた
    なのに、なのに抑えきれないんだ
    とてつもなく悲しくて悔しくて
    会話の輪に入れなくて
    寧ろ入ろうともしないままでいて
    それで苦しんで自己嫌悪に陥って
    嫌われるのが怖くて
    1人になるのが怖いくせに一人がいいと言って
    そっとしておいて欲しいけれど
    本当は誰かに聞いて欲しくて辛くて
    消えてしまえたら楽なのにそれはできなくて
    嫉妬、していたんだよずっと
    誰も僕なんて見てやいないことだって
    今だって嫉妬と自己嫌悪に陥って苦しんでいて
    それでやっとSOS出せたとしても来てはくれない
    そうでしょう?僕なんてどうでもいいのだから
    お願いだから、皆の中から僕を消して欲しいな
    そしたらもう、苦しまなくて済むのに
    それをさせてくれないししてくれない
    僕なんかよりあの人の方がいいに決まってる
    なんで…僕なんかに構うのさ
    本当は蝶のようなあの人が好きなんでしょ?

    逃げてばっかりでごめん
    好きになってごめん
    サヨナラなんて言わせてくれなくても
    辛くて辛くてどうしようもなくて
    だから、もう……消えたいの

  • フェンリル
    No.767994
    [編集/削除]

    【どうか…】

    祝福しよう、
    あなた達を心から。
    いつまでも仲睦まじくいてくださいね。

    気付けばそんなデタラメを口ばしっていた

    すまない 全て嘘

    本当は いつも胸が締め付けられる
    苦しい 痛い 涙ぐんでは強がって
    頬に伝う前に唱えよう

    『大丈夫』の魔法の言葉

    すると なぜか 痛みは和らぐ
    その都度(つど) 何か 募ってゆく

    あなた達を見ると
    どうしてこんなに胸が張り裂けそうになるんだ

    『あぁ……また…まただ……
    またこの感情に支配されるんだ』

    『あぁ……また…まただ……
    消えちまえ、死んじまえ
    もう、何もかも ブッ壊したくなる』

    こんな汚れ狂った俺は どうすればいい?

    たぶん 寂しいんです
    たぶん……

    浅はかな愛でいい
    その場限りの嘘でいいから

    俺を、俺をどうか、
    せめて その手で握ってくれ

    この涙が落ちる前に

    どうか、どうか俺に
    温もりを教えてくれ

    この心が堕ちる前に

    どうか…どうかッ、
    この哀(あい)を愛に塗り替えて
    どうか…どうかッ、
    その愛で哀(あい)を塗り変えて

    この俺が墜ちぬように

  • 深海の海月の人
    No.769071
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    上の詩、とても素敵で好きです!
    ________________
    【ドロドロに溶かされそう】
    私自身、昔から『愛』なんてないような環境だった
    それ故に『愛』という物が分からない
    私に好きな人が出来てお付き合いしても
    『愛』が重くなってしまう
    それで別れたりしてしまっていた

    月日がたち、別の人と付き合った今は
    今も『愛』の重さや形は変わらない
    でもお互い、性格面では変わってたり変わらなかったりする
    知り合いから好きな人の話を聞くと
    ぞっこんラブだということ
    恥ずかしくなる反面笑いしか出なくなる
    私自身嫉妬深いようでそれくらいの愛の方がいいのかもしれないが…
    相手がヤンデレにいつかなりそうな気がする
    それでも愛せる自信はある

  • 深海の海月の人
    No.769087
    [編集/削除]

    【尊み】
    自分の好きなものを見て
    『尊い』と思って幸せを噛み締める
    好きなものは人それぞれである
    実況者だったり、アイドルだったり
    アニメキャラだったり刀だったり
    世の中は広く様々なものがあり
    色んな人が沢山いるのだ
    共通するものがあると語りたくなる
    それでもいいじゃないか
    何かに対して『尊い』と思えるのなら
    好きでいれるのならいいと思うのだ
    だけれど世間は残酷で愚かだ
    昔ながらの視線で見ていると
    周りに取り残されてしまう
    流れに乗りながら自分らしくある
    それが僕は理想としていたいものだ

  • フェンリル
    No.772524
    [編集/削除]

    @深海の海月の人さん
    ありがとうございます!
    ____________________

    【心は君を】

    心は疲れて
    「もういいんだよ」と言うから、
    僕らは休息を求めて、そちらへと向かう。

    夢など叶わぬから夢なのだ。
    まるで、大きな十字架を背負ってるみたい。

    生きることに、流されたり…
    生きることを、放棄したり…
    生きることに、疲れ果てて…
    やがて、諦めて…無難な選択をとる。
    生きることから逃げ出したりする…。
    そうすることは勝手だが…
    見失ってはいないだろうか?

    生きることは 奪われてはいけない。
    それだけは、何があってもダメ。

    そうだ。諦めていても
    本当は、君の「心」は諦めてはいない。

    だから、心は君の手を引いて、こう言うんだよ。
    「もう一度、立ち上がって!」ってさ。

  • フェンリル
    No.805192
    [編集/削除]

    お久しぶりです。
    今の気持ちと裏腹だな…。

    【壊しちゃいけない大事な気持ち】

    もう苦しい、辛い、嫌だ。
    こんなのはたくさんだ! …壊れろよ!
    限界に近づいた時に、一度だけ立ち止まって、振り返って。

    どんなに辛くても、どんなに悲しくても、
    絶対に壊してはならないものがある。

    人の中にある思いやり、優しさ、
    楽しかった純粋な心、笑顔。
    そんな温かさに包まれた記憶を――。
    出会った時の思いを――。
    温かい人の優しさを――。
    もらったたくさんの気持ちを――。

    憎しみで壊さないで! 優しさで立ち向かって!
    悲しみで壊さないで! 優しさで守り抜いて!
    あの頃の気持ちを忘れないで!
    その気持ちを壊さないで!!

    そしたら、枯れた笑顔が蘇り、
    前よりもずっと、人を好きになれます。

  • 深海の海月の人
    No.805246
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    お久しぶりです、上の詩が心に染みまする…
    最近の僕の心情を書きます
    部活の事で悩んでいて…合唱やってる部活です
    ____________________
    【比べられる劣等生】
    人は優劣を作りたがる
    比べて欲しくないのに比べる
    何故、ありのままの実力を見ないのか
    頑張って練習してるのに
    明らかな差があるのはわかってるくせに
    彼女らは経験あるのは知っている
    僕より優秀でいるのは知っている
    それに対して僕は、経験はほぼ無いに等しいほどなのに
    1年だけやって、2年間のやってないブランク
    そしてまた1から初めて段々と「上手くなっている」と褒めていたのに
    その差があるのにも関わらず
    彼女らと僕を比べるの?
    見なくてもわかるの
    「比べるつもりはないんだけれど」
    そんな言葉とは矛盾してるのに気づいて?

    経験の差も、前の部長との努力の差も
    違うのに、何故今の僕の現状を見ようとしない
    僕自身のは実力は誰よりも1番劣っている
    だから、「劣等生」なりに一生懸命頑張って
    勉強も一生懸命取り組んで
    皆と追いつけるように、変われるように
    苦手な科目も頑張ってるのに
    それでも変わってないような言い方
    そう捉えてしまうからやめて欲しい
    僕は「劣等生」だから必死にやらないと
    「劣等生」だから何事にも一生懸命やらないと
    褒めてくれないし見てくれない
    死ぬ気で頑張ってるのに
    一生懸命何度も何度も、声がかすれても
    声が出なくなってしまってもまた出して
    何度も何度も、悔しい思いをしてきたから
    今度こそは一緒の舞台に立てるように
    頑張ってきてるのに
    「劣等生」は「劣等生」のままで変われないのかな
    いくらやっても何度も何度も何度も何度も
    やっても、和音を聞いて腹式呼吸を心掛けて
    口を縦に意識しようとしても癖付け出来なくて
    「劣等生」なりに取り組んでいても
    歌は上手くならない
    部活を辞めたくても「逃げるの?」と言うんでしょう
    何も分かってないんですあなたは
    比べられる者の気持ちも
    「劣等生」なりに一生懸命頑張ってきても
    上手く歌えなくて正確な音程を出せなくて
    苦しんで首を掻き毟る癖が付いて
    焦ってしまって苦しくて
    掻き毟っている時の痛みが癖になる
    昔から今も自傷行為をしていた時の
    あの時の痛みでの和らぐ不安が消えなくて
    それで新しい方法を発見してしまう
    「劣等生」は今日も苦しみ
    泣きながら何度も何度も練習をする
    焦る度に増えていく赤い筋
    誰も比べられる「劣等生」の気持ちも
    言わないからじゃない
    言えないから誰も知らない
    どうしたら、上手くなれますか
    どうしたら比べられずに済むのですか
    どうしたら「劣等生」という言葉で縛り付けずに済むのですか

  • 深海の海月の人
    No.806688
    [編集/削除]

    【嫌いなの夜】
    僕は夜が嫌いだ
    次の日が来ることも嫌いだけれど
    考えすぎてしまって寝れなくなってしまう
    そのせいで苦しむ
    今日も、黒く醜い感情が僕を支配する
    「あの子みたいに愛されたい」なんて
    叶うはずもないくだらない思いが渦巻く
    どうやってあの子にはなれやしない
    そう思っていても「愛されたい」と思う
    おかしいよね、誰かに愛されていても

    逃げたくても逃げれないのなら
    自分を壊してでも逃げなきゃいいんだ
    とことん追い詰めて追い詰めて苦しめて
    そうでもしないと逃げているという
    夜になると黒く醜い感情が渦巻く
    だから夜は嫌いなんだ
    醜い感情と少しの愛情を抱えて
    暗く静かな夜という深い海の
    眠りという深海に沈む

  • 深海の海月の人
    No.829401
    [編集/削除]

    【睡魔の囁き】
    時々眠りたくない時や眠ってはいけない時に
    「奴」は囁きかけてくる
    「眠ってしまえば楽になれるぞ」
    そんな囁きに反抗して起きていても
    結局は勝てずに寝てしまうのがルーティーン
    何かで誤魔化さない限りは「奴」は襲ってくる
    誰しもが「奴」の手のひらの上でお踊らされている
    勝てるものは武器と言うなのエナジードリンクがあるもの
    若しくは「奴」の術を耐え抜くか上回るものが無い限りは叶わない
    今日も今日とて抗いながら
    抗っても結局は勝てずに寝てしまう
    そんな日々を繰り返しながら生きていく

  • 深海の海月の人
    No.829420
    [編集/削除]

    【呼吸】
    意識してなくても勝手にしている
    吸って吐いての繰り返し、ただそれだけ
    だけれど些細なことで一定のペースは崩れていく
    過呼吸起きると乱れてしまう
    ある一定のペースが早くなってしまうから
    それで苦しくなってしまうのだ
    僕は、いつも起こしかけているから深呼吸をしないといけない
    過呼吸が起きるとどうしようもなく苦しくて
    まるで、水の中にいるように苦しくて
    周りが煩いと落ち着かないのだ
    周りからの理解がないと、収まる気配がない
    目立つためにやる人もいるけれど
    僕は、目立ちたくない
    それに起こしたくて起こしてるわけじゃないのだ
    その違いが、仕組みがわからないと困る
    呼吸は大切だが、ペースが乱れると
    死を招くことも有り得るのだ
    危険と隣り合わせな人生
    その危険という深海へと沈んでいく

  • フェンリル
    No.866945
    [編集/削除]

    なんもう、全然来てないな。

  • 辛い人へ
    No.876292
    [編集/削除]

    【辛い人へ】

    笑おう。
    それがきっと支えになるから。

    食べよう。
    それが生きるためになるから。

    甘えよう。
    誰でもいいんだ、少しでも。だけど無理しないで。

    死なないで。
    きっと。きっと、いい事があるから。例え終わりが見えなくっても助けてくれるかも。

    辛い時は誰だってある。
    いつも一番の人はどこかでずっとプレッシャーを感じてるんだよ。
    ずっと笑ってる人も無理してるかも。
    構ってちゃんもキツイんだよ。
    お金持ちもつまらない時もある。
    引き篭もりやニートも、楽だけど辛いよ。だって自分はダメだってずっと思ってるんだ。ただゲームやネットでその時忘れちゃっている。

    この言葉が辛い人に届いたらいいな。

  • 名無し
    No.880882
    [編集/削除]

    『もういいよ、バイバイsilent answer』

    私だって!私だって!私だってさぁ!辛いんだよ!
    いい加減にしろよ、お前!
    加害者作って被害者の死骸被って!
    悲痛な顔してお涙頂戴!
    私からすればとんだ戯画!
    学校にも行かずに動画の中で人気者
    さぞ気持ちいいんだろうなそこは!
    そしてどうだよ?私を加害者にした気分はよぉ!
    私達を加害者にした気分は!
    答えろよ!なぁ!
    雨はいつか止む、霧はいつか晴れる!
    お前を守ってきたヴェールは掻き消えた!
    それらで濡れた大地は、とたんにお前を呑み込む自業自得の沼だ!

    努力してきた人間こそ報われるんだろ?

    努力してきた人間こそ報われるべきだろ

    お前がネットの中、ぬるま湯の中。

    私は、私たちは何をしてた?
    勉強したさ、毎日学校に行ったさ、部活だって…
    頑張って!頑張って!頑張って!

    この世界に答えがあるんなら!答えろよ!
    なんで、報われないか教えろよ!
    なぁ、答えてくれよ…

  • 名無し
    No.880930
    [編集/削除]

    上の詩を書いたものです。場所お借りしました

  • フェンリル
    No.911871
    [編集/削除]

    色々あってちょっと来れませんでした(ノ_-;)すみません…。
    たくさんの詩を載せてくだり、ありがとうございます。
    後でじっくり読ませてもらいます。

  • フェンリル
    No.911920
    [編集/削除]

    【人間止めないで】

    どうして人間は 生れてくるのだろうか?
    どうして人間は 生きてるのだろうか?

    どうして、どうして…
    ねえ、どうして意味を見出さないと生きていけないのだろうか?

    きっと明確に答えられる人間なんていない

    私達はいつも危うい橋の上を歩いている
    下は見えない奈落
    落ちると真っ逆さまの世界に飲み込まれる
    だから いつも必死に前を向く
    下を向くと 暗い暗い底無しの闇が迎え撃つ
    はぐれると見失って すぐに独りぼっちになる
    だからいつも人間は群れをなす
    そうしないと橋は渡れない

    いつだってそう 人間は弱い
    人間は醜い 人間は残酷だ

    "もう嫌だ! 人間なんて嫌いだ!
    人間を…やめたい……"

    でも、ちょっと待って
    少しだけでいい
    人間の中に在る、『純粋』
    それを思い出して

    汚れた部屋
    荒れ果てた大地
    壊れた人形
    虐げられてる人
    瀕死の犬

    まだ、大丈夫だよ
    まだ、希望はあるから

    汚れた部屋には、
    人間という『努力』で美しくしてあげよう

    荒れ果てた大地には、
    人間という『活気』で緑豊かにしてあげよう

    壊れた人形には、
    人間という『真心』で修復してあげよう

    虐げられてる人には、
    人間という『勇気』で立ち向かって救ってあげよう

    瀕死の犬には、
    人間という『愛情』で生命へと繋いであげよう

    ほらね、希望に変わった

    でも、悲しいね…
    元を辿れば全て、人間が原因だ

    そう、過ちは、
    気づいただけでやり直せるのさ

    『努力』は美しくなり、『活気』で豊かにして、
    『真心』で修復を行い、『勇気』で救いあげて、
    『愛情』を生命へ繋ぐ

    これができるのは人間だけ

    人間はこの世で一番 残酷だけれど、
    それ以上に美しくて素晴らしい

    だから、まだ人間止めないで

    もし、また、あなたが、
    人間嫌になって 止めたくなったら、
    この言葉を思い出してください

  • No.912318
    [編集/削除]

    @フェンリル
    (フェンリルさんの詩が)好きです。((突然の告白))

  • フェンリル
    No.914858
    [編集/削除]

    @杏さん
    ありがとうございます(δ〃▽〃)
    ドキリ!としました

  • フェンリル
    No.914901
    [編集/削除]

    人間止めないでのアレンジ、続編です。
    人間止めないで、の方は「気持ち」がテーマでしたが、
    こちらの方は「身体」がテーマになっています。
    ________________________

    【人間嫌わないで】

    なぜかいつもこの口は
    何かに暴言を吐(は)いている
    なぜかいつもこの身体は
    何かを傷つけている

    「キモい。消えろ。死ね。」
    そう言って、あなたは殴った

    そんな形ない心は いつも 傷つけていた
    そんな見えない心は いつも 傷ついていた

    だからもうさ 止めにしよう?

    そう 誰かが言うと
    次は『自分』が標的になる

    その気持ちがあるから
    人間は 厄介なものを見ようとしない
    見て見ぬふりを続けるんです

    本当に愚かだよね 人間は
    最低だよね 人間は
    疲れるよね 人間は
    ウンザリだよね 人間……

    "もう嫌だ!人間なんて嫌いだ!
    人間なんて…大っ嫌いだ!!"

    でも、ちょっと待って
    少しだけでいい
    人間の構造、『身体』
    それを思い出して

    探し物が見つからない
    怪我をして泣いている
    街中にゴミが落ちている
    重そうに荷物を持っている
    心ない言葉で攻められている

    大丈夫だよ 心配しないで
    今、希望に変えるから

    探し物が見つからなくて困ってる人を見つけたら、
    人間という『頭脳』で駆使して
    一緒に見つけてあげよう

    怪我をして泣いてる人がいたら、
    人間という『心臓(こころ)』で手当てし
    笑顔にしてあげよう

    街中にゴミが落ちていたら、
    人間という『両手』で拾って捨ててあげよう

    重そうに荷物を抱えていたら、
    人間という『両足』で支えて荷物を運んであげよう

    心ない言葉で攻め立てられてる人を見つけたら、
    人間という『全身』を力にして こう言ってやれ!!

    『お前が死ね』と

    すると どうだ?
    そいつはきっとこう言うはずだ

    『ふざけるな!』と

    だったら次は こう言ってやれるんだ

    『ふざけてるのは君の方だ!
    君が今 言ったことを
    僕はそのまま言っただけだ!』と

    そう、人間の身体は、武器なんです

    でも、悲しいね…
    それが凶器になってしまってる

    そう、使い方次第で 変えられるのさ

    『頭脳』で探し当て、『心臓(こころ)』は傷を癒し、
    『両手』で美化して、『両足』は支えとなり、
    『全身』を力に変える

    あなたのその身体は
    盾であり、刃でもあるってこと、忘れないでください

    これを駆使できるのは人間だけ

    人間はこの世で一番残酷だけれど
    それ以上に美しくて素晴らしい

    だから、まだ人間嫌わないで

    もし、また、あなたが、
    人間嫌になって嫌いになったら、この言葉を思い出してください

  • 藍色の桜
    No.916678
    [編集/削除]

    諸事情により名前変えました元深海の海月の人です…
    ____________________

    【自分だけの海】
    普段は恥ずかしくて中々言えないことも多い
    僕の、特別な大切な人は海のようだ
    貴方という海に、底なしの海に堕ちてしまった
    それでも貴方は受け止めてくれた
    「離さないからその言葉通り離さなかった
    苦ではくむしろ嬉しいことだった
    でも時に苦しくなってしまうの
    普段は呼吸ができているのに
    時々、呼吸が出来なくなって苦しくなってしまうの
    僕の心をかき乱すのが上手いのね
    荒らしのように不安が襲って来たり
    安心させるように穏やかな海になったり
    僕をときめかせてくれる綺麗な海になったり
    どんどん、どんどん深い深い底なしへと
    惹き込まれるように、そして自ら堕ちていくように
    沈んでいくの
    僕は貴方の虜、貴方は僕の虜
    だから、僕の中にも堕ちて
    そしてお互いの色に染まって欲しいな

  • フェンリル
    No.918429
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    わかりました。
    そのですね…別スレで名前特定されてるようなので、また変えた方がいいかもしれません。
    すみません(ノ_-;)俺のせいですね。申し訳ないです。
    次、変えるのなら、教えてくだらなくて大丈夫です。色々と事情があるようですので。
    なんとなく、察することできると思うので。

  • 藍色の桜
    No.918473
    [編集/削除]

    フェンリルさんは何も悪くないですよ…僕が悪いんで(汗)
    了解です

  • フェンリル
    No.921153
    [編集/削除]

    桜の季節がやってきましたので、桜をモチーフにした詩です。
    イラストも載せておきます。
    詩とは関係ありません。 富士山と桜。

    【儚見桜(はかなみざくら)】

    残ったのは 散っていた 桃色の花弁
    忘れてきたのは思いの欠片

    きっと知ってる
    止(とど)まることは この桜を散らすこと
    だからみんな歩み続ける
    枯れた花など寒々しい

    それでも立ち止まった
    魅入られたと思い込んで
    それを理由に寄り添った

    ずっとわかってた……
    心地よいそよ風も
    照らす木漏れ日も
    立派に見える樹木も
    だれよりも愛したこの桜
    「きれい」と呟く言葉さえ
    全ては…まやかし……

    枯れぬように繰り返した
    なんども なんども なんども
    なんども なんども なんども
    時間をひたすら巻き戻す

    いつからだ 哀しく思えたのは
    どうしてだ 切り取られた絵のように映るのは
    こんなにも綺麗に…
    こんなにも鮮明に…
    瞳には描かれているのに

    なぜだ 胸の内は崩れてしまいそう
    私 なんで泣いているんだろう

    「こらえる必要はない」と 桜の雨は降り続く
    「寂しいと言えばいい」と そよ風が背中を撫でる
    「ほらもう 君は大丈夫」と 木漏れ日が優しく照らし出し
    「そろそろ笑顔を見せて」と言う
    でも 涙は止まりそうにないや
    それでも この幻想をまやかしにしないためにも
    搔き集めた花束を空へと還そう

  • ナナシ
    No.972724
    [編集/削除]

    今日、地獄の扉に出逢った
    今日、ガラスの靴を捨てた
    今日、逃げる脚を落とした

    地獄の扉の前に身が竦んだ
    ガラスの割れる音が響いた
    落とした脚が血が生暖かい

    脚がない
    靴もない
    あるのは地獄への道だけ

    這う這うで
    地獄へ行こう

    振り返れない
    戻れない

    地獄の扉をくぐろう

  • フェンリル
    No.1007407
    [編集/削除]

    @ナナシさん
    詩の投稿、ありがとうございます。
    すごく意味深な詩ですね。
    ____________

    ちょっとロマンチックにしてみたかったのです。
    恋がテーマ。失恋です。

    【雨恋傘】

    天候も味方じゃなかった
    ついてなかった そう 雨なんだ
    大丈夫、と 言えたらいいのだけど
    沈むその顔は 何かに傷ついてる
    俺も言葉につまずいた

    そっと呟いた
    あなたは忘れ方を探している
    だから俺は 「忘れなくていい」と言った

    勇気を振り絞って伝えた想いなのでしょう?
    それなのにあなたは 忘れようとするのですか?
    「好き」を「否定」するのですか?
    「なかったこと」にするのですか?

    その想いを あなたは否定できますか?
    無理はしないでください…
    あなたの気持ちをなかったことにだけはしないでください

    今はどしゃぶりだけど いつかは止みます
    雨に打たれるのもいいかもしれません
    見せたくない涙も一緒に 流せますよ

    あなたにはまだ 傘が必要そうですね
    だから これを使ってください
    俺には必要ないですから
    返す必要もありません

    ただ 約束してください
    次にこの傘を使う時は
    一人じゃなく 二人の時に使うと

    その時にまた 会いましょう

  • 藍色の桜
    No.1007623
    [編集/削除]

    【何にもなれやしない】

    いくら願ったってなれやしない
    いくら望んでもなれやしない
    いくらなろうとしたってなれやしない
    いくら変わろうとしても変われやしない
    世の中は残酷で無慈悲で哀しい
    憧れのあの人になろうとしても
    なりたい姿になろうとしても
    いくら頑張ったってなれやしない

    夢見たっていつかは壊れる
    努力してもなれないものだってある
    現実はそうでしょう?
    変わろうと必死になって
    なれなくて絶望してしまう
    主人公にもヒロインにも悪役にもヒーローにも
    頑張ったっていくら努力したって
    望んだものには届かない

    いつまで夢見てるのかしらね
    越えられないものはいつも存在する
    いつもそうだ
    無慈悲に平等に絶望はある
    変えられる運命も道もあるはず
    だけれど、選んだとしても
    「夢」はいつだって「夢」のまま

    無いものねだりもそろそろやめようか
    空想だけが募っていく
    空想の世界なら主人公にもヒロインにも悪役にもヒーローにもなれる
    でも僕は何にもなれやしない
    願ったって望んだって何もない

  • フェンリル
    No.1012808
    [編集/削除]

    替え歌との温度差が大分あるね…。

    【言葉じゃなくて】

    私は 困っている……。
    今にも泣きそうな。
    もしかしたら
    泣いてたのかも知れない君に。
    なんて声をかけるのが正解なんだろう、と。

    「どうしたの?」「大丈夫?」
    脳内シミュレーションしてみたけど
    どれも的外れ…

    言葉は時として 空虚になる
    たくさん素敵な言葉があるはずなのに
    どうして肝心な時に使えないのか
    最初に言葉を使った人は
    伝えたいことがあった
    誰かに届けたかったんだね
    だが 今はどうだ
    上手く使えない
    こんな時こその言葉じゃないのか

    ああ…なるほど そう言うことか
    きっと言葉だけが 全てじゃないんだ
    だから人間は言葉を与えられた
    使いどころを間違えるな、と

    なら 私がすべきことは
    声をかけることじゃない
    簡単なことだった…
    きっと言葉に甘えすぎて
    本質を見落としていた

    寄り添い
    ただ 黙ってそばに居ればいい
    これだけでいいんだよね?

    これが正解なのか わからない
    どれが正解なのかも わからない
    どれも難しいけど
    でも 言葉だけじゃきっと ダメなんだ

  • フェンリル
    No.1012842
    [編集/削除]

    今回は、自分の主観の詩です。

    【狂った歯車】

    必要としていたのは 君ではなく
    心を安定させてくれる鎖が欲しかっただけ

    それを「君」として
    傍に繋ぎ止めておきたかったのでしょう?

    だから「好き」だと言ったのだ
    後先なんて考えていたなら
    こんな複雑な感情を抱いたりはしない

    先走りすぎた
    大切なものなど 俺には必要なかったのに
    いっそ狂った歯車など 壊してしまえば
    君を 解放してあげれると思うのに

    でも 壊すことなどできなかったんだ
    この時がずっと続けば良いとさえ思った
    たとえ 始めから狂っていたとしても
    壊すことだけは したくなかった
    いや それだけは できなかったんだ…

    君と言う 安らぎを
    俺の中にずっと繋いでおきたかった
    たとえれが 愛じゃなくとも
    だから 狂ったままでいろ!と願う
    それでもやはり 迷いは君を映し
    色濃く浮かび上がるのだ

    ああ…結局、俺は、
    都合の良い物が欲しかっただけなんだな

    「俺を愛してくれる君が好き」なのだ

    だから…君を…「愛シテル」

    噛み合わない 狂った歯車のように
    俺は君を 愛シテタヨ

  • いつもあなたのそばに。
    No.1018373
    [編集/削除]

    あぁ、どうしてそーやって決めつけるの。ボクの物語は始まったばかりなのにキミがいることで終わりに近づいてくる。

    沢山の歪んだ愛は世間からの誤解と共にボクとまたこの世界で独りぼっちになってしまう

    キミの中には誰がいるの。ボクを操らないで。…なんて疑問もとうの昔に忘れた

    つまりねボクが言いたい事は…………。
    キミハツカイモノニナラナイヤツッテコトダヨ

    なんで早く気づかなかったの。あと少し前だったらキミはもっと生きることができてたのにね、この世界線で。

    ボクだけに従っててよ。キミはボクの操り人形なんだからねぇえ???

    [主として部屋を建てた時に来た人達が上から目線で会話をしてきたので、その時の心境とボクの思い]

  • いつもあなたのそばに。
    No.1018382
    [編集/削除]

    フェンリルさんの詩が好きです。これからも頑張ってください(勝手に変な詩??書いてごめんなさい)

  • 藍色の桜
    No.1018454
    [編集/削除]

    【叶わぬ願い】

    いつになったら叶うのかな
    あつ会いたい人達にあって聞きたいこともあるのに
    それも叶わないのかな…
    いっその事彼らの記憶から僕の存在が
    いなくなって、最初から出会ってなかったそんなことになれば、この気持ちは消えるのかな
    会えないせいで不安ばかり募っていく

    僕はただ、会いたいだけで
    話したいだけで
    ふざけ合いだけで
    疑問をなくしたいだけで
    好きで、ずっと傍にいたいだけで
    変わりたいだけで
    それすらも叶わない
    人なんて辞めて人外になれたなら
    少しは楽になるのかな…

    なんて思いながら今日を過ごす
    叶わない願いを抱えて眠る

  • フェンリル
    No.1021886
    [編集/削除]

    @いつもあなたのそばに。さん
    @藍色の桜さん

    お二人とも、素敵な詩をありがとうございます。

    全然、変な詩じゃありませんよ。
    思ったことを書いてくだされば良いんですよ。

  • フェンリル
    No.1021916
    [編集/削除]

    【雨水(うすい)】

    「さみしい」と 言いたくても
    「傍にいてほしい」と 言えなくて

    「あいたい」と 願っても
    もう、君にあえなくて

    「嫌いだ」と 言ってしまって
    もう、君に謝れなくて

    だから「好きだ」と 言いたくても
    もう、この声は届かない…

    あの頃を受け止めてくれてた言葉も
    もう、逃げ水…

    言いたくて 言えなくて
    願うだけの雨の弱

  • フェンリル
    No.1022155
    [編集/削除]

    【うつむく先の命】

    前を向いて歩いてみても
    いつの間にかうつむいていて
    つまらない
    どうせ明日も変らない
    意味のないものばかりが募る毎日

    いっそ この世から 消えてしまえたなら
    私1人が消えたところで
    世界は何ごともなく廻り続ける

    空も同じ
    明日がこなければいいと思っていても
    平等に 広く 青く いつもきれいで残酷

    嫌な日に限って 曇り空だったり
    雨天だったり 稲妻(いなずま)が走ったりと
    どんな時だって 平等に 日が暮れ 明ける

    また うつむき歩く
    いつの間にか 下を向くのが癖になっていて
    生きる理由にも繋がっていた

    うつむくのも案外悪い物ではない

    足元には 小さき命が懸命に生きようとしていた

    緑の草花 小さい昆虫
    土から顔をだす根菜
    踏みつぶさないように
    気をつける者などいないのだろうけど

    前を向くと
    大勢の人に埋もては はぐれる
    上手く歩けない

    上を向くと
    逆光した 陽(ひ)の光が眩しい
    目が眩んでしまう

    そして下を向くと
    小さき命の声がする
    懸命に生きようとする数々の言葉が落ちていた

    それを拾っては また 元気をもらう

    その命は泡沫(うたかた)で 尊いもので
    教えてくれてるんだと思う
    覇気(はき)がないもの達に
    「元気だせ」って 励ましてくれてる
    命を張って

    そんな風に考えるのは
    都合がいいだろうか?

    それでも

    未来への道より 空の陽の光より
    うつむく先の 命の方が 元気の源

  • 瀬良
    No.1022172
    [編集/削除]

    忌み子といわれる子供が虐待されて心が壊れてしまったお話です。

    「忌み子のサーカス」

    さァさァピエロノ時間ガ始マルヨ

    さぁ今日も僕の苦痛が始まるよ
    僕たちは傍から見るとピエロだね

    さぁまた僕に鞭が降ってくるよ
    身体が傷だらけになっちゃった

    さぁまた僕は秘密を抱えるよ
    僕の秘密がまた多くなっちゃった

    傷がたくさん、つけられる
    忌み子の僕は癒されない
    癒えない傷が増えるだけで
    みんな忌み子の僕を嘲笑う

    悲しいなんて
    辛いなんて
    笑顔なんて
    感情なんて忘れてしまったんだ

    「まだ生きてるの?」

    なんて言葉は聞き飽きたよ

    さァ今日もまた偽り笑顔でピエロになるよ
    僕に救いなんてないんだよ

    さァまた僕に鞭が降ってくるよ
    治る事を許されない身体だね

    あァ秘密がばれちゃった

    …キミもタスケテくれないネ

    さァさァ終ワラナイピエロノ時間
    目ノ前ノキミモ見テ行コウ

    「あぁ、壊れちゃったね」

  • 瀬良
    No.1022176
    [編集/削除]

    これは一人の少女が必死に助けて、と大切な人にサインを送るも気付いてくれなくてリスカをしてしまうお話です。

    「SOS」

    また私は貴方を待つの
    大丈夫、なんて笑顔で言うの

    でも貴方は私の言葉を
    見破らないんだ
    素直に信じるんだ

    その素直さが今は憎いんだよ
    SOS、君は気付いてくれないの
    SOS、貴方は知らないふりするの
    SOS、ワタシが壊れてしまうの

    独りでいるしかないのかな
    ワタシが壊れてしまいそう
    なのに誰もタスケテくれないの
    SOSに気付いてくれないの

    もう、あきらめようか
    ははハ、みステてらレちゃったヨ
    アハハハハ、みてミて血がタくさンだヨ!!

    アぁ、コワレチャっタネ♪

  • 晴香
    No.1022204
    [編集/削除]

    愛されていたのに愛されていないと勘違いして自殺してしまった女の子が死んでから愛されていたと気付くお話
    …秘密を言えば、女の子に向けられた愛は歪んだ「アイ」だったのです。だから勘違いしてしまった。

    【愛されたい】

    やっぱり僕は愛されない
    普通に生きて愛されたいのに、失敗作の僕は愛されるどころか嫌われる
    タスケテ、と言える人も僕にはいないのだ。
    どこが他の人と違うのだろうか。
    何も、変わらないはずなのに。いつまでたっても僕は愛されないのです。

    みんな偽善者なのだ
    世界を気にして、愛するふりをして
    裏で僕を嫌って嘲笑う
    こんな世界、嫌いなのに
    僕はまだこの世界で生きようとする

    今日を生きてまた後悔するのだ
    こんな世界なんて…

    「大っ嫌いだ!!」

    愛されたいから努力するのに誰も
    神様すら認めてくれないんだ
    ほら、今日もみんな僕を愛してくれない

    もう、こんな事終わりにしようか
    こんな最悪な人生は…こりごりなのだ

    あぁ、体が傾いて中に投げ出される

    「来世は…愛されたい……ばいばい…」

    血まみれの僕は空で後悔するのだ
    なんせ…僕は気付いていないだけで

    「アイ」されていたのだから

  • フェンリル
    No.1023986
    [編集/削除]

    @瀬良さん
    どちらも悲しいですね。実際リスカしてる人いますよね。
    そういう人、少しでも減ればいいなと思います。

    @晴香さん
    色々と思わせる詩ですね。
    すれ違いが悲しい。やっぱり、言葉って大切なんだなと思いました。

  • フェンリル
    No.1024004
    [編集/削除]

    魅了と洗脳の違いはなんだろう?そんなお話

    【魅了域(みりょういき)】

    相手のペースに引き込まれるのは
    既に魅了される手前だと 私は思う
    でも よく考えてほしい
    その魅力に溺れてはいないか?
    その魅力に憑りつかれてはいないか?
    それは魅力されたのではなく
    ただ 洗脳されているだけだ

    魅了と洗脳は似て非なるもの
    魅了とは これすなわち 活力を生み出すもので
    洗脳とは 活力を奪うものだ

    惑わされて 心を失わないでね
    それは 活力を奪う洗脳
    奪われるのは心だけにしよう
    それが魅了域(みりょういき)

  • フェンリル
    No.1026915
    [編集/削除]

    奇跡と軌跡をかけてます。
    だからタイトルは、キセキなんです。

    【キセキ】

    何気なく歩んで来た道
    いつかは 愛着が沸いてくる

    離れなきゃいけないのに
    いつまでも定位置から離れられない...

    キレイに咲き誇った大輪の花も
    いつかは あっけなく散りゆく

    だけれど
    それで全て終るわけではないのだから恐れないで

    他人に流される
    外道(げどう)の軌跡だけは歩かないで

    喜怒哀楽が在るからこそ 軌跡という

    他には『ない』あなただけの
    軌跡を歩いて行こう

  • 藍色の桜
    No.1028087
    [編集/削除]

    【臆病】

    僕は臆病な劣等生だ
    怖くて話を聞いてもらいたい
    それなのに「迷惑をかけたくない」
    その気持ちが僕を支配する
    匂わせなとはいえども
    本音を隠して大丈夫なふりをする
    本当は泣きたくて助けを求めたくて
    でも臆病だから
    劣等生だから
    言い出せなかった
    逃げ出したいけれど、逃げ出して
    後ろ指を指されるのが怖くて
    我慢して堪えて壊れる
    自分を傷つけて、傷を隠して
    偽るしか出来ない

    臆病だから、劣等生だから
    自分でレッテルを貼る
    そうでもしないと、泣きそうになる
    いつか、話せたらいいのに
    いつまでたっても言えない
    いつまで経っても変われない
    いつまで傷つけるのか
    いつまで偽り続けるのか
    分からない
    いや、分かりたくないのかもしれない
    臆病で怖がりで逃げてばっかりで
    向き合っていても向き合ってないように
    周りからは見えてしまうんだ

    今もこうして遠回しに「助けて」を求める
    無駄だとしても、気づいて欲しくて

  • 名無し
    No.1031852
    [編集/削除]

    一生懸命”人間”らしく
    理性の鎧を身に纏い
    常識の槍を握りしめ

    平凡の称号を求め
    在り来たりに身をやつす

    才能も個性もあるいは欠陥も
    全部
    全部全部
    ”普通”の範囲にあり続けようとする

    出る杭打たれ 落ちる杭は捨てられる
    常識とは
    個性の集合よりも無個性の集合の方がお好みらしい

    闇を裂く灯台より量産品の蛍光灯
    一点特化の名店より機械製のチェーン店
    奇を衒ったスタイルより無難な黒のセットアップスーツ

    ”人間”とは知性を有する種族であると同時に
    いつしか
    一番つまらない種族のことを言うようになったらしい

  • フェンリル
    No.1035872
    [編集/削除]

    世界は残酷だけど、綺麗なところもある。
    だからこそ、ちゃん見つめて。そんな詩です。

    【空が綺麗と思えれば】

    コインを弾き飛ばし
    裏表で 今日を決めよう

    表なら ハッピー
    神様 ありがとう
    裏なら アンハッピー
    神様なんていない

    “こんなの 誰が決めた?”

    物事が上手く運んだ時だけ
    天に 都合のいい感謝を伝え
    祈りが届かなければ
    手のひらを返すように 天を呪う

    僕たちに 黒くて醜い心
    そして 白くて綺麗な心があるように
    神様もまた 万能ではなく
    清らかではないのかもしれない

    都合の良い時だけの 神頼みを止めるのは難しい
    ましてや 手を合わせて
    「いただきます」と 言うような
    毎日に感謝を告げるのは もっと難しい
    憎しみを向けることは容易いのに
    許し合うことは さらに 難しくさせる
    どれもこれも 困難で
    苦しめられるものばかりだけど…

    せめて
    この空だけは ちゃんと見つめて
    僕にも あなたにも 誰にでも
    黒い部分は存在する
    白くなくても いいじゃないか
    僕らはそんなに 綺麗じゃない
    世界もまた 天変地異で不安定

    全てを受け止められなくても
    認められなくても いいじゃないか
    僕らはそんなに 強くはない
    世界もまた 不完全でぎこちない

    せめて
    この空だけは ちゃんと見つめて
    認めてあげよう

    『綺麗だよ』って

    僕らに表情があるように
    世界にもまた 季節(ひょうじょう)がある
    生かすも殺すも 僕ら次第

    全てを光に変えることは出来ないけど
    悲しみの連鎖は和らげるはず

    ちゃんと見つめよう
    空が綺麗と思えれば
    愛せるはずだよ この世界

  • フェンリル
    No.1038268
    [編集/削除]

    平沢進さんの曲、最近知ったんですが…凄い曲ですね。
    素晴らしい曲だ! これが真の神曲って言うんだなって思いました!
    白虎野の娘という曲が好きです。映画パプリカの主題歌らしいです。
    映画見てないからよくわかりませんが、曲を聴いたところ、すごい映画なんだと思いました。
    聴いてると切なくなってきます。

    あの日や あの日に 超えてきた分岐が 目を覚ます
    白虎野の娘の詞の一部です。表現が素晴らしい。
    戦争によって国土を破壊されたベトナムの暗い歴史と復興を歌っているのか。
    こりゃ切なくなるわけだ。 歌詞がよくわかってない自分でも悲しくさせるのはすごいな。

    この人だいぶ年いってるな、もっと早くに出会えればよかったよ( ノД`)シクシク…
    つか、この人めちゃくちゃかっこいいんですけどぉぉお!!!( ゚Д゚)
    顔が、とかじゃなく、この人の生きざまが歌詞にで出てる気がする。
    アピールとかもしない、ほぼ棒立ちで歌ってるんだけど、どこからこんな声量がでるのか。
    また声が綺麗で泣かす( ノД`)皆聴いてほしい。

  • フェンリル
    No.1038336
    [編集/削除]

    花言葉はこのためにあるんだと思う。そんな詩です。

    【花言葉】

    花が見事に咲き誇る
    だけれどもろくも散ってゆく
    綺麗な姿が枯れてゆく
    何のための花なのか
    わからぬままに 散ってゆく…
    あっという間に 枯れてゆく…
    思い出そうか 花言葉
    愛する人に贈る花
    僕らは愛すためにいる

  • フェンリル
    No.1041127
    [編集/削除]

    いつも直感的に作ってます。
    平沢進さんの地球ネコ聴いてから気づいたんですが、壮大な物語になってました(;^_^A
    正直、自分でもよく分からず作ってます(*_*;
    上の【空が綺麗と思えれば】【花言葉】を混合させています。

    【神が愛する世界】

    僕たちに 黒くて醜い心
    そして 白くて綺麗な心があるように
    神様もまた 万能ではなく
    清らかではないのかもしれない

    だからこそ
    永久の命でなく
    限りある命が与えられた
    そこから生まれた愛を
    次の世にも「永久」に
    受け継いでほしかったのかも…
    だから僕らは愛し合う
    その果てにある僕らの「愛」の結末を
    神様は見届けたいのかもしれない

    僕らは 期待されている
    そうでなければ
    人類は存在しなかっただろう

    ちゃんと感じよう この太陽
    僕らを照らす この太陽
    陽が温かく照らすのは
    僕らが真っ直ぐ生きるため

    ちゃんと見上げよう この月を
    僕らを照らす この月を
    夜を優しく照らすのは
    泣いてる僕らを癒すため

    ちゃんと見つめよう
    この世界

    空に憧れ抱(いだ)くのは
    きっと疲れているからで
    陰る心があるからだ

    花が見事に咲き誇る
    だけれどもろくも散ってゆく
    綺麗な姿が枯れてゆく
    何のための花なのか
    わからぬままに 散ってゆく…
    あっという間に 枯れてゆく…
    思い出そうか 花言葉
    愛する人に贈る花
    僕らは愛すためにいる

    ちゃんと見つめよう この世界
    神も愛する この世界
    ちゃんと見つめよう 僕たちも
    僕らが生れた この世界
    この手は繋ぐためにある
    悲しみ断ち切るためであり
    仕合わせ結ぶためである
    認め合おうよ 僕達も
    きっと愛せるはずだから

  • 名無し
    No.1042850
    [編集/削除]

    【優しい子】

    「あの子は、精神的に弱いのだから優しくしないとダメだろ!」

    ………どうして?
    あの子は私の親友にリスカさせたの
    あの子は本来であればあの人が泣くべき場面をうばったの
    あの子は嘘をついたの

    ………ねぇ、どうして?

    学校に来ないあの子はたまに来たと思ったら、酷いことばっか。

    「前の学校でいじめられていたから学校に来れないの…」

    みんなの前ではそう言って、SNS上では

    「今の学校で一人ぼっちだから学校に来れない」

    先生に叱られ、SNS上で叩かれる私たち

    「精神安定剤を飲んでるから朝起きれなくて…」

    私たちが勉強を頑張っている午前中に上がっているTikTok

    ………どうして?

    みんなとてもあの子に優しかった、学校に来た日には居なかった時のノートを貸したり、学校行事がある際には手紙を書いて送ったり、みんなあの子と仲良くなりたいと思っていた……

    私の大切な友達の手首にリスカの跡、あの子に勧められて断りきれなかったって泣いたの…

    先生に言った、、先生ならあの子を叱ってくれると思った

    ……なのに

    現実なんて死ぬほど大っ嫌いだ!
    不登校だから?精神的に弱いから?
    それで全てが許されるのなら間違っている!!

    ……どうして?…どうして、全て許されるの?どうして僕らが怒られるの?……

    あの子が苦しんでいるのは分かる、
    けど、僕らも今苦しんでいるの……
    先生に僕らの声は届かなかった。

    私の席はあの子の隣
    だから、先生に言われるの
    「あの子と仲良くしなさい」

    ……どうして?
    もう、苦しいよ。あの子は私の大切な友達を傷つけたの。あの子の隣でもう笑えないの、苦しいの、頭が痛くて気持ち悪くなっちゃうの

    その声は誰にも届かない。
    私は元気な子、あの子はか弱い子。

    「優しくしてあげなさい」

    私の声はもう誰にも届かない

    ……………助けて…………

    ↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭↭

    これは、私の現在進行形な実話です。
    今はコロナウイルスで休校中ですが、コロナが終息すればいつも通りの生活が待っています。
    正直に言うと本当に辛いのですが、誰にも理解されないんですよね。

    本当に誰でもいいから助けて欲しい。

    でも、これを現状を何も分かってない大人に相談すると、私が酷い人だと怒られるんです。本当に可笑しくて馬鹿らしいですね。
    駄文失礼しました、愚痴っぽくなってしまいすみません。

  • フェンリル
    No.1043500
    [編集/削除]

    上の@名無しさん

    こんにちは、なんだか深刻そうですね…。
    自分も出来た人間ではありません。このようにずいぶん大層な詩を書いてますが…
    ただの趣味、もしくは理想や願望としてこのような詩を書いてます。
    自分はあまりコミュニケーションは得意ではないです。ない…ですけど…。
    少なくとも、詩の文中を読む限り、あなたは一人ではないんですよね?
    「私たちが勉強を頑張っている」「僕らも今苦しんでいる」と言ってるので、仲間がいるんですよね?
    あなたは一人ではないはずです。支えあえる人がいるはずだ。(間違ってたらすみません…)
    どんな手段でもいい(電話でもいい、メールでもいい)親しい人と話せばいいんじゃないですかね?
    もうそんな手段はとっくにやってると思いますが、内側にためたままだと苦しくなる一方です。
    たまに吐き出せる場を作ればいい。リアルでそれができそうにないのなら、ここでもいいです。
    何でもいいので、また気持ちを詩にしてぶつけてみてください。少しはすっきりすると思います。
    自分は、そういう意味でも詩にして表しています。自分のことになると、俺は自分がよく分からなくなる。

    なんの解決にもならないアドバイトですみません(-_-;)
    こちらこそ、長くなってすみません。

  • フェンリル
    No.1043557
    [編集/削除]

    【言葉は自我(エゴ)のためでなく】

    言葉は自分勝手なものだけど
    自我(エゴ)のためにあるんじゃない

    死ねは人を殺すためでなく
    あなたの危険を殺すためにある
    守るための言の葉

    馬鹿は侮辱するためでなく
    馬鹿みたいにあなたを
    心の底から笑わせるためにある
    相手(あなた)のための言の葉

    言葉は傷つけ合うためのものじゃない
    あなたと愛し合うための コミュニケーション

  • フェンリル
    No.1043574
    [編集/削除]

    平沢進さんの歌を聴いたせいで、哲学的になってしまいました(;^_^A
    上の「言葉は自我(エゴ)のためでなく」を推敲したものです。

    【語源調和】

    言葉は身勝手なものだけど
    我が物顔に振るうものではない

    死ねは人を殺すためでなく
    あなたの危険を殺すためにある

    馬鹿は侮辱するためでなく
    馬鹿みたいにあなたを
    心の底から笑わせるためにある

    睨み合いは協調性が失われるが
    見つめ合うだけで調律する

    公私混同してはいけない
    混合し合うための 語源調和

  • 藍色の桜
    No.1044030
    [編集/削除]

    【いつかは別れが】
    生きていて必ず別れは存在する
    別れ方なんて様々だ
    恋人からただの他人
    生と死の別れ
    引越しや転校などの移動
    いつかは訪れる
    その日が分からないだけで恐れることは無い
    別れの後には出会いもあるのだから
    でも、会えるのに会えないのは1番辛いものだ
    今の現状がそうだ
    会いたい人たちがいても会えない
    病気だったり事情があったりと
    現実は残酷だ、とても

    私だって、会いたい人がいるのに会えてなくて
    不安で怖くて仕方ないのだ
    でもそれは皆同じ
    会えない苦しみは同じなのだ
    自分だけなんてそんな贅沢はない
    みんな平等に、苦しさも悲しみも違えど
    同じ形の思いで悩んでいる
    だから、抱え込まないで
    いつか、きっと会えるから
    その日を信じて待とう

    ____________________
    自分の心情をおりまぜて書きました

  • フェンリル
    No.1046557
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    ちょっと切なくさせますが、元気の出る詩ですね

  • フェンリル
    No.1046593
    [編集/削除]

    コロナでたくさんの方が亡くなってます。
    その方にあてた追悼です。俺の祖父にも宛ててます。

    【レクイエム・エテルナム~鎮魂歌】

    刻一刻と磨り減る生(せい)
    保つ生命線は
    規則正しい点滴音で息をつなぐ

    淡々と示す数値が
    『零(ゼロ)』を告げた時
    迎えるのは天使か? 死神か?
    たもとを分かつは
    慈愛なる ほほえみ?
    無慈悲なる いざない?

    数多(あまた)の思念がつどう
    行き場のない御霊(みたま)
    還(かえ)ることができず
    その場に留まる憐れ亡き者に
    祈りを捧げよう

    あるべき場所へ還るがいい
    鎮魂歌で 禊祓(みそぎはら)え
    汚れなき魂よ やがては昇華するであろう

    淡紅(あわべに)咲く
    彼岸桜(ひがんざくら)と共に手向(たむ)ける
    レクイエム・エテルナム
    迷える者共を導きたもうれ
    どうか 永久の安息を━━……。

  • 藍色の桜
    No.1048427
    [編集/削除]

    【タイムリミットは既に始まってる】
    生きとし生けるもの平等にもう既に始まってる
    生まれた時から、「死」へのタイムリミット
    平等に皆あるけれど長さなんて違う
    産まれる前からある人もいる
    人より長い人だっている
    其の逆も然り、短い人もいれば
    突然タイムリミットが縮まって「死」が訪れることだってある
    残酷に、平等に皆にある
    時にそれは傷つけることもある
    普段通りに過ごしていても急に縮まっていく
    そんなことなんて誰も予想なんて出来ない
    未来は変えることもできる
    過去はもう変えられない
    過去があるから今があり、未来がある
    タイムリミットだって、何かで伸びたり縮んだりする
    怖がってしまってはいけない
    いつ来てもいいように、何があってもいいよう
    後悔のないなんてできるのは難しいけれど
    多少の悔いだってあったって良いじゃないか
    生きている限り避けられないのだから

    充実しようがしてなくてもそれでいいのだ
    価値観なんて違うのだから
    「死」へのタイムリミットが終わる日まで
    その時まで生き続けようか

  • 藍色の桜
    No.1048438
    [編集/削除]

    もうひとつ思いついたので書きます
    ____________________
    【爆弾】
    爆弾と聞くと爆発する危険な物
    火薬を詰めてタイマーで爆発したりする
    人の命や体を簡単に奪うもの
    それは物だけじゃない
    病気だって一種の爆弾
    ある人もいればない人もいる
    膝の痛みや心臓の病気、様々あるんだから
    病気とかなら、治療できるものはしても
    また再発なんて有り得るのだから
    諦めるなんてしたって変わりやしない
    向き合うか付き合うしかない
    でもね?抱えすぎは良くないよ
    悩みだって抱えすぎるとそれも爆弾
    1人で抱え込みすぎて解消できなくて
    それはいつか己の身を滅ぼす
    些細なことでも、周りが気づいて
    声をかけて、助けてあげて
    誰かの助けがその人にとって大きな救いになるのだから
    爆弾なんて、無くなることなんてない
    戦争でまだ残ってるところもある
    地雷のせいで傷ついている人がいる
    抱え込みすぎる悩みも
    病気や痛みだっていつかは爆弾となる
    わがままで、叶わないと知ってても
    いつか、無くなるといいな

  • フェンリル
    No.1055578
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    いつも素敵な詩をありがとうございます。
    藍色さんの詩、好きです。これからも良かったら載せて行ってください。
    _______________

    タイトル通りの詩です。

    【照し続ける毎日】

    ぼんやりとした 毎日
    つかみ損ねた 昨日を
    今日こそはと 淡い期待に焦がれて
    明日(あす)を馳せる

    走り出しに いつもつまずき
    転んだ昨日は いつになれば立ち上がれるの?

    問いかけど 答えられなくて
    そもそも 答えなど 持ち合わせてない

    掴めた明日(あす)は すぐに逃げて
    また 昨日を追い求める
    その昨日に溺れて
    そうして君はまた 今日を迎える

    昨日よりも 今日よりも 明日(あす)よりもと
    こつこつと積み上げた希望(ホープ)はやがて
    絶望的(デスペレート)に染まる

    黒く塗りつぶされた絶望的(デスペレート)な積み木を
    希望(ホープ)という光を照らし 浄化せよ

    今こそ 立向うべき
    はち切れそうなほどの
    膨らませた その想い
    声にならない想いならば
    具現化させちゃってもいい
    君の味方の騎士を作ろう
    右手には昨日の剣(つるぎ)
    左手には今日の剣

    陽が昇るのは
    君を置き去りにしているわけじゃない
    明日(あす)は誰かと馳せたいんだ
    だから昨日は君の背中を押す
    君と馳せたいんだ
    いつも君を見ている
    君は昨日を見つめたまま
    明日は待ちわびてる 君を
    君は拒んでる 明日を
    時が止まってくれないのは そういうことかな?
    少しだけでいいから
    明日も感じであげよう
    後は 一歩踏み出せば
    それだけで 掴み損ねた昨日も
    明日がちゃんと掴んでくれる

    さあ 消え失せろ 絶望
    昨日は君の味方だよ
    たから 明日へと背中を押す

    ほら こっちだ 希望
    明日は君の敵ではないよ
    だから 今日を見せる

    今だ! ぶった斬れ!!
    扉は開かれた

    ほら、どんな日だって照らしてくれてる
    君の傍にいてくれてる
    昨日も 今日も 明日も
    いつだって君の味方だ

  • 藍色の桜
    No.1055971
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    いえいえ、気まぐれで何となく書いてる拙いお目汚しに過ぎませんよ…フェンリルさんや他の方の方が素敵な詩を書いてますし…
    ありがとうございます、そう言って頂けると嬉しいです
    ____________________
    【募る想い】
    会えない日が続くとどうしても
    不安や寂しさ、会いたい気持ちばかり募る
    でもどこか諦めている自分もいる
    「このまま会えなくても仕方ない」
    「いつかは忘れらてしまう」
    そんな気持ちが頭の中で浮かんでしまう
    やらなくてはいけないことやSNSで誤魔化していても
    ふとした時や恋愛系を見ると思い出して
    胸を締め付ける
    その時に考えるのは会ったら何を話そう
    どうやって自分の気持ちを伝えようか
    考える度に募っていく想い
    どうか、忘れないで欲しい
    記憶の片隅でもいい、置いて欲しい
    なんて願ったっていつかは…
    そう思うと苦しくなってしまうから
    忘れてしまおう、その時が来るまで
    今日も会えるかな、会えないかな
    想いを寄せている人のことを占う乙女のように期待したり
    期待なんて、しない方が楽だよね
    失恋した時のようにネガティブになったり
    様々な想いを心に仕舞うの
    いつか、また会えたら
    私のこの想いを伝えるの

  • 未来人
    No.1056216
    [編集/削除]

    私達がどういう世界で暮らしているのか、少し話をしていこう。

    人はなんでも鵜呑みにする。まるで生まれたての赤子のように、疑うことも知らなくて。
    先生から教わったことに間違いなんて無いと信じて進む。
    間違ってても見て見ぬふり。
    誤りを正解へと歪ませてでも進んでく。

    一体だれが掛けてるんだろうね、私たちがこんなのになっちゃう魔法を。

    私は勿論この世界に愛を捧げてるよ。
    言われた時だけね。

    目も見えないし息も出来ない。私達にはどうしようもない。
    何も私達の生き方を変えられない。
    だって私達はいつも奪ってばかりだから。
    罪悪感も感じないで、ただ当たり前のことのように私達は奪ってる。

    嗚呼、私たちの住む世界は狂ってるよ。
    だれも気付いてやいないけど。

    信じられないよ、罪に染まってる奴らに私達は愛を捧げているんだから。

    未来は、得体の知れない狂気で作られてるんだ。
    いつだって愛を役立たずの歪んだ奴らに支配されてるの。
    嗚呼私達には何も聞こえない。
    歓声も歌も何もかも。

    今、私たちが住む世界は狂ってる。
    この生活は間違ってるよと窓から叫ぼう。

    なぁ知ってるか?
    誰かに作られた人間より悪いものは存在しないんだ。

    流され続ける愚かな人間より悪いものは存在しないんだ。
    ______________________________________

    出来心で書き綴った汚文です。

    正直ここに投稿するかかなり迷いました。

    あ、ご不快なら削除して下さって結構です。
    pass:1111

  • フェンリル
    No.1057961
    [編集/削除]

    @未来人さん
    詩、読みました。消すだなんて、そんなもったいない。
    自分の気持ちを書いてくださったのに、その気持ちを消すことはできません。
    俺も自分主観のネガティブものを書いたりしてますよ。
    ここに載せるのは、何でもいいんですよ。
    いい事書かなきゃいけないとか、そんな決まりはないので(;^_^A
    未来人さんが、思ったことを書いてくださればそれでいいんです。
    俺は、そういうのを読むのが好きです。

    俺の詩は、真面目過ぎるかもしれませんね(;^_^A すみません。
    自分の気持ちを書くよりも、相手に向けた詩の方が書きやすいんです。
    素敵な詩をありがとうございます。また良かったら気軽に書いてみてください。

  • フェンリル
    No.1058092
    [編集/削除]

    今回はちょっと趣向を変えました。
    だいぶ明るいものになってます。
    画像は、ゲーム、ダンガンロンパ1、2を予約した時についてきたキーホルダーです。
    おへそ押すとしゃべります。しゃべるんですけど…もう電池の寿命がないせいか.…
    カセットテープが伸びたような、ホラーのような声でしゃべりますw
    モノクマの方は、完全に電池切れてもうしゃべらなくなってしまいました( ノД`)シクシク…

    【天真爛漫(てんしんらんまん)】

    嗚呼 眠い 今 何時?
    A.M まだ7時前か

    大きなあくびをして
    寝ぼけながら リビングに向かう

    「ッ!!、…ッいててて」
    どうやら部屋に
    ダイブしちゃったみたい

    バカだね私 恥ずかしさを
    苦笑いでごまかそう

    今日は好きなゲームの発売日
    ウキウキ気分で
    電気屋さんに行ったら
    一日早かった…ツイてない…
    ま、いっか
    ついでに 予約しちゃおう!
    予約特典はなんと、
    しゃべるキーホルダー!
    やったね! ある意味ラッキー♪

    RANRAN! スキップで
    天真 RANMANに!

    ほら、君も明日(あす)を
    冒険するみたいに
    スマイルチェンジしよう☆

    ___________________

    実際経験した話ですw
    寝ぼけて、兄の部屋にダイブしたことあります(;^_^A
    どうでもいいけど、ちなみに、予約したゲームはダンガンロンパ(無印)

  • 未来人
    No.1058451
    [編集/削除]

    そういって頂けてとても有難く思います。
    ではお言葉に甘えてちょくちょく投稿させて貰いますね。

    ___________________________________
    私達はなんて酷い混乱の中に居るんだろう。

    出口も、それどころか右も左も前も後ろも見えやしない。
    スタートラインすら分からないのさ。

    嗚呼、罪に染まった奴らの呪縛から逃れられたらなぁ

    今や親達は子供を好きに選べる。肌の色も性格もなにもかも。
    まるでキャラクター設定だ。

    「それは自然な方法じゃない。」
    そうさアイツら昨日まではそう言ってたさ。
    「祈るぐらいしか出来ることが無い。」「新たな宗教を見つけるときだってのか。」
    「ああ馬鹿馬鹿しいよな。」
    「違う種族を一緒くたにするなんざ。」

    でももうそんなこと今では言わない。
    “ナニカ”あるんだよ。
    私達が教えてもらうべき未来にはさ。

    僕らが暮らす地下では音も聞こえない。
    現実なんざ得体のしれない狂気さ。
    お前のまやかしの現実なんて忘れろよ。

    こんなに悪い事なんて無いんだ。
    作られた人間以上にさ。

    あぁ、分かってるだろ?

  • 藍色の桜
    No.1059153
    [編集/削除]

    【愛情表現】
    私は愛情表現が下手だと思う
    彼氏とやっと会えて想いが溢れてしまった
    それを伝えて長くなってしまった
    その後、彼は反応しなくなった
    きっと気持ち悪かったんだろう
    愛情表現が気持ち悪くて重くて
    そうなんだろうと思って諦めてる私と
    本当は寝落ちか回線悪くなったのかな…
    なんて思ってる私がいる
    どちらにせよ、もう伝えることは無いだろう
    いくら好きでも愛していても
    こんな私の愛情表現を、愛を
    受け止めるなんてやはりできないんだろう
    歪んでしまった、重くなってしまった
    愛され方を、優しくされ方を分からない
    こんな醜く汚い穢れた私の愛は
    誰にも受け止めれない
    そう思う私と思いたくない私もいる
    愛情表現なんて人それぞれでしょう?
    下手でも、重くても歪んでいてもいい
    愛してくれるのならそれで良かった
    好きでいてくれるならそれで良かった
    返答して同じだということが分かれば良い
    ただそれだけなんだ

    愛情表現が下手でも愛されたい
    なんて望んでもいいのかな?
    ただ単に愛されていたかった
    ただそれだけなんだ

  • フェンリル
    No.1060126
    [編集/削除]

    平沢さんの金星聴いてたら思いつきました。
    金星が地球に想いを届ける、そんな詩になってます。

    【金星列車】

    日没後、西の空に姿を見せる
    宵(よい)の明星(みょうじょう)
    地球にも似た兄弟の惑星
    その星は常に太陽の近くを回っており
    地球のすぐ内側にも存在している
    夕方に姿を見せ、一際明るく輝く金星

    夜の帳(とばり)が下りる前に届けたい
    始発地点は金星(ビーナス)
    届け先は地球(アース)
    (あま)かける天馬のよう
    想いを乗せた列車が発車

    地球に泣いている人がいる
    想いを届けなくちゃ
    そのためのビーナス

    天は 想いが集う場所
    空は 想いを運ぶ場所
    過ぎ去った 時間や思い出が褪(あ)せぬようにと…
    この列車は そんな天空を走ります

    回収して 届けるのです
    忘れさられた絵本
    その中には夢がいっぱい詰まっていたはずです
    良(よ)い事も 悪い事も
    たくさん教えてくれた絵本

    きれいなものほど 汚れてしまうのならば…
    いらない いらないのに…
    でも、この沸き起こる罪悪感は なに?
    悔やんでしまうのは なぜ?

    始まりは透き通るほど純真なのに
    どうして気づいた時ほど 汚(けが)れてしまうのか
    僕達のこの心…

    色落ちぬよう
    大切に保管していた憧れの品
    傷んでしまうのならば
    いらない…いらないのに
    でも、この沸き起こる違和感は なに?
    惜しんでしまうのは なぜ?

    置き去りにされた写真も 白黒で 色がない
    それでも写真の中だけは鮮やか
    大切なものだったのに
    どうして 手放すほど 苦しめられてしまうのか
    僕達のこの心…

    天(あま)駆ける列車は
    金星(ビーナス)が沈む前に
    地球(アース)まで運ぶのです

    「この私物はあなた
    あなたが作った忘れ物
    届けに参りました」と…

    そんな人とは呼べない
    それでも人と呼べる想いが詰まった列車は
    忘れた頃に… 忘れた日々の 忘れ物を
    宵の明星と共に 告げ知らせるのです

    また思い出した
    そういえばあの星は…
    明けの明星とも呼ばれていた

    明け方、見上げれば
    忘れてたあの頃の星が
    東の空で僕達を見守っていた

  • フェンリル
    No.1062490
    [編集/削除]

    一生懸命は頑張った人にだけ見えてくる、そんな詩です。
    僕は…(´ε`;)ウーン…w

    【一生の痕跡と懸命の証】

    私たちの歩む道は不確かだ
    どうしてもひとりでは歩けそうにない…
    翼でも生えれば
    満足に飛べるとでも言うのだろうか
    それだと本末転倒だ
    なんのための足なのか
    重要な何かを見落としてるんだ

    包み込むような想いと
    圧縮するような想いとに挟まれ
    呼吸が止まりそう

    一生懸命決めた
    迷いのない道のはずなのに
    どうして 振り返ると
    この道のりは迷路のように
    変わってしまうのだろう
    そして現在地も見失う
    それでも道標は残されてる
    それが「一生」の痕跡なのだろう


    だから私たちは肩を借りるのか
    この足でも歩けるけど
    長距離では君が疲れてしまうから
    寄りかかり 君との距離を縮める
    このための足だったんだ

    だから私たちは支え合うのか
    目を見て 手を握ることにより
    今まで堪えてきた
    悲しみの涙を君から無くすためだ
    このための 包み込むような想いだったんだ
    圧縮するような想いも
    分かち合うためだったんだ
    これらは呼吸を繋ぐためだ

    だから私たちは寄り添うんだ
    一生懸命 決めたはずの迷いのない道
    振り返ると 迷路のような道のりに 変わってしまっていたとしても
    そこには 道標は残されていたはず
    「一生」の痕跡もあったよね
    それは 誰かと寄り添うだけで
    確かな庭園に変わり 「懸命」の証になる
    こうして辿ってきた道のりの全てが
    「一生懸命」になるんだよ

    だから もっと自分の道のりに
    自信持って 胸張って 誇ってあげようよ

  • フェンリル
    No.1071182
    [編集/削除]

    すごい暗いです。すみません…。
    たまにはこういうのも書きたくなります…。今日はそんな気分。
    早く忘れたいね…。

    【精神乖離(かいり)】

    形ある物質なら 処理することは可能だ
    例えば 用紙ならば
    ビリビリに裂(さ)いてしまえばいい
    もしくは シュレッダーにかけ 細かく破砕(はさい)…
    後は 綺麗に焼却処分される

    だけど 処分しきれないものなら どうすべきか…

    忘れたくとも
    忘れられぬ記憶、とか
    忘れたくとも
    忘れさせてくれぬ想い、とか

    切り離しても
    戻って来てしまう心と似ている
    肉体と心は分散できない
    器に中身がなければ ただの着ぐるみだ

    それでもこの肉体に宿る心と言うものは厄介なもので
    乖離(かいり)処理を実行しようとしてる
    破壊の衝動の方が圧倒的に質量が高い

    だけど ちょっと待て、と
    心の奥底に宿る良心が呟く
    わずかな熱量なのに
    衝動を抑え込むだけの 説得力は持ち合わせている

    分散させた方が楽なのは確かだ
    良心など握り潰せ
    こんなものはただの枷(かせ)にすぎぬ
    ちっぽけな留め金だ 外してしまえ

    肉体と心など簡単に引き裂ける
    形のないものほど脆いものはない
    形のないものほど
    壊れやすいものはないってこと 有言実行させよう
    この身に刻み込め
    思い出に苦しめられぬように

    衝動に背中を押してもらおう
    善悪を違(たが)えればいい
    それが今の「正義」だ

    愛した人…だった…?
    アイしてくれてた…のかな?
    元は…交わし合った…ココロ
    一つに…混じり合えた…のか………???

    あぁ…ほら…
    もうワカラナイ
    君も僕も目が合わないウツロ
    渦の中に引きずりこまれてることすら わからない

    ああッ…嗚呼……アア………
    ワカラナイ、ワカラナイ
    ボクらは精神乖離(あかのたにん)

  • 空を飛んだトリトドン
    No.1071367
    [編集/削除]

    嗚呼まるで時代を遡ったみたいだ。
    個性という杭が少しでれば叩かれる。平等主義と言えば聞こえは良いけど
    結局は異質を認めない閉鎖主義。

    神国神風万歳突撃
    結局あの頃と変わってないのさ。
    変えることなんてできやしないさ。
    そう生まれついてしまってるのだから。

    みんな平等に行きましょう。並んで一等賞。
    働けぬ人への救済と銘打ち働き人から搾取する。

    嗚呼なんてくそったれた世界だ。
    皆で一等賞だ?反吐が出る。少し何かが突出してればよってたかってそれを叩く。
    声を上げれば叩かれる。流れに逆らえば叩かれる。
    下に居ればどうなるかって?踏み潰されるのがオチさ。

    頭の凝り固まった奴等が上に居て
    柔軟な頭を持つ奴は叩かれる。
    才の無い奴は踏み潰される。

    「この世界で平和に生きたけりゃ自分を捨てろ。」
    アイツはそう言った。
    俺が住むのはこんな世界。

  • フェンリル
    No.1074277
    [編集/削除]

    @空を飛んだトリトドンさん
    表現がすごいですね。素敵な詩をありがとうございました。

    【カケラの鍵】

    咲き匂う 散りゆく花びら
    少しでも長く保(も)たせたい
    枯らすことだけは させたくない
    花は咲くために生まれた

    翼がほしいとは言わないさ
    せめてあの時 離してしまった君の手だけは掴ませて
    時 戻れぬとも 戻せぬとも
    君から失われた 愛する心だけは 戻したい

    人を愛すことは 悲しいことだけじゃない
    儚くとも 切なくとも
    その先に別れが待っているのだとしても
    この気持ちは 繋いでくれたもののはず
    俺たちを 繋いでくれたもののはず

    続いていく 一期一会
    暇乞(いとまご)い 途絶えるものじゃ ないはずさ
    出逢いは 悲しむためじゃないように
    君との道は離れても 途絶えるための出会いじゃない
    君との出会いで繋ぐため
    それぞれの道を繋ぐため

    終わらせたのは俺だけど…
    おこがましい身勝手な願い…
    それでも…頼む。
    愛する気持ち 忘れないでよ

    振り返ってもいいよ
    だけど 笑顔を向けてくれないか?
    涙はもう 流さぬように

    誰かが歌ってた
    「僕たちの瞳は 笑顔を映すためにあり
    幸せを 互いに送るため」だと
    だから俺達も合図を送ろう
    「君の道から 俺の道が見えたら
    手を振って大声で知らせてよ
    そしたらさ
    こちら側からも手を振って合図を送る」
    これも誰かの受け売りだけど
    幸せの確認みたいで 素敵じゃないか

    最後に この欠けた鍵 君に返すよ
    君が落とした想いの発現
    あの時言えなかった想い
    あの時置き換えられなかった想いが
    すべて この鍵に集約されてる
    君の大事なヒトカケだ

    恐れず 受け取って
    次の「ヒトカケラ」へと繋いで
    そうやって 一つ一つ カケラの鍵を集めていけば
    いずれ幸せになる鍵が 出来上がるはずだよ きっと
    君に 幸あれ

  • フェンリル
    No.1082276
    [編集/削除]

    皆さんの絵を眺めていたら自分もまた絵を上げたくなってきました。
    ちょくちょく上げていこうかな。
    ということで、中学時代に描いた、抽象的なバラです。直線だけで描くのがコンセプトで、それだけで描いてます。アクリル絵の具を使用。
    __________________

    【溶けて解けて】

    私たちの歩みは違う
    だけど小幅を合わす事は叶う

    私たちの心(こどう)は違う
    だからこそ
    その心(こどう)で感動を与えられる

    私たちの想いは不確かだ
    儚いがゆえに もろい
    だけど そのもろさが何よりも
    温かい色を帯びているんだ
    励みに変わる色になるんだよ

    無理して笑わないで泣いて
    それだけで張り付いた闇は溶け
    そして溶ける頃に 心も解けるよ

  • フェンリル
    No.1092607
    [編集/削除]

    昨日は最悪な日だったな。
    もう注目浴びすぎ。目立つのは嫌なのに…
    当分向こうにはいけそうにないな…。
    ここは結構いいところだよね。たまになんか起こるけど。
    やっぱ俺にはこっちの方があってるな。

  • フェンリル
    No.1098230
    [編集/削除]

    人と接するのって、ちょいと疲れますな…。
    あんまり深く突っ込まない方がいいと知った、今日この頃の俺である…。

    あるサイトのイラストコンテストに載せようと思っている絵です。
    自分的には綺麗に描けたつもりです。
    ここの皆様と比べると、まだまだですけどね(;'∀')

  • フェンリル
    No.1114551
    [編集/削除]

    今回は、絵付きです。詩というよりもちょっとしたお話になってます。
    赤い服、塗るの疲れました…。色鉛筆を使用。
    これだけで半分芯がお亡くなりました…w

    【ちっちゃなバッチ】
     
    僕の左胸には、なんでか、ちっちゃなバッチがある。
    バッチなのに痛いんだ。
    いつも痛いわけじゃないんだけど。
    人と話したりしたり、誰かが悲しんだり、嫌なことがあったりすると、
    このバッチがある所が痛むんだ。ズキズキって…。

    「なんでこんな物があるの? 痛いよ。苦しいよ。」

    だけど「外さないで。」と、 僕のそばで小人さんが言う。
    「どうして?」って聞くとね…。

    「そのちっちゃなバッチは、君を守ってくれてるんだよ。」って
    小人さんは、おかしな事を言い出した。

    「そんなの嘘だ!
    このバッチのせいで痛いもん。
    どこが守ってるんだよ。
    こんなのいらない! 外してやる!」

    そして僕は、そのちっちゃなバッチを外そうとした。

    だけど、小人さんは、僕の腕にしがみついて
    「外しちゃダメだ!」と、大声で言うんだよ。

    「どうしてだよ!」って僕も大声で言った。

    そしたら小人さんは、こんなことを言った。

    「そのバッチを外すと、たくさんの気持ちが消えちゃう。
    そしたら、たくさんの優しい君もいなくなっちゃう。
    そのバッチがあるから、優しい君でいられる。
    そんな君を守ってるんだ。

    勇気づける君もいなくなっちゃう…。
    悲しみを分かってくれる君もいなくなっちゃう…。
    バッチがあって、痛みを感じる君だからこそ、涙を流せるし、笑え合えたりもする。
    そんな君だから助けられる人もいるし、助けたいと思う人もいるんだよ。
    だからね、痛くてもそのままにしていてよ。」

    「うん、わかった…。
    痛いのは嫌だけど…泣いてる人に気づけないのはもっと嫌だ!
    みんな笑っててほしいもんね!」

    「約束だよ。外さないでいてね。」

    僕の中にもそれがあるんだと思うと、
    なんだかこのバッチがヒーローのようなかっこいい物に思えた。
    ちっちゃなバッチなのにすごいバッチだったんだね。

  • 藍色の桜
    No.1117420
    [編集/削除]

    とあるディズニーのゲームにハマって最近思うことへの思いを書きます

    【ゲーム…だよね?】
    最初は興味なくて素通りしてた
    でも色々なゲームをして飽きて
    少し気になってたゲームを入れた
    最初のキャラを選ぶところで迷った
    赤い寮にしたけれど紫も迷ってた
    どれも素敵でかっこよかった
    進めてみると楽しくて
    イラストも素敵でハズレがなくて
    最初の章を終えてのOPをみてハマった
    かっこよくて進めたくて
    もっと知りたくてイラスト見たり
    話を聞いててどんどんハマっていった

    いつしか、海の寮にハマっていった
    そして1人のキャラを気に入って欲しくなった
    頑張って石を貯めてガチャを引いた
    やっとの事で来てくれて嬉しかった
    ホームに設定して楽しんでた
    でも、進めていくと気に入っていたキャラが
    闇堕ちするのを聞いて見たくなくなくて
    その章とホームに置いてるのは同じでも違う
    苦しくなるから最初のキャラに変えた

    そのあとから変わっていった
    自分の意志とは関係なく
    キャラの名前や魔法の名前が出てくる
    そしてそのキャラが闇堕ちした
    見たくなくて悲しくて泣いた
    泣きながら負けたのでレベル上げて挑んだ
    勝って安堵した
    それでも魔法の名前は出てくるから
    変えたら無くなった

    でも、やたらとお気に入りのキャラの視線を感じる
    ゲームなのに、2次元なのに
    たまに怖くなる、見られるのは嫌い
    イラストでたまに見かけるのは
    キャラが此方(現実)に来たりするもの
    有り得ないと思ってても
    いつかありそうで怖い
    イラストからも視線や目が合う気がする
    ゲームだから絶対有り得ない
    そう思いながら今日も行く

  • フェンリル
    No.1123676
    [編集/削除]

    どっかで使っているアイコン。
    風磨のアイコン。風とマを合わせました。

  • フェンリル
    No.1161565
    [編集/削除]

    なんか適当に絵を。

  • フェンリル
    No.1190145
    [編集/削除]

    お久しぶりです。
    _________________________

    【言霊(ことだま)】

    言葉には不思議な力が込められている
    嘘ではない きちんと 一つ一つに
    言霊(ことだま)が宿されている

    死ねは人を殺すためでなく
    あなたの危険を殺すためにある
    躱(かわ)すための言霊

    馬鹿は侮辱するためでなく
    馬鹿みたいにあなたを
    心の底から笑わせるためにある
    交わすための言霊

    人を呪わば穴二つ
    人は一代、名は末代(まつだい)
    災い転じて福となす

    憎めば言霊は呪詛と化すが
    想えば言霊は守護と化す

  • フェンリル
    No.1199170
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    返信おくれてすみません(;^_^A
    なんとなくわかる気がします。
    ゲームのキャラに感情移入しちゃいますよね。
    好きなキャラなら、なおさら

  • フェンリル
    No.1199183
    [編集/削除]

    誰かと付き合ってた時。懐かしい。

    【愛、解き放つ】

    疲れた体を ベットに預けて
    寒いくらいに冷房をかける
    何かを忘れるように 凍結させた部屋
    閉め切った空間は 名残を捨て切れずにいる証か

    隣りにいるはずだった
    君の温もり 抱き締めて
    瞳を閉じる

    ちょうどあの日も
    これくらい暑い 夏の日だった

    君からもらったネックレス
    手放してたのは 忘れるため
    俺から別れを告げたようなものだったのに
    なぜだか 胸がチクリと痛みだす

    痛みから逃れたくて
    ネックレスを田畑に投げ捨てた
    すると ますます胸は苦しくなって
    捨てた事を後悔した

    チリヂリに切られた写真
    こんなにボロボロにしたのに
    それでも 思い出は 汚(けが)れずにいるようで
    でも 心は 写真のように ボロボロだ

    遠い日々の思い出
    君の歌声だけは 確かに刻まれてた
    愛の唄 歌ってくれて
    すごく上手だった事 覚えてる
    すごく聴き惚れた事も覚えてる

    『I love you』

    今じゃ 苦痛だけのノイズ
    愛なんてもの 知るんじゃなかった
    愛なんてもの 貰うんじゃなかった
    愛なんて… 愛なんてものは
    なんて酷く 優しく 悲しいのだ


    そろそろ 惜しむのも終りにして
    次の温もりを探しに行こう

    閉め切った空間を開いて
    傷んだ愛を 今 解き放つ
    今まで 縛りつけてて ごめんね
    『もう 君は自由だ』

    出来れば次こそは
    愛をちゃんと知れたらいいな

    だから さよなら…
    そして ありがとう

    愛してるよ
    いや…"愛してた…"

  • おかゆ
    No.1204918
    [編集/削除]

    こんにちは
    はじめまして~いつもフェンリルさんの詩、見させてもらってます!
    すっごい…好きです…連の区切り方とか、表現の仕方とか…
    これからも見させていただきます~
    乱入すみませんm(__)m

  • おかゆ
    No.1204922
    [編集/削除]

    少し載せます…アドバイスとかいただければ!

    [明けない夜]
    明けない夜が好きです
    いつまでも続く夜空に
    自分で作った星座表
    ちりばめられた金平糖を眺めていると
    流れ星が
    夜空を駆ける

    もし
    光の見えない暗闇に
    あなたはいるのであれば
    手探りで誰かを探さなくていいから
    不安になって涙を流さなくていいから

    手のひらに置いたコンパス
    N極がいつも指し示すのは
    北でも南でも、
    西でも東でもなく、
    此処です

    あなたに星の光が見えないのは
    進むべき道を見失ったからでも
    行くべき場所を見失ったからでもなく
    ただ

    自分の中にある目的地を見失っただけ

    暗闇を開く扉の鍵も
    星を見るための合言葉も知っているのに

    開けてみてください
    あなたしか持っていない鍵で
    星を灯してみて下さい
    あなたしか知らない合言葉で

    自分だけの星座が光を灯す
    明けない夜に

  • フェンリル
    No.1205347
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    初めまして、こんにちは。
    見てくださってたんですね?
    とっても嬉しいです。ありがとうございます。( *´艸`)
    詩も素敵でした。星にたとえた表現がいいですね。
    自分もよく使います。

    詩のアドバイスですか?
    アドバイスになるかわかりませんが…。
    俺のは、ちょっと言葉を綺麗に並べただけの駄作ですね(;^_^A
    自分の気持ちをストレートにぶつければいいと思いますよ。
    俺はそういうのが苦手で、いつも言葉でごまかしてしまいます。
    同じ言葉を繰り返し使うことが多いですね。
    歌を聴いて、思いつくことも多いです。

    接続詞を変えるだけで、だいぶ雰囲気変わります。
    たとえば、「けど」を「けれども」とか。
    「でも」を「それでも」にしたり。強調したい時に使ってます。
    「」とか…とかも。 記号とかもよく使ってます。
    これは、言葉にできないときとかに使ってます。
    一度詩が出来上がったら、より洗礼された言葉に変換するのもいいですよ。
    たとえば、「簡単」を「容易い」にしたり。それだけで、なんかいい感じになったりしますw

    なんか偉そうなこと言ってたらすみません(・_・;)

  • フェンリル
    No.1205386
    [編集/削除]

    【失って得たもの】

    強く願った 強く誓った
    それで得たものは わずかに過ぎない
    失ったものの方が多い
    それでも 構いはしない
    信じたかった ただそれだけ…

    なんのメリットも得ないのに?

    メリットが どうとか
    傷つくのが どうとか
    『キレイ事は止めて』
    『真実』と向き合わないと…

    崩れ落ちてしまいそうな自分を
    失ったもの
    失ってしまいそうなもので繋ぎ
    自分を守ってた

    無理矢理さびた鎖を繋ぎ合わせる
    ちぎれて…ちぎれて弾く…
    また繋ぎ合わせる
    繰り返してきた

    得たものは なんだったろう?
    "失ったものが多すぎてわからない…"

    何かの拍子で また君は
    得るもの 失うもの
    ヒョットしてあるかも

    相手を信じる事は
    自分を信じる事に繋がる

    だから

    崩れ落ちでしまいそうな自分を
    『それで』救って手をさしのべて
    きっと 迷子の君と
    今のあなたは繋がるだろうから

    もう 信じないなんて
    そんな悲しいこと言わないで
    もう 無理矢理繋ぎ合わせるのもやめて
    今にも消えてしまいそう…
    苦しいだけのもの…
    記憶の悲鳴もきこえてくる

    君が今 得たものと
    君が今 失ったもの
    今ならまだ間に合う
    だから 繋ぎ合わせてみよう?

    一度だけでいい
    あなた自身を信じて下さい

    そしたら 千切れた欠片が悲鳴ではなく
    微傷(びしょう)に変る

    全ては 救えないけど
    失ったもの 取り戻せないけど
    完治は 出来ないけど…
    少なくとも 悲鳴は微傷に変るから

    微傷をまた 得たものと
    失ってしまいそうなもので繋ぎ合わせて

    こんどは…

    『微傷』が『微笑』に変る

  • おかゆ
    No.1205451
    [編集/削除]

    いえいえ…アドバイス頂けて光栄です!w
    次回以降試してみます(^^ゞたしかに、接続詞だけでずいぶん変わりますね。
    またまた素敵な詩で…
    一つだけ私からも失礼ながら…フェンリルさんが、言葉を綺麗に並べた駄作、と言っても、受け取る側は受け取れるんですよ。その中にあるものw私は紡ぎだせない心の声を、フェンリルさんに代弁して頂いているような気になります…あぁ、こういうことだったんだな、と言葉を見るとハッキリします。たとえ綺麗に言葉を並べただけだと思っても、それができること、相手に何かを感じさせる詩を作れる、というのは素敵ですよ!

  • フェンリル
    No.1205537
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    なんか照れますね(n*´ω`*n)
    こちらこそ光栄です。ありがとうございます。
    なんか、書いてるうちに、いつのまにか客観的になっちゃうんですよ。
    文字を推敲しないとすごい酷いものになるんで…直接書き込んでる物は、少ないですね(・_・;)
    密かに、誰かに届けばいいなと思って、書いてる節もあります。
    というか、そっちの方が大きいかもですw

  • おかゆ
    No.1205628
    [編集/削除]

    (´・ω・))))コクコク
    届いてますよ!w

  • フェンリル
    No.1207424
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    ありがとうございます! ありがとうございます。
    今、チュッパチャプスをいただきましたw(ミルクボーイ)

    最近は、ネタ切れであまり載せてませんが
    また書いていくので、よろしくお願いいたしますね(。-人-。)

  • フェンリル
    No.1207610
    [編集/削除]

    人生を、走馬灯にたとえてます。
    フェイトの、ネロ・クラウディウスの法具をモチーフにもしてます。
    ついでに絵も。前に載せた【悪魔の追憶箱】に登場した、悪魔を描きました。

    【醜(みにく)やかにも美しき】

    醜い思考も きれいな光景も
    誰かを憎むことも 誰かを守ることも
    どんなに苦しい道も どんなに辛い道も
    最後には 美しい景色に変わるから

    それが 人生だろう

    だから うつむくな!!
    誇らしく 高らかに 声を上げろ
    花のように 綺麗に舞えなくてもよいではないか
    無様に生きたから
    汚れた格好になるまで進めたから
    君の魂は誰よりも なによりも輝いている
    生きた走馬灯を見せてみよ!

  • おかゆ
    No.1207914
    [編集/削除]

    絵もお上手で…すごいですw
    もちろん、見させていただきます~!
    すごい、勇気をもらえる詩ですね~
    走馬灯、という言葉のニュアンスも好きですし、たとえが綺麗ですw

  • おかゆ
    No.1210544
    [編集/削除]

    ちょっと上げますw
    昨日夜の暇な時間に書いて少し修正しただけなので…出来は良くないですがw
    私、ときどき鬱、というか、自問自答する日があるんですよね。月一くらいのペースでw
    その時の儚さというか…そんな感じのものを言葉に表したくて。
    儚さの温もり、というのは、消えてゆきそうなものの温もり((そのままじゃないかい…
    ただ、儚さとは違う気がして。ただただ淡いのではなく、温もりを感じられる儚さです。

    【儚さの温もりと】
    暗闇の中に
    ポッと灯った明りを
    ボンヤリ眺めて
    ただ 唯
    何かに縋っていたくて
    でも 伸ばした手の先で
    明りは虚しく虚空に去った
    空を泳ぐ手に残ったのは
    儚さの温もりだけ

    再び訪れた闇の塹壕に
    浮かんでくる疑問の破片を
    かき集めて
    ただ 唯
    答えを見つけたくて
    でも 探した答えの先で
    輝きは虚しく碧海へと沈んだ
    すくいあげた手に残ったのは
    指の隙間から零れ落ちてゆく
    答えの抜け殻

    縋ろうとすればするほど
    明りは去って行って
    追えば追うほど
    答えは見つからなくて
    残された儚さの温もりと
    答えの残骸だけを手のひらにのせて

    立ち上がった一歩は 確かにブレたけれど
    砂浜を踏みしめた足に
    『儚さ』と『儚さの温もり』の違いを
    確かに感じて

    縋れるものを見つけることを やめようとは思わないし
    答えを探すことを 諦めようとも思わない
    見つからない答えなんて ない筈だから
    たとえ 自己満足な答えになったとしても
    縋ることができるものだとしたら 探していたものだったのなら

    『信じて』

    今度は明りを全身で追ってみる
    伸ばした手を 強く 握りしめて歩みを進めてみる
    手を伸ばして 去ってゆくのなら
    いつの間にか 明りを通り越して 明りが追いかけてくるのを待てばいい

    今度は探す方法を変えてみる
    すくいあげた手を両手で軽く包み込んでみる
    探しても 探しても 見つからないのなら
    答えの抜け殻を縫い合わせてみればいい

    時間がかかるかもしれないけど
    求めるものが其処にあるのなら
    求めるものにたどり着けるなら

    私は歩みを進める
    『儚さの温もり』を感じた心を抱いて

  • フェンリル
    No.1211324
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    返信遅れてすみません。
    ちょい土日は、仕事であまり来れなくて(-_-;)
    時間ちょっと空いたので来てみました。
    また、余裕なときに、ちゃんとした返信いたします。

  • 藍色の桜
    No.1211540
    [編集/削除]

    久しぶりに詩を書きます…
    最近思うことだったりを…
    内容的に死の表現があります、ご注意を
    ____________________
    【自らの手で命を絶つな】
    「自.殺をするとそこに留まり続けることになる」
    そんな言葉があるが本当だと思う
    生きてとるから終わりがある
    だがその終わりの先には何がある?
    普通の場合なら終わりの次には始まり
    始まりの次には終わりがある
    そのサイクルを自らの手で壊すのか?
    それは己自身を苦しめることになる
    始まりがない終わりの世界は虚無
    終わりがない、誰にも見つけて貰えない
    そんな残酷な運命より
    必死に生きて挫折し折れたりする
    だが、また前に向けること
    誰かがそばにいるのがいいのだ
    誰もが「自分は1人だ」という
    本当の孤独は誰にも助けて貰えず見て貰えないことだ

    何があっても逃げるなとは言わない
    逃げたって構わない
    誰しも弱さはあるのだから
    その弱さを乗り越えて強くする
    少しづつやって行けばいい
    焦らずゆっくりと
    だから、自ら命を絶つことはするな
    自分を死んでもなお苦しめたくなければな

  • おかゆ
    No.1212134
    [編集/削除]

    @フェンリルさん  
    大丈夫です~wお返事お待ちしてます(^^ゞ

    @藍色の桜さん
    ものすごくなるほどと思いました…((小学生の感想かい
    孤独、って誰にも助けてもらえず見てもらえないこと、ものすごく共感しました(´・ω・))))コクコク
    今まで孤独、という言葉を聞いてきましたが、別に寂しいと思うものではないと
    自分なりに理解していました。でも、実際どんなものかは掴めていなかったので。

  • 藍色の桜
    No.1212258
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    まぁ……僕とかの考えですがね…

  • おかゆ
    No.1212604
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    私の心にもしっくりくる考えでしたのでw

  • 藍色の桜
    No.1212692
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    そう言って頂けるなんて…ありがとうございます!

  • おかゆ
    No.1213188
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    いえいえw
    藍色の桜さんの詩も、すごく好きで。いつも見させて頂いてました(´ω`*)

  • 藍色の桜
    No.1213248
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    ありがとうございます!

  • 藍色の桜
    No.1213265
    [編集/削除]

    唐突に思いついたので書きます
    ____________________
    【独占欲と物欲】
    独占欲は独り占めしたくなる
    その物やその人だけを自分のものにしたい
    そんな気持ちが出てきてしまう

    物欲は欲しくなる
    欲しいキャラやグッツ、物や服
    人それぞれの違いはあれども
    自分の手元に置いておきたくなる

    似てるようで違う
    独占欲と物欲
    何故、欲する
    何故、欲しがる
    何故、欲を持つのか
    分からないことばかり
    そんなのが人間
    愛おしくも憎らしい
    愛憎渦巻くもの

    行き過ぎた欲は危険なもの
    程よく欲を持つべき
    独占欲が強すぎると傷つけてしまう
    物欲が強すぎると来なかったりなかったりする
    それか、金だけ費やしてしまう
    どちらにせよ恐ろしいものだ
    だがそれでも欲しがる

    時々理解ができない時があるが
    自分に置き換えてみると同じだ
    みな同じなのだ
    手元に置いておいて安心感が欲しいだけ

    今日も安心感を求めて欲しがる

  • フェンリル
    No.1213703
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    お久しぶりです。
    後日、改めて返信します。
    ____________________

    ちょい時間空いたので、俺も載せます。
    最近暑くなってきたので、こんな詩を…。
    なんかだいぶ、メルヘンチックだけど、まあ、気にしないでくださいw

    【零れ落ちたアイス】

    毎日食べてるアイス
    決まった味のチョコレート
    別に そこまで欲しいワケじゃない
    欲しいのは きっと

    カップに伝うのは雫
    熱に溶かされる氷
    手元に伝うは冷たい雫
    熱で冷えるは思考
    床に落ちぬようそっと拭った

    誰も取りはしないのに
    そんなに急いで食べなくてもいいんじゃない?
    でも 落ちてしまいそう
    カップに伝う雫が
    今にも 落ちてしまいそう

    こぼれ落ちてしまいそうなんだ…
    「サミシイ…カナシイ…」って
    嗚呼、落ちてしまったんだ。

    アイスごと、君に。
    愛すこと、君を。

  • フェンリル
    No.1214422
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    勇気、ですか?恐れ多い言葉です(*_*;
    ここに載せている詩は、理想、もしくは、願望ですね。
    ほとんど叶わないでしょうが。

    @藍色の桜さん
    改めて、お久しぶりです。
    二つも載せてくださって、ありがとうございます。
    自分も【自らの手で命を絶つな】の方、すごく共感できます。
    あるアニメで、こう言ってました。
    大勢でいる人よりも、孤独でいる人が人間らしいよ。と。

  • フェンリル
    No.1214430
    [編集/削除]

    ゴミは、元は、なんだったのか?
    価値がないからゴミになったのか…?
    そうじゃないはず。 じゃあ、なんなのか?
    それを追求していくと、このような考えに行き着きました。
    あくまでもこれは、俺の考察です。
    最後にだけ、終止符「。」が打たれています。
    これは、「最期はあなたの手で、きちんと捨ててあげて」という意味が含まれています。
    なんか論文みたいだな…w
    __________________

    【リサイクル病院】

    ゴミにもきちんとお墓はあるよ
    ゴミ箱がお墓です

    価値がないから ゴミになったんじゃない

    ゴミの前は 「君」は ゴミではなかったはず
    俺たちがその価値を 使い果たしてしまった
    俺たちが「君」の姿を 「ゴミ」に変えてしまった…

    君がゴミだった前は
    俺たちの糧で
    癒してくれる存在で
    笑顔をくれる友だった

    それなのに使い果たしたとたん
    不必要だと邪険にし
    汚れた存在だと認識し出す

    挙句の果て
    壊して、汚して…
    最悪、街中に捨て去られて
    そして「ゴミ」として扱われる

    人間(俺たち)は供養され、
    埋葬(まいそう)や参拝、お墓と石碑などで
    弔(とむら)われるのに…

    どうして「君たち」は 価値がなくなると
    「ゴミ」として認識され
    ぞんざいに扱われるのだろうか?

    俺たちは……
    人は……
    身勝手なことをしていたね…

    そうだ
    価値ないものなら ゴミになる必要もない
    無価値なものからは ゴミは生れない
    価値がないものは この世には 存在しない

    「ゴミにも価値があったはずだ
    価値があったから ゴミになってしまった…」

    リサイクルは ゴミにとっての病院だ
    そもそも
    「ゴミ」になってしまった時点で
    「君たち」は 病気なのかもしれない…

    俺は、君たちを見て
    このような考えに至った

    街中にもし 「君」が落ちていて
    「悲しい」と思えたなら
    「君」をきちんと 大事に扱ってくれていた人だ
    そして 「君」を拾って ゴミ箱に入れてくれたなら
    「君」をきちんと 大切に扱ってくれて、
    感謝してくれている証拠だ

    この意味を理解してくれた人は
    一体、何人いるのだろうか…?
    俺たちは 今一度 見直す必要があるようだ

    きちんと、労(いたわ)ってあげよう
    あなたの手で
    きちんと、送ってあげよう
    あなたの手で

    最期くらいは 感謝を告げてあげようよ

    みんなの想いで
    また 蘇りますように。

  • 絶望君
    No.1214433
    [編集/削除]

    【失その先に】
    君のことを好きだった
    あの時の僕は本気で心から好きだった
    でも気持ちは消えた
    君の悪循環、僕の悪循環
    君の気持ち、僕の気持ち
    全てが行き違い
    全てが悪循環
    君は不安に駆られ僕を試し
    僕の心は気付かずうちに疲れてしまう
    そしてある日
    ふと気持ちが消える
    僕は悲しくなり、認めたく無くなる
    自分の心から好きという貴方への気持ちが消えたことを認めたくなくて自らをも否定する
    然し僕の気持ちは嘘をつかない
    幾ら形として認めなくても、心からは相手への想いは消えてしまう
    貴方が試したのが悪いんじゃない…
    僕は自分が怖くなる
    自分を見失い吹っ切れる
    問う
    感情は何処へ?
    問う
    想いとは?
    人を想いすぎる故の不安、そこから来る負の連鎖…なんと無意味なことか

  • 名無し
    No.1214434
    [編集/削除]

    なんか日常のこと書いてる人の方が分かりやすくて良い気がするよ

  • フェンリル
    No.1214439
    [編集/削除]

    @絶望君さん
    素敵な詩を、ありがとうございました。
    心に響きました。主観的に書ける人は凄いです。

    @名無しさん
    やっぱりそうですよね。
    あまり主観的に描くのが苦手で。
    一応、自分の気持ちも取り込んではいるんです。

  • 暇野郎
    No.1214479
    [編集/削除]

    死にたい。

    そう、誰かが。いや誰もが皆。
    人生が面倒で冗談のつもりでも。
    人生がどん底にまで落ちて本気のつもりでも。
    必ず世界中の誰かが、
    頭から。胸から。心から。
    長く短い人生の中で必ずそう思った事がある筈だ。
    悪人でも。善人でも。殺し屋でも。医者でも。スラムの子供でも。大統領でも。

    きっと誰かがそう思った事がある。
    そこまで、世界は複雑で、汚くて、見るに耐えられない程暗くて、だけど単純で、綺麗で、全てが見たくなるほど明るくて。

    きっと、きっと。

    理性のある人間は。

    どれだけ欲深くても。
    全てが捨てたくなる、そんな一瞬の悟りを開く事を死ぬ迄続けるんだろう。

    なんとも悲しい事なんだろう。
    なんとも狂わしい程嫌な事だろう。

  • フェンリル
    No.1214594
    [編集/削除]

    梅雨明けたせいか、暑いな(ノ_-;)
    今年の梅雨は、温暖化のせいで、降水確率、上がってる地域があるみたいですね。

    @暇野郎さん
    素敵な詩を、ありがとうございます。
    自分も仕事している時、なんでこんな事してんだろうと、思って。
    嫌になってくる時ありますね(;^_^A
    死にたいと思うことがあるけれど、でも生きたいと思うこともある。
    あれは、何なんでしょうね。人は、贅沢な生き物なのかもしれませんね。

  • 暇野郎
    No.1214687
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    わざわざ喋りかけて下さりありがとうございます...
    はい、学校に行く途中たまに思ってしまうんですよねぇ(お仕事お疲れ様です)
    まぁなんやかんやこれからも投稿させて頂きますのでどうぞ...どうぞよろしくお願いします。(ガタガタガタガタ)

  • フェンリル
    No.1214695
    [編集/削除]

    @暇野郎さん
    こちらこそ改めて、素敵な詩を、ありがとうございます。
    自分も学校は、あまり好きではありませんでしたね(;^_^A
    深くは言いませんが、また辛くなったら自分の気持ちをぶつけて見てください。
    はい、よろしくお願いいたしますね('ω')ノ

  • おかゆ
    No.1215345
    [編集/削除]

    絶望君さん、暇野郎さん、どちらも素敵な詩で(*´꒳`*)
    私も、そう思わずにはいられない時、たまにあります。人生って辛いことの方が多い気がします‥だからこそ、喜びってホントに大きいんでしょうね(私の考えなのでお気になさらず

    @フェンリルさん
    帰り道にこの詩を読みながら歩いてました((ながらダメですがw
    道端に捨てられているゴミを見ながら、あぁ、成る程、この子たちにも誰かに必要とされていた時があったのだと‥改めて気づかされました。私もこれから意識するようにしますw

  • フェンリル
    No.1216111
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    自分も今まで、こんなこと意識せずに生きてましたよ(;^_^A
    この詩を書いてる時に、気づかされました。
    その上の詩にも、もう一つ載せているので、よかったら見てみてください。

  • フェンリル
    No.1216302
    [編集/削除]

    もうだいぶ前の記憶なんですが…未だに忘れられません…。

    【あなたのために吐(つ)いたアイ(嘘)】

    人を好きになるまでには ドラマがある
    人を好きになったあとも ストーリーは続く

    励まし、支え合い、共に笑い、共に泣く

    全てに意味がある事で
    それぞれ異なるワケで
    やがて 形を彩る

    俺の愛は あなたを傷つけるものでしかありませんでした
    だから、徹底的に、
    あなたに好かれるキャラクターを演じることにしました
    偽った形の愛だけど、確かにそこには温もりが存在してました
    全てが全て 嘘ではありません

    そうでなくては 俺の胸は今、
    締め付けられたりはしません
    そうでなくては 俺は今、
    あなたを傷つけないための嘘を吐(つ)いたりはしません

    最後の最後まで 愛(うそ)に迷っていたのです
    あなたを泣かせない 優しさの愛(うそ)に…
    だけど、その優しさを貫く事は出来ませんでした
    やってはいけない 嘘がある
    言ってはならない 嘘もある

    どちらにしても あなたを苦しめないための言葉なんて
    たとえ嘘でも存在しないのだと理解しました

    だから あなたに嫌われる為の言葉を選んだ
    どうせなら 優しい嘘ではなく
    俺を嫌う酷い嘘を吐(つ)いた
    そうすることで あなたの苦しみを
    少しでも和らげようとしたんです

    あの時 優しい言葉であなたを励ましても
    あなたの涙を 俺は止めてあげることは出来ません
    どんなに優しい言葉を捧げても
    それは 残酷な真実にしかならないからです

    そうですよね?

    どちらも苦しいだけのものなら
    いっそ嫌われてしまえとば、と思ったのです
    俺を嫌う言葉を突きつければ
    あなたはもう こんな俺を好きにはならないでしょうから
    好きから 嫌いへと 植え付けられれば、と思ったのです
    徹底的に悪になろうともしたのです

    そうすることで あなたは俺という呪縛から
    ようやく 解き放たれるのだから
    それは 恨みに変わるかもしれないけど
    好きで居続けるより ずっと良いことでしょう
    もう二度と 俺など好きにならないように
    そして もう二度と 俺と逢わないようにするために

    最後の最後まで 俺は嘘を吐(つ)いたままだったのです
    嘘に嘘を被せ あなたをに嫌われる言葉を吐(は)き続けたのでした

    喉まで出かかった言葉
    それは………
    「あなたとずっと一緒にいたかった」
    そう 言いたかったのです

    けどそれは 心からの言葉じゃないから
    そんなこと 言えるはずもなく
    そんなこと 言える資格もない

    きっと心からの言葉なら
    俺は初めから、君にそう告げることが出来たんだろうね

  • フェンリル
    No.1216310
    [編集/削除]

    上の詩の、【あなたのために吐(つ)いたアイ(嘘)】の続きです。
    __________________________

    【つぎはぎだらけの幸せでも】

    人を好きになることは傷つくこと
    無傷じゃいられないのです
    どうしてそんな事を言ってしまったのだろう
    どうしてもっと言葉を選べなかったのだろう
    どうしてもっと君に優しくしてあげられなかったのだろうか

    矛盾だらけの愛で 君を貶めた
    君は気づかず笑ってくれてたね
    もしかしたら気づいてた?

    君が喜んでくれるのは とても嬉しかったよ
    だけど同時に 君が微笑めば――。
    君が好きになれば――。
    俺に告げる愛が――。
    俺に向けられるすべての好意が――
    逆手になり 苦しいだけのものへと 変化していきました。

    いつだったか…
    君と居るのが楽しく思えたのは
    いつからか…
    君と居るのが苦しくなったのは

    そんな板挟みに阻まれて 一呼吸をして接した
    自身を欺かなければ 君と一緒にいることは出来なかった
    今思えば 俺は愚かだったね

    4月1日…それは嘘が許される日
    俺が吐(つ)いた嘘は許されるものではなかった

    半端な気持ちほど酷いものはないと
    傷つけることだとわかっていたはずなのに
    君の好意に甘えました

    バカバカしいね 嘘が許される日なんて
    なんて浅はかな行動をしてしまったのか

    あれから俺たちの関係は ひび割れてしまった
    亀裂が走ったのだ
    君に見せているものは ただの幻想で
    俺が見ているものは 惨たらしい現実

    そんな関係は やっぱり間違っていて
    互いの手をつないでいるから 俺達の世界は綺麗なのだ
    それでずっとつなぎ止めてた
    互いが幸せなら ひび割れたままでもいいかな、と
    それで君が笑ってくれているなら 守り通そう、と…

    でも もう限界でした……
    罪悪でしかなかった……
    俺はもう 疲れきっていたのだ

    もう、終わりにしなくちゃね
    元通りにしなくちゃ
    そして 俺は君の手を離した
    「これが君の見ている景色です」と告げた

    それなのに君は… だけど君は…
    変わらず俺のことだけ思ってくれていた

    「ごめんなさい…」と君は告げる

    その言葉だけが 今 俺の胸を締め付けてる
    だからこそ俺は この言葉を告げるよ
    「こんな俺を好きになってくれてありがとう」

  • 暇野郎
    No.1216376
    [編集/削除]

    辛いというかなんというか。自分の中の厨二病やらカッコ付けたいなんだかを吐きたいので、一つ!(そう、これは完全なる自己満足なのであぁる!)(どうしたのいきなり)

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    忘却。

    何度、これに甘えたんだろう。
    何度、これに任せたんだろう。
    何度、これに困ったのだろう。
    何度、これに助けて貰ったんだろう。

    人は、忘れる生き物だ。病気で逆に忘れない人もいるけれど、大数は忘れることが多い。
    何故か。
    脳の容量が溢れてしまうから。
    辛い記憶をずっと覚えていると苦痛だから。

    確かに、辛い事も、嫌な事も、怖い事も、殆ど忘れる。忘れられる。

    そう、楽になれる。

    だけど面倒なもので大切なことも忘れてしまう事もある。
    準備物とか
    宿題とか
    仕事とか
    楽しかった事とか
    友達とか
    彼女とか
    遂には家族のことも
    自分まで忘れてしまう事もある

    自分がどんなに忘れたくとも。
    忘れてしまう。
    まるで鍵穴が錆び付いて開けられない棚のように。

    なんて
    残酷で頼り甲斐のあるモノなんだろう。

    ああ。忘れたくないな。

  • 藍色の桜
    No.1216399
    [編集/削除]

    最近自分……不安定なんでそれを書いたのを(((((((
    ____________________
    【天気のように不安定】
    昔はそんなに不安定ではなかった
    ただ、泣き虫なだけ
    それが成長するにつれて変わっていった
    泣くことは少なくなったものの
    心が不安定になりやすくなった
    天気も不安定のように
    僕の心も不安定
    晴れたように嬉しい時
    曇ったように落ち込む時
    雨が降ったように悲しい時
    嵐のように暴れたくなる時

    天気も関係してるけれど
    それだけが原因ではないと思う
    それでも、ケジメをつけていかないと
    壊れぬ程度にケジメを

    さてさて、今日はどんな心の天気かな

  • フェンリル
    No.1216401
    [編集/削除]

    最近、スレに訪れるお客さんが多いですね。
    とても嬉しいです。 というか今日も暑い_( _´Д`)_ペショ

    @暇野郎さん
    すごいかっこいい!!脳の容量が溢れてしまう。という表現が良いですね。(語彙力)
    俺もカッコつけてしまう時があります…。(・_・;)
    二次元が好きなので、それを詩にしたり・・・ww
    結構、自分も中二病だったりしますよw つかバリバリ(苦笑)

    @藍色の桜さん
    天気を人の心に置き換えてる表現が、とても上手だなと思いました。
    時に人の心は、制御できない時がありますよね…。
    俺も、実はというと、ちょっと不安定ぎみです(;^_^A

  • 藍色の桜
    No.1216461
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    (ヾノ´°ω°)ナイナイ 上手くないですよ…何となく思いついたんで

    そうなのですね……無理はなさらないように

  • フェンリル
    No.1216496
    [編集/削除]

    @藍色の桜さん
    藍色さんも辛ければ、ここにいつでも気持ちをぶつけてちゃってください。
    お互い、無理はしないようにしましょう。

  • おかゆ
    No.1217310
    [編集/削除]

    皆さんステキな詩でw
    このスレが私のお気に入りの詩集ですw
    最近暑いですね~今日なんか暑すぎてずっと扇風機に当たってますw
    (これやると、寝不足気味になるらしいのでお気をつけてw

  • おかゆ
    No.1217333
    [編集/削除]

    私も一つ。授業で、『スポーツという文化は人間にしかないもの、だから人間は偉大なのだ』
    と教えられました。ですが、違う気がするんですよね…というのを詩にw
    タイトルはいたってシンプルですし、思ったことを修正もなしに書き記しただけなのでw大したものではないですw
    【人間って偉大なのか】
    スポーツという文化があるから
    言葉を発せることができるから
    人間は偉大なのだろうか
    どの生き物にも スポーツという文化はないと 言い切れるのか
    いいや あると考えた方が 楽しい
    地球が 生き生きするのに
    こんなことって 夢見がちだからそう思うのかな
    確かに動物がスポーツで交流してるとこなんて 見たことない
    いいや だからこそ見たことないだけ
    私の見えてない世界なんていくらでもある

    そもそも 自分たちの事を偉大、って言うのって 違う気がしてくる
    なんだかピラミッドの頂点にいるって 言ってるみたいで
    そう聞こえるから
    私は 人間は偉大だ、とは言いたくない
    でも、代わりにこう言おう
    人間は素晴らしい

    そう、人間は素晴らしい
    言葉を紡げる 様々な考えを持っている 
    そして何より、人を思いやる心を持っている
    誰かが冷酷人間と言ったって それは心のうわべだけ
    もしくは 歪んでしまった心があらわれてしまっているだけ
    もともと暖かさのない人間なんていない
    人生を歩んでくる過程で そうなってしまったのかも
    だとしたら その人を思いやる人がいてくれたらいい
    もちろん、すべての人にそうしてほしいとは言わない
    同情しにくい人だって多い筈だ
    ただ その人にも 太陽が見えていたことを 夜の寂しさを知っていることを 思い浮かべてほしい
    それだけだけでもいい
    ただ 誰にでも弱さはあること 影があることを
    偉大なのは人間ではないことを
    頭の片隅に置いてくれるといいのかもしれない
     

  • フェンリル
    No.1218048
    [編集/削除]

    おはようございます。もう昼だけど…眠いな(´Д`)
    50ta(狩野英孝さん)の ラブアース、いい歌。
    なにこれ?すっごーい! 今聞くのに良いと思います。

    @おかゆさん
    詩の更新の後に、失礼します('ω')ノ
    自分なんて、家にいる時は、ほとんどクーラーのかかった部屋に籠ってますね(;^_^A
    こんなダメな大人にならないように…w

    俺自身は、そんな素敵な人間ではないですね(・_・;)(聞いてない…w)
    お気に入りと言って頂き、ありがとうございます。
    実は、そろそろネタもなくなってきたので、投稿をやめようと思っていた所だったんです。
    でも、もうしばらく書き続けようと思います。(なんやかんやでダラダラ続けるかもですw)

    偉大と言わずに、素晴らしいと言いたい。名言ですね。
    おかゆさんの詩も、素晴らしいですよ。

  • フェンリル
    No.1218090
    [編集/削除]

    いつもダラダラ長ったらしく、読む気が失せそうなので。
    今回は、語呂よく、短くを目指しました。
    無駄な言葉は省きました。毎回コピー使っての投稿でしたが、今回は直接打ち込みました。
    ちょっとめんどいですね。それなのに皆さん書き込んでくださって、
    本当に、いつもありがとうございます<(_ _)>
    ______________________

    【火薬魂(かやくだま)】

    上がれよ夜空に 飾れよ夜空
    みなで声を 上げましょう

    さあ、存分に咲き誇れ
    あなたの笑顔も 咲かせましょう

    世の澱(よど)みなど滅せよ
    あなたの声で 滅しましょう

    あなたの主張で 闇を消せ
    みなの心に 光よ戻れ

    暗い澱みを 吹き飛ばし
    心にでっかい火を灯せ
    みなの心は一つに集う
    今だ 声を 空に上げろ

    ここで一発
    ドカンと行きましょう

    あなたの心は 火薬魂
    あなたの声で 打ち上げ開始
    あなたの笑顔が 打ち上げ花火

  • おかゆ
    No.1218244
    [編集/削除]

    フェンリルさんに素敵と言っていただけるなんて‥光栄です(T ^ T)
    私も大そうな人間ではありませんww
    こうなれたらいいな、みたいなものを書きましたw
    今回はとってもリズムのいい詩ですね〜
    いつもの詩も好きですが、語呂がいいとまた違う良さが光りますね
    語尾が揃っているのも素敵です

    今日はまた一段と暑い‥ちょうど日が一番昇る時間に体育がありましたので、
    体が水を欲してますwあいにく今年はプールも行けなそうで‥残念です。゚(゚´Д`゚)゚。

  • フェンリル
    No.1218280
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    こちらの方が光栄です( *´艸`)
    こういうリズムに乗った詩の方が作りやすかったりします。

    ああ、そうか。
    学生さんは、コロナの影響でお昼上がりなんですね。
    おかえりなさいですかね?
    自分もコロナせいで、仕事潰れまくってます。
    俺のお給料も撃滅ですww( ノД`)ノ💸
    早くどうにかしてくれないと、そのうち会社もつぶれてしまう…かもです(どんな所に努めてるんだ?って感じですね…)

    プールとか、懐かしいですね。
    海水浴とかよく行ってたんですが、最近は行ってないですね。
    というか、行けなくなったというべきか・・・

  • 暇野郎
    No.1218320
    [編集/削除]

    有り難い言葉ばかりや...んじゃまた一つ。小学生の時を思い出したのでそれを。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    いつまで、コイツと付き合わないと行くんだろうか。

    胸の深く、奥にある
    何重にも南京錠と鎖で頑丈に閉じた扉の向こうに。

    怪物
    化物
    暴走

    ドス黒い感情の塊であるそれらが居座る。

    普段なら出てくる事はない。絶対に。
    その為の南京錠、その他の鎖なのだから。

    だけど、きっかけが有れば。
    例えば、多くの者から罵倒と言う名の弾を撃ち込まれたら。
    例えば、友達だと思っていた者から裏切られたら。

    少し、少しずつ、鍵も鎖も全て錆びていき___
    千切れ、ボトリと落ちる。

    そうなれば。

    重い扉は大きく開かれ。

    自分の心臓も脳も心も全て

    怒り 暴力 吐気 殺意 妬み
    苛つき 異なった正義 悪意 

    そんなドス黒い感情に染め上げ、それしか考えられなく
    まだ育ってきっていない心がそれを抑えられる訳もなく
    力の限り暴走してしまう。

    そして、落ち着いた先には
    後悔の雨。

    ...今は、落ち着いて、心も育って。
    そんな事はもう長く無くて。

    だけど、また。
    またこの扉が開かれたら。

    俺は

    どうなってしまうんだろうか。

  • おかゆ
    No.1218457
    [編集/削除]

    学校は普通に始まっていますが、5時間だったので早めに帰ってきましたw
    お仕事お疲れ様です( ̄^ ̄)ゞ

    @暇野郎さん
    小学生の頃は、そうですね。こんな感じでしたw
    特に、友達関係は難しかったですね‥女子は怖いです‥
    最後問いかけて終わっているのが、素敵ですね!余韻に浸っていますw

  • 藍色の桜
    No.1219412
    [編集/削除]

    @フェンリルさん
    はい、時々そうします

    ____________________
    【対立する気持ち】
    「生きたくない」気持ちと
    「生きなきゃ」そう思う気持ち
    不安定な夜の日は相反する
    「行きたくない」なんて思っても
    「学生だから、行かなきゃ」
    諦めをつけて、何かしらの対処を
    しないと学校には行けない
    いつも相反するか諦めてる

    「自分を見てほしい」気持ちと
    「自分を見て欲しくない」気持ちが
    ぶつかり合って壊れて消える
    「傷をつけたい」気持ちと
    「傷つけたくない」気持ちが
    現れてはぶつかり合って
    考えると理由をつけて消える
    「会いたい」気持ちと
    「会いたくない」気持ちが
    ぶつかり合って結果は見えてる
    寂しさが勝ってら会いたくなる
    だけれども現実は会えない

    人は悩まない人なんていない
    だけれど、どう対処するかは人それぞれ
    ただ、僕は、私は、対処の仕方が極端
    だからいつも悩んで苦しんでいる
    やろうとしてるのに
    変われなくて、分からなくて焦る
    焦ってしまうと悪い癖が出る

    どうしようもない気持ちが混ざり合うのだ

  • フェンリル
    No.1220144
    [編集/削除]

    みなさん、いつもありがとうございます<(_ _)>
    コロナのせいかな? なんか荒れてるね。
    みんな冷静になろう。文句言ってもなんもならんのだから。
    _________________________

    【僕はこんな風に生きたい】

    僕は常に
    ハンカチを持つ事にしてる
    怪我をした人のために 使いたいから

    僕は常に
    感謝の気持ちを告げる事にしてる
    別れは突然に やってくるから

    僕は常に
    いただきますを言うようにしてる
    いろんなものから 命をいただいているから

    僕は常に
    目を合わして 話すようにしてる
    作り笑いに気づきたいから

    僕は常に
    回りを見渡すようにしてる
    誰も独りにはさせたくないから

    僕は常に
    涙を流せる人になりたい
    痛みを忘れたくないんだ
    だって僕は 心を失くしたくない

    僕は常に
    悲しみを分かち合える人になりたい
    誰かの喜びになりたいんだ
    だって僕は 支えられて生きてる

    僕は常に
    時間を大切にしたい
    後悔はしたくはないんだ
    だって僕らは いつかは死んじゃう
    限られた命で生きてるだろ

    僕は常に
    感動を与えられるような人になりたいんだ
    だって僕らは ロボットじゃない
    心を持った人間だろ

    僕は常に
    こんな風に 生きていきたい

  • おかゆ
    No.1220843
    [編集/削除]

    またまた…リズムのいい詩で(´・ω・)こういう人間になりたいですね…
    確かに少し荒れてるような気も…まぁ、私たちが何か言ったところで収まることではないので…
    私も一つwちょっと恋の気持ちを描きますが…別に今恋をしているわけではありませんw
    ちょっとトキメク本を読んだので、気持ちがこうなってるだけですw
    恋愛なんかとは程遠いところにいるので…((
    【恋を開く鍵】
    貴方という言葉は彼方へ 君という言葉は虚無へと 沈んでいってしまった筈でした
    愛という言葉はあの時に 好きという言葉は時の隙間に 置き忘れてしまった筈でした
    嗚呼 なのに 何故
    今更になって浮かんでくるのでしょう
    何故 手元に残っていたことに気づくのでしょう

    胸の高鳴りを抑えることは とっくに訓練されていた筈でした
    ふとした時に思い浮かぶ人は 私の中にはいなくなっている筈でした
    嗚呼 なのに 何故
    自分の胸の鼓動に聞き入ってしまうのでしょう
    何故 ふとした時に ある人が 私の中に思い浮かぶのでしょう

    心の奥底で ツタに覆われ
    錆びかけて 鍵をかけられていた小さな扉に
    小さな金色の鍵が 差し込まれ
    カチリと音を立てて開き始める

    開けられた扉の隙間から
    甘く 優しい風が 全身に吹きわたります
    目を閉じて その風に浸ります
    嗚呼 なのに 何故 こんなにも優しいのに
    胸が苦しいのでしょう
    何故 吹き去ってしまうことが怖いのでしょう

    いいえ… 簡単なことでした

    私は
    『恋を開く鍵』を手に入れてしまったのです

  • フェンリル
    No.1222215
    [編集/削除]

    薬の影響か、食欲が湧かないな…。
    早く土曜になってくれぇ!!

    @おかゆさん
    非常に難しいですけどね。
    恋愛か…あはは…。俺もそんなものとは程遠い生活をしてます。
    というか、めんどくさいからそんなものもういいかなっと…w

    読んでたら懐かしくなってきました。全体的に構成が綺麗だなと思いました。
    こういう詩、すごい好きです( *´艸`)
    一応自分も、憧れの人を見て、ときめいてた時期がありましたので。

  • フェンリル
    No.1222251
    [編集/削除]

    夢があった時のお話…。
    今日はあんま体調良くないんで、詩も暗いです。

    【境界線】

    ただ 今を楽に生きたかった
    ただ 今に浸りたかった
    そうすれば 報われると思って…

    なにに? ナニが?

    だから『今』が楽しければよかった
    したら…
    どこに行けば良いか
    わからなくなってた

    目指してた先も、夢も

    刹那(せつな)夢だけど、
    かすかな希望だけど、
    ちっぽけでも あったんだ
    進むべき道標が

    目を凝らせば 見えてくる
    淡く光る夢

    『待って!!』と 叫ぶ

    手を伸ばしてもかすりもせず
    光る灯火(ともしび)
    煙と共に上空へと同化する

    虚無な想い
    言葉を形にしても
    何も残りはしないのだ

    そんな想いしか
    自分は持ってないのだと知らされた…。

    嗚呼……涙すれば
    また『虚無な幻想』
    どうしても 一歩
    進むことができないでいる

    痛みからの回避方法…
    答えをパンドラに隠して、
    傷つくことへの恐怖

    だからだろう…か?
    自分と世界に 線で区切った

  • おかゆ
    No.1222464
    [編集/削除]

    うっ‥フェンリルさんに好き(詩)と言っていただけるなんて‥
    ありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゚。

    体調優れないのですね‥湿気のせいでしょうか‥お大事に‥

    そうですね、今が楽しければいいって思っちゃいます‥あと先考えない性格なもので‥
    フェンリルさんの詩は言葉が、なんというんでしょう‥素敵ですw
    どうしたらこんなに言葉を心にしまえるんでしょうか‥(-᷅_-᷄๑)

  • フェンリル
    No.1222502
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    お、おおお! そんな泣くほどのものじゃないです(;^_^A
    ありがとうございます。おかゆさんに気に入っていただけて、とっても嬉しいです。
    ここにいる人からは、常に元気をもらってます。

    別に心にしまってるってわけではないですよ。
    知らない言葉をそのままにしておくのが嫌なんです。
    知らない言葉があるとすぐに調べたりしてます。深くは調べないので、知識は浅いです。
    それを自分の気持ちに置き換えてるだけです。
    後は、イメージ、ですかね。物語のように構成していくんです。
    要するに、ただのカッコ付けですね(*_*;
    推敲しないと、ほんと、読むに堪えない、支離滅裂なものになってしまうので…ww

    ついでに言っておくと、ここだけの話。
    あほみたいな時間かけて編集して作ってたりしてます(;^_^A

  • おかゆ
    No.1223248
    [編集/削除]

    なるほどφ(..)メモメモ
    知らない言葉に出会ったら調べてみますねw
    あとは…イメージですか~まぁ、詩は、描いているうちに自然とかっこよくしたくなるものです…
    私もたまにちょっと思ってることと違うこと描いてしまったりしますw

    やはり、時間をかけることも大切なのですね!
    かけてる時間はあほみたいなものではないですよ…
    その分、気持ちが込められているものです(´・ω・))))コクコク
    私は、授業中にちょっと思いついたらかいちゃったりしてます…(授業に集中しなさい…
    なので、編集はあんまりしてないですね…どおりで仕上がらないわけですww
    次から色々言葉を探したり、選んだりしてみます"(-""-)"

  • おかゆ
    No.1224783
    [編集/削除]

    今日も雨ですね〜( ´Д`)y━・~~
    外に出れないので、家でのんびりしたいところですが‥
    夏期講習なのでそうもいきませんww
    雨は嫌いじゃないです。
    嫌いよりの好き‥?w気分によって変わりますねw
    ということで、雨に貴方を想って‥(どんだけ恋に飢えてるの‥(;´д`)

    【恋の雫】
    静かな雨だれの音に
    貴方の足音を探します
    道を行き交う傘に
    貴方の影を探します

    軒先をつたって落ちた雫が
    私の鼻先をかすめて
    窓べりに小さな水たまりを 作ります

    ふっと香る雫の匂いと
    少し濡れた鼻先に
    暖かさと 少し、冷たさを感じさせます

    ヒンヤリとした窓べりに
    頬をつけて
    零れた雫が
    煌めきを放つのを
    眺めます

    私の心の中を伝う雫は
    貴方の鼻先をかすめて
    心の淵に落ちるのでしょうか
    貴方の鼻先にふっと香る雫は
    どんな香りがしているのでしょう
    貴方はその雫に
    暖かさを感じるでしょうか
    それとも 冷たさを感じるでしょうか

    私の心には まだ 
    貴方の心からこぼれ落ちてきた雫は
    見えていません
    心の淵に 
    頬をつけて
    煌めきを放つ雫が
    落ちてくるのを待ちます

    雲の隙間から
    陽が
    降り注ぐのも 待ちながら

  • フェンリル
    No.1228794
    [編集/削除]

    なんか暑くて寝れませんでした。
    もう年かな…って、そんな年じゃねぇーよw(誰に言ってんの? 口が悪い。すみません。)

    @おかゆさん
    自分の詩がそれです。
    気づいたら、全然イメージと違ってて…(;^_^A

    おかゆさん、ありがたい事ばかり言ってくれますね。
    ほんと、ありがとうございます。褒め上手です。
    一応、大まかに起承転結を決めてます。というか、なんか書いてるうちに思いつきますww
    実は、あんまり編集してなかったりしてます。言葉をより難しいものにして、文章を並べ替えてるだけだったり。
    【花言葉】【空が綺麗と思えれば】【神が愛する世界】とか。これもパッと、思いついたもの書いただけですね。
    なので、あまり迷いはないです。
    それよりも、タイトルが中々決まらないんです。
    読まないとわからないタイトルにしてます(天邪鬼だw)

    上の詩が、すごいオシャレです。
    カフェで雨宿りしてるイメージが思い浮かびました。

    俺は、大雑把な性格なので、客観的に書くやつは、スケールの大きな世界的規模のものが多いいですね。(なんか、どうでもいい事ばかりしゃべってますね、すみません(;^_^A)

  • フェンリル
    No.1228857
    [編集/削除]

    他界した祖父に宛てたものです。

    【なけなしの思い出】

    涙の分だけ思い出が蘇る
    涙の量こそ思い出の数

    泣けない私は━━……
    思い出が足りないのか?
    なけなしの記憶を 探ってみたけれど
    断片的にしか思い出せなくて
    それがまた悔しくて 哀しくて
    零れ落ちたのは別の悲しみ

    最期にあなたに会ったのは いつの日だったか?
    なけなしの記憶を手繰(たぐ)って
    思い出せたのは 五月(さつき)晴れで
    楽しく笑い合ったあの日々

    最期にあなたに触れたのは いつの日だったか?
    なけなしの思い出を 探ってみたけれど
    断片的にも思い出せなくて
    それがまた悔しく
    拳を 握り締めて
    唇を 噛み締めて
    零れ落ちたのは 行き場のない憤り

    胸の中に広がるのは
    あなたへの悲愴(ひそう)ではなく
    大半が「別の悲しみ」
    「別の悔しさ」
    別の…………
    そんな想いで溢れ返っている

    励ましてくれているのか?
    空だけは代りに涙した
    最後に見せたのは
    大空に架かる七色の橋

    あなたがくれた この絶景
    忘れないから ありがと

  • フェンリル
    No.1230648
    [編集/削除]

    今回の詩は、大分重苦しいのになってます。
    タイトル通りです。
    命は、軽いモノなのか? 重いモノなのか?
    これを書いてる時、余計にわからなくなりましたね。
    結局何が言いたいのかもわからなくなってしまい、
    最後まで問いかけになってしまいました(;^_^A

    【軽重なる命】

    命は重いもの
    いつからこの言葉が
    定着しだしたのかは知らないが
    だったら…
    生者の命と 死者の命
    どちらが重くて軽いのだろう?

    死んだ者の命を 「悲しい」と呼ぶのなら
    生きてる者の命は なんと呼べばいい?
    「尊い」と呼ぶのだろう
    でも 私は それを否定して
    「軽い」と呼ぼう

    私たちは 劣等者を見下し 蔑む生き物だ
    はたまた 権力を振りかざし
    ねじ伏せようともする
    挙句の果てには 暴力に訴え
    誰かを傷つけ 死に追いやる…

    そんな軽んじた 生き方をしている者を
    「尊い」とは呼べない
    だから 私たちはすぐに 人生を放棄してしまう
    「生きてる者の命は軽い」
    これを「軽い」と呼ばずになんと呼ぶ?

    なら、死んだ者の命の方が
    重く感じられるのだろうか…?

    死者の記憶や思い出が蘇り
    悲しみになり、涙となり
    深く心に刻み込まれ
    そして 重く体にのしかかる

    「だから命は重いのか…?」
    この理屈が正しいのなら、
    矛盾が発生してるように思えてならないのは、私だけか?

    今一度 問おう
    命とはなんだ…?
    死んだ者の命を 「悲しい」と呼ぶのなら
    なぜ私たちは、こんなにも軽んじた生き方をしてしまうのだ?

  • おかゆ
    No.1231051
    [編集/削除]

    いえ‥最後が問い掛けなのがいいんですw余韻が残るのです(´・ω・`)))コクコク
    すごい、かっこいい詩ですね!難しいけれど、自分の中にある思いと結びついてきます(´-ω-`)
    最後の問いかけ‥私も考えさせられました。

  • フェンリル
    No.1231776
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    本当、いつもありがとうございます(´;ω;`)ウゥゥ
    最後も、ビシッと言いきれたら、もっと締りのあるものになったんですが…
    いくら考えても、しっくりくる回答が出ませんでした。

  • おかゆ
    No.1232529
    [編集/削除]

    いえいえ…感謝されるようなことではないですw
    フェンリルさんの詩、すごい好きなので…感想ならいくらでも出てきます(´・ω・))))コクコク
    (言葉にできるかは別ですがw
    私は、どっちかというと抽象的な詩になってしまうんですよね…
    なので、こうまっすぐに、というか、素直に美しい文を作ることができるの、とても憧れますw
    抽象的な詩もお上手ですしw
    私は自分の気持ちもなかなか言葉で上手く表せなくて…w
    心の中では、もっと、なんというか、感動していますw

  • フェンリル
    No.1232618
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    大丈夫。「好き」だと言ってくれたその言葉にすべて気持ちが込められてます。
    ちゃんと伝わってますよ。
    日本語の美しさを表せているようで、嬉しいです。(と、カッコよく言ってみたりw)

    気持ちを落ち着かせるために書いてます。そしたらいつの間にか冷静になってて…w

  • フェンリル
    No.1232628
    [編集/削除]

    今日は暑いな…。
    ___________________________

    暗いものばかり続いたので、明るいものを。

    【スマイルピース】

    間違えた。多くの選択を間違えた。
    何を間違えた? 分からないほど、間違えた。

    とにかく、間違えてしまった。

    存在を間違えた…。
    君はこの世界の一部、欠片。
    欠けたパズルは完成しない。
    君というピースが必要!

    生まれたことが間違え。
    辛いよね。苦しいよね。
    何も良いことなんてない?
    悲しみばかりにくれて、見落としてないかい。

    傷だらけのパズル。
    ナイフでボロボロにされていた。
    かさぶたで塞いだ心。
    真っ赤に染まった血だらけのピース。

    でも、僕にはわかる。
    最後のひとかけらはきっと、輝いてる。
    そんな君だから僕は、届くまで探し続ける。

    君という笑顔のピースで完成を目指そう。

  • フェンリル
    No.1232799
    [編集/削除]

    もう一つ、今日はこんな気分。
    結局また暗いものになってしまいました、すみません。
    一応、季節に合わせてます。

    【涙雨】

    胸に残るのは
    まだ 拭いきれない残り熱
    凝り固まった身体を解(ほぐ)すように
    優しい雨にでも打たれたい

    しっとり降るこの雨に打たれていると
    少しずつ少しずつ 熱は薄れつつあるけど
    全てを忘れるな、と刻み付ける
    シコりの様に残された痛みは
    一向に 締め付けるばかりで
    鷲掴みにされたままだ

    あの日から 何かにとりつかれたみたいに
    清浄な空気は一変、
    身体に纏(まと)う空気は重苦しく 居心地悪い

    身体に叩きつける雨も
    ヒリヒリして 焼けるように疼(うず)く
    胸に空いた穴は
    水たまりになり 溜まる一方…
    身体が重いのはこのせいだろうか

    この水たまりが限界まで達したら
    感情が濁流によって 流れ出るに違いない

    しっとりした優しい雨も
    今では 責める雨へと移り変る

    空を見上げればわかるさ
    忘れちゃいけない涙雨だと。

    泣いているのは俺か…?
    いや…君だ。

  • おかゆ
    No.1232908
    [編集/削除]

    季節にもピッタリな詩ですね〜\(//∇//)\
    題名が、また良いですね‥
    最後の、泣いているのは君だ、っていうのが思ってたのと違ってw
    読み直して、あぁ、成る程と納得しました(´-ω-`)
    私も‥こういう気分になる日はあります。辛いですよね‥
    そういう時は、私は音楽を聴いて誤魔化そうとしますね。無くなるはずはないですから‥w

  • フェンリル
    No.1234073
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    自分が作った詩は、ちょっとわかりずらいかもしれませんね。
    あえて、そうしてます(ひねくれてるんでw)

    俺もそうですね。何かに没頭して気を紛らわせてますよ。
    なんかすみません(・_・;)
    __________________________

    スレ節約のため、一緒くたにしました。
    そして今回の詩は、すごい長いです。
    テーマは『人生』、花言葉の続編? うつむく先の命の方が似てるかもです。
    人生を花にたとえてます。
    花が咲く理屈を考えて編集しまくったせいか、長くなってしまいました…(;^_^A
    辻褄は、合わせているつもりです。気になる人だけ読んでみてください。

    【咲き誇れ生花(せいか)の如く】

    いつの間にか 生花(はな)は枯れちゃってた
    がんばって手を施してきたのに
    無駄だったのかな…
    あきらめようかな…
    そんな事 思った事ないかい?

    しょっちゅうあるさ

    疲れたなって感じた時
    花びらは一枚
    どこかへと散っていく

    それは くじけた時
    花びらは また一枚
    風に乗って消えていく

    それは 裏切られた時
    花びらは 引き千切られた

    『まやかしだと 思ったんだね…?』

    でも 気づいてる?
    引き千切ったって事はさ
    最後まで信じたからだ
    そんなあなたを称えてあげよう

    人生の最後には 花びらは一枚も
    残らないのかもしれない

    造花なら 散らないし 枯れもしない
    造花なら いつまでも美しいまま
    それならよかったのになって 思うよね?

    だけどそれは
    どれだけ美しくても
    『生花(ほんもの)』じゃない
    紛い物の花なのだ
    そう 『偽りの花』なんだ
    それに憬れないで

    信じれば信じるほど 切望する
    そうして想いも裏切られてきた

    頑張れば頑張るほど 苦悩する
    そうしてつまずいて 何度転んだことか
    気づいた時には 花びらは
    全て 失っていた

    悲しまないで
    手を抜かずに最後まで 頑張ったじゃないか
    だからこそ 全ての花びらは失われる

    それは 生花(ほんもの)だから
    散り際に 切なく映る
    それが 生花(ほんもの)だから
    枯れ際に 咲き誇る

    生花(ほんもの)だからこそ 咲き誇れる
    生花(ほんもの)じゃなきゃ ダメなんだ
    それがどれだけ美しくても
    偽りの花じゃ 咲き誇れない
    咲き誇ることだけは 叶わない
    生花(ほんもの)には 敵わないのだ

    いつだって 生花(はな)は
    自信に満ち溢れ 咲き誇ってる
    だから 咲き誇る
    だから 魅入られる
    僕たちは そんな生花(はな)に
    心を奪われ 見惚れてるのさ

    命が宿る花にこそ 咲き匂う

    そんな生花(はな)にこそ
    ふさわしい花言葉を贈ろう

    これは 向日葵の花言葉
    『あなたは素晴らしい』

    あなたも もっと胸はって
    輝きに満ちた 笑顔を見せて
    光に満ちた 鼓動を鳴らして
    誇りに満ちた 軌跡を魅せて

    そして
    その道に誇りを持つことが出来れば
    素晴らく生きられて、あなたは素晴らしいのだ
    あなたの人生 咲き誇れ生花(せいか)の如く

  • フェンリル
    No.1234425
    [編集/削除]

    なんか色々と、定まらなくて、上の詩がまた増えました(;^_^A

  • おかゆ
    No.1234702
    [編集/削除]

    読みながら、心臓の鼓動が‥大変なことになってましたw
    すごい励まされる詩ですね!
    こんなに美しく励ましてくれる詩、初めて出会いましたw
    花で喩えるの、素敵ですね(*´꒳`*)

    最近は感想ばかりで、詩を載せずにすみません‥
    出来上がり次第、載せますw

  • フェンリル
    No.1238147
    [編集/削除]

    @おかゆさん
    いえいえ、全然いいんですよ? むしろ嬉しいくらいです( *´艸`)
    どんどん、話しかけてくださいw
    俺は頻繁に載せすぎだなw 暇人w
    花の良さを敷き詰めたら、こうなりましたw
    ありがとうございます!! 自分も非常に励まされてますよ('ω')ノ
    自分の詩は、何かにたとえるのが多いですね。
    _____________________

    前回の載せた「咲き誇れ生花の如く」のアレンジです。
    追加しまくって更に長くなってしまいました(;^_^A
    頭使いすぎて疲れたなw 人生を花にたとえています。
    しっくり来なかったので、また編集しました。
    パッと思いついた事を書いただけですが、
    こちらの方がしっくり来たので、前回の方は削除しておきます。
    偽りの花には憧れず、生きる花にこそ憧れてください。
    理由は、読めばわかるようにはしたつもりです。
    人生と花を照らし合わせています。
    ()の特殊文字にも注目してみてください。
    すべて同じ言葉になってます。
    意味が同じなんです。最後あたりで分かるようになります。
    凝りすぎて 非常に長くなってしまってます。
    過去史上もっとも長いです。
    暇な人だけ、読んでみてください。

    【咲き誇れ生花(せいか)の如く~アレンジ】

    いつの間にか
    生花(はな)は枯れちゃってた
    がんばって手を施してきたのに
    無駄だったのかな…
    あきらめようかな…
    そんな事 思った事ないかい?

    しょっちゅうあるさ

    疲れたなって感じた時
    花びらは一枚
    どこかへと散っていく

    それは くじけた時
    花びらは また一枚
    風に乗って消えていく

    それは 裏切られた時
    花びらは 引き千切られた

    『まやかしだと思ったんだね…?』

    でも 気づいてる?
    引き千切ったって事はさ
    最後まで信じてたんだよ
    そうじゃなきゃ 引き千切る事もなったよね
    そう あなたは 最初から最後まで
    諦めることなく 信じつづけたのだ
    そんなあなたを称えてあげよう

    人生の最後には 花びらは一枚も
    残らないのかもしれない

    造花なら 散らないし 枯れもしない
    造花なら いつまでも美しいまま
    それならよかったのになって思うよね?

    だけどそれは どれだけ美しくても
    『生花(ほんもの)』じゃない
    紛い物の花なのだ
    そう 『偽りの花』なんだ
    それに憬れないで

    信じれば信じるほど 切望する
    そうして想いも裏切られてきた

    頑張れば頑張るほど 苦悩する
    そうしてつまずいて 何度転んだことか
    気づいた時には 花びらは 全て失っていた

    悲しまないで
    手を抜かずに最後まで 頑張ったじゃないか
    だからこそ 全ての花びらは失われる

    それは 生花(ほんもの)だから
    散り際に 切なく映る
    それが 生花(ほんもの)だから
    枯れ際に 咲き誇る
    生花(ほんもの)だからこそ咲き誇れる
    生花(ほんもの)じゃなきゃ ダメなんだ
    それがどれだけ美しくても
    例えどれだけ心を込められて
    作られた花だとしても
    命までは込めることは出来ないんだ…
    悲しいけれど… 偽りの花じゃ 咲き誇れないんだよ
    咲き誇ることだけは どうしたって 叶わない
    生花(ほんもの)には敵わないのだ

    いつだって 生花(はな)は
    自信に満ち溢れ 咲き誇ってる
    命を燃やして咲くからだ
    だから 咲き誇る
    だから 魅入られる

    そして 昆虫も香りに誘われ 蜜を求め
    僕たちも そんな生花(はな)に
    心を奪われ 見惚れ 花言葉を代弁にして
    愛する人の元へと届けられ
    結婚式の愛のブーケ・トスで 幸せは次へと運ばれる
    病を抱えた人に生花(はな)が贈られるのも
    きっとその生花(はな)が顧みず
    命を懸命に尽くし 咲いてくれたからで
    だから たくさんの感謝や祈りが込められ
    人々の元へと届けられるのだ
    棺の中に生花(はな)をたくさん飾るのも
    墓参りに生花(はな)を供えるのも
    誇り高き命の香りを 死人の下へと届けるためだ
    だからこそ 生花(はな)は 美しく咲き誇るのだ
    だからこそ 偽りの花に 憧れてはならぬのだ

    そうだろう?
    僕たちをこんなにも励まし 祝福してくれている
    しかも 命をも尽してだ
    見返りなんて求めなくて よかったんだ…
    今の自分自身を認めてあげて
    後は自分の道を頑張って進むだけで
    そだけで咲き誇れたんだ
    それが本当の誇りだ
    それなのに僕たちは 気付けずに
    着飾ったり 見栄を張ったり
    強がったり 傷つけ合ったり 誰かと見比べたり
    偽りの美しさに惑わされ
    着飾ることが美しさだと勘違いして
    ありのままの姿が 本当の美しさだったんだ
    本物の生花(はな)が そう教えてくれているじゃないか
    僕たちのためだけに 美しく咲いてくれているじゃないか
    僕たちはちゃんとそれを 見ているじゃないか
    それなのに僕たちは
    それが当たり前だと思っていて 見逃していた…
    こんなのはあまりにも
    美しく咲いてくれた生花(はな)に 失礼じゃないか
    とても…酷いじゃないか…

    偽りの花でも心がとても 込められているから
    美しいとやはり思ってしまい
    見惚れてしまうのは 分からなくもないけど
    憧れを抱くことだけは してはいけなかったんだ

    命が宿る花にこそ 咲き匂う
    命が宿る花にこそ 憧れを抱け
    命が宿る花にこそ 魂は集う
    命が宿る花にこそ 魂を捧げろ

    そんな生花(はな)にこそ
    ふさわしい花言葉を贈ろう

    これは 向日葵の花言葉
    『あなたは素晴らしい』

    あなたも もっと胸はって
    輝きに満ちた 笑顔を見せて
    光に満ちた 鼓動を鳴らして
    誇りに満ちた 軌跡を魅せて
    暗闇に満ちた 魂に火を灯せ

    そして ありのままの自分で
    毎日を精一杯生きるだけで
    それだけで あなたは素晴らしいのだ
    生花(はな)のように 美しいのだ

    あなたの人生 咲き誇れ
    生花(せいか)の如く

  • おかゆ
    No.1238328
    [編集/削除]

    またまた‥磨きがかかって美しくなりましたね。゚(゚´Д`゚)゚。
    特殊文字、ほんものから、はなに変わってるのですね!
    じっくり読ませて頂きましたw

  • 名無し
    No.1240266
    [編集/削除]

    完!

※記事を編集・削除するためのパスワード